美しいビーチでカヤック初体験

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


美しいビーチでカヤック初体験

ライレイ、プラナンビーチ周辺でまったりと一日過ごそうというのが今日の目的でした。この場所は僕が訪ねて一番最初に回ったコースですが、皆さんと一緒に観光したことはありませんでした。アオナンからボートにでしか行くことができない、近場でお薦めの観光コースなのです。

クラビのビーチ地図文字付 2017


ボートに乗って到着すると、まもなく同行していた方が、すぐ前にあったレンタルカヤックを借りて乗ってみたいと言いだしました。

P1050915.jpg


それじゃということで、3人乗りを借ります。3人乗りのカヤックは1時間300バーツ(約900円)。2人乗りは200バーツだったかと思います。

カメラやスマホを持っていましたが、ボート屋さんが用意してくれた防水袋に入れて、僕が一番後ろの席、初カヤックのはずです(記憶にありません)。

一番前に乗ったのは、言い出しっぺの方。女性ですが、オールの使い方はなかなかのものでした。僕はカヤックが横にひっくり返らないかヒヤヒヤもので、スマホやカメラのことばかり気になります(汗)

慣れてきたので、僕もオールをこぎ出しました。いい上半身の運動です。力任せに漕いでいると、いつの間にか浜辺が遠くなってきます。

先頭でオールを漕ぐ女性はもっといろんな場所に行きたがりますが、もう一人の方が盛んに制止します。僕はカメラと転覆がとにかく心配でした。

浜で待機した方と我々男性陣は、何とも情けないというか、活動的な女性に押しまくられていました(笑)。
一度は浜に戻って、再度2人で少し漕ぎましたが、結局25分余りで終了。少しもったいなかったです。

後日、腕ではなく、股関節に筋肉痛が発生しました。意外なところでした。でも、何でもやってみることです。やってみなけりゃわからない、自分のカラに籠らないようにしたいと思いました。

なぜ何でも結論付けようとするんでしょうね。自分のことながらジジイ的思考にうんざりしてしまいます(笑)

P1050916B.png


つづく
次は、ビーチといえば…。の話になるの心だ~。←この言い回しご存知ですか(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト

クラビのビーチはやっぱお薦めです

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


クラビのビーチはやっぱお薦めです

一日目の夜は皆さんとの会食でした。お開きになった後は3人で近くにいたソンテウでアオナンに戻りました。何人かで乗ると一人30バ―ツと格安でした。

翌日の朝。

早速アオナンホステルから見えるビーチを撮影します。朝のアオナンビーチです。

P1050902.jpg


P1050903.jpg


仲間の皆さんと待ち合わせをして、今回のビーチ探訪第一弾に出発です。
宿泊したゲストハウスのすぐ近くにあるアオナンビーチのボート乗り場(往復200バーツ)から、ライレイビーチに向かいます。

P1050904.jpg


アオナンビーチそのものも結構いい眺めのビーチです。

P1050905.jpg


ボートに乗船です。砂浜に係留してあるので、海に入ってボートの手すりにつかまって乗り込みます。

P1050906.jpg


ボートが動きました。

P1050907.jpg


これぞクラビというような風景が目の前に広がります。

P1050908.jpg


切り立った山々とエメラルドグリーンの海。これがクラビです。

P1050909.jpg


この辺りはこんなところがたくさんあります。

P1050910.jpg


ライレイビーチに到着です。

P1050912.jpg


2年ぶりのライレイウエストビーチ。素晴らしい眺めと美しいビーチ。納得でした。

P1050913.jpg


心地よい開放感、別世界に来たような不思議な感覚に心が満たされました。これは来てみないと分からない感覚だと思います。

P1050914.jpg


つづく  まだまだ序の口です(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

ひど過ぎるスクンビット41の中華料理店 最悪っ!

ひど過ぎるスクンビット41の中華料理店 最悪っ!


前回のAPAホテル抗議デモの記事のついでに、またまたシナがらみの愚痴ネタの放言ネタです(笑)
韓国といい中国といい、どうしょうもない国がこともあろうに日本のすぐ近くにあり、気持ちが沈みがちになります。困ったものです。


今回は大方の皆さんやネットで評判の良い、バンコクのある中華料理店の実態を記します。ここに記されたことはすべて事実です。捏造や誤報やヘイトではありません。体験した通りの事実を記します。


前日にロングステイ仲間の人たち8人と、ソイ16のレストラン、ロングテーブルの上階にあるホテルのスイートルームで楽しく盛り上がりました。

誰からともなく、明日の夕食はソイ41の中華料理店でまた一緒になろうという話になりました。朝方まで呑んでいたので、僕はあまり気が進みませんでしたが、話は決まったようなので自主的に幹事役を務めました。

大人数で週末だったので、席の予約を念のためにしました。午後3時頃にそのソイ41を入って右に曲がった日本居酒屋「月」の横にあるお店(お店の名前は伏せておきます、武士の情けです)に直接行って19時から8人の予約をしました。
予約が終わって店を出る直前にもう一度戻り、その女性店員に入り口近くにある円形のテーブルを予約できないか聞くとOKだということでした。  予約のミッションは完璧でした。


約束の時間の少し早めにお店に行き、場所が分からない人たちのためにソイの入り口で待ちました。そしてお店に入って驚きの光景。予約した円卓には既に人がいたのです。

これは黙っていてはいけません。分かりやすい場所を予約したのに、2階に上がれと言うのですから、僕はあの入り口のテーブルを予約したと言いました。お店のおばちゃんは謝っていましたが、わざわざお店に来て予約をしたのです。その約束が反故にされたのです。納得できますか?


2階のテーブルは冷房がきつく、風が強くて料理がすぐ冷めそうでした。冷めた餃子はいただけません。テーブルクロスの上に乗せてある破れかけたビニールが風で浮き上がってしまいました。感じ悪かったです。

このお店は料理がいい味なのですが、この日は混み過ぎていたようです。最初に注文したビールがなかなか出てきません。結局違う女性店員に注文のし直しをして、しばらくするとやっと出てきました。それが続きました。

今度は料理が全然出てきません。結構待って出てきたのは餃子1皿だけ。この時は混んでいるのだからと、皆さんまだ冷静でした(笑)。

料理をたくさん注文したのにまったく出てきませんでした。仕方がないのでビールを何度も注文して場をつなぎました。

そのうちに野菜の炒め物が配膳窓に出てきました。あまりにも料理が出てくるのが遅いので注文したものではなさそうでしたがそれを貰うことにしました。皆さんの会話は出てこない料理のことだけになりました。

それでも料理は出てきません。他の人が店員さんにこれとこれを注文したけどまだ出てこないと何度か言ってもダメでした。

段々皆さんの様子が変わってきました。酔いも回ってきたのでヒートアップしてきます。
店員さんが来たので、ある方が既に注文したこれとこれはキャンセルだと言いました。ところがそのあたりからバンバン料理が届くようになりました。


料理が来ない間に他の方が追加注文したようで、もういいのにと思っていても出てきました。お店の人が混乱しているのもわかりました。壊れた蛇口からあふれる水のようでした。
完全にご立腹の方もいて、雰囲気は悪くなるのは当然の成り行きでした。残念でした。

らちが明かないので、ぼくも店員さんに直接注文した餃子はもういらない(マイアオ)とはっきりいいました。店員さんも同意してくれたはずなのに、その餃子も出てきました。タイ語が通じない…。

仲間の方は出てきた料理の数をメモし始めました。僕もスマホでメモをしました。全く信用できなくなりました。何度かこのお店でいただいていますが、こんなにひどいお店だとは知りませんでした。

他の方も店員さんにもういいと念を押したのに更に出してきました。
まだ出てくるかもしれないので、先に会計をすればという声もありましたが、お腹はパンパン。まだチャーハンが残っていました。

これは初めに僕が円卓のことで文句を言ったことの意趣返しかと勘繰りたくなりました。
もちろん謝罪のようなものは何もなしでした。 お金を払ったのにケンカを売られたような気分でした。


会計はちゃんとしたレシートなしで言い値を支払ったような感じでした。このところ記憶にない最低の気分でお店を後にしました。この国(タイの人ではないようです)の人は何を言ってもダメなのが分かりました。

このお店にはもう行きません。 多分。
皆様もお越しの際はお覚悟の上、ご来店ください。


次は、クラビ旅行の日記に戻ります。気が晴れる美しいビーチの風景をご覧ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

在日中国人のAPAホテル抗議デモに思う

在日中国人のAPAホテル抗議デモに思う


今回は毎度毎度の暇人のたわ言です。 政治ネタの愚痴ネタの放言ネタです(笑)
この手の話題がどうもという方は、どうぞスルーしていただければと思います。

僕の故郷、石川県が発祥であるAPAグループのホテル。だから擁護するというわけではありません。
この話を知って、本当に日本は平和ボケしているなと思ったので、記してみました。


事の発端は、アパホテルに宿泊した中国人が、ホテルの備品としてあった本が南京大虐殺はない等とした内容が記述されていてけしからん。というツイッターが大きく広がり、中国政府やなぜか韓国政府までもが大きく取り上げて問題となったことからでした。

それが、在日中国人にも知ることとなり、2月5日に、約100人の在日中国人が、新宿中央公園から新宿御苑近くのAPAホテルまでデモ行進を行いました。

その大混乱の様子はYouTubeにいくつかアップされています。

デモの様子はここをクリック


南京大虐殺については、確かに疑問点があります。20万人の人口の街で30万人が虐殺され、その翌年には25万人に人口が戻っていたという話や、虐殺された人たちの遺骨や名簿が存在しないらしいという不思議があります。

日本に帰化した中国人の石平さんが学生の頃、同室で暮らしていた南京出身の友人に聞いたところ、その時期に両親どころか親戚一同誰も殺されていないと語ったということです。また、通州事件では中国人に日本人が虐殺された事実もあります。戦争ですからお互いにいろんなことがあったと思います。

いただけないのは昔のことなので、もうわからない部分も多くなってくるので、いつまでたっても昔のことをワーワー言っていても、何にもならないってことだと思います。


ここからも僕の思うところですが、APAホテルはこのシーズンに札幌で開催される冬季大会のために、札幌市?の要請で、件の本の撤去をしたようですが、そんなことはする必要がなかったと思いました。そこに何を置こうかは、そのホテルの自由な部分でそれは認められていいと思います。

僕はもう前のことになりますが、上海のホテルに泊まった時に、ホテルにあったテレビを見て笑いました。そのテレビのメーカー名は、TOZIBAとなっていました。TOSHIBAではなくて、TOZIBA(笑)温泉か?

それは湯治場…。  ホントの話です(笑)


話の土俵が全く同じだとは思いませんが、APAホテルに置いてある本はAPAホテルの会長さんが著した本物に違いありません。

ホテルには机の中などに聖書が置かれているところもありますが、イスラム教やユダヤ教の人たちはデモを起こしてもいいことになります。もちろん日本人もTOZIBAなどという、ふざけた名前を付けている偽物まがいのものについての抗議デモを行ってもおかしくはありません。


在日中国人のデモ隊が持っているプラカードには日中友好と書かれていました。そっちからけんかを仕掛けておいて、よくもそんなものを掲げることができるのでしょうか? と思いました。

具体的にこのデモについて変だなと思ったことは、このような外国人、しかもこのところ関係がぎくしゃくしている国の人たちのデモを、なぜ新宿警察署は認めたのでしょう?

ここに大きな疑問があります。

混乱が予想されるので申請をサクッと却下すればよかったのです。これもおかしなことだと思いますが、入国管理法では、外国人は日本国内での政治活動は禁止されている。という文言があるらしいのです。
それなのにデモを認めているのです。

中国本国でこのような政治的なデモはできるのでしょうか?
それを中国で日本人がやったらどうなるのでしょう?

本国ではできないけど日本なら甘いからやってしまえという、在日中国人のせせら笑いが見えそうです。

デモの様子を見てみると、何人もの警察官が混乱を防ぐために動員されていました。先導する街宣用の警察車両の上に乗っている警官の指示が、最近見られなくなった激しい口調で行われていました。


なぜこのようなデモを許したのでしょう。

デモの周りを何重もの警察官がガードをしています。その姿はデモの味方をしているとしか見えませんでした。なぜこのような不当な政治的主張をする外国人を守るのでしょう、なぜこのような屈辱的なデモを新宿警察署は許したのでしょう。

一見して警察は中国人の味方だと思いました。あなたたちは中国人ですか?
日本人としての矜持があるとは思えませんでした。

こんなことを日本は許してしまっているのです。おそらく動員された警察官の中にも、公平中立を貴ぶ日本人を怒らせてしまうこんなデモを、なぜ警護しなければならないのだろうと思っていた人も多いでしょう。

職務を誠実に遂行する日本人のよさが仇になっていたと思います。

こんなバカなことがなくなるように、早急に法体系を整えるべきです。日本の恥です。


次も、もう一度シナ関係の話題を続けます。最悪な体験を中華料理店@ソイ41でしました。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

やっぱりあったアネロの激安もの

やっぱりあったアネロの激安もの


以前レディー◎◎がタイにツアーで来るときに、「タイに行って◎物でも買うわ」とか言って、顰蹙を買ったことがあったそうな…。

以前、Gショックが80バーツ(約240円)で売られているのを見たことがあり、度肝を抜かされたことがあります。 安すぎです。そんなものがバンコクにはあるのです。 

激安Gショックのことはここにあります  ←よろしければリンクをご覧ください。サパーンレック撤去のことも記されています。


このところタイで大流行りのanello(アネロ)のrucksack。大阪のブランドですが、このところ日本よりバンコクの方がよく見られるようになりました。

P1050894.jpg
クラビ行きエアアジア便のリムジンバス車内で


そうなると、多分激安アネロ(笑)もあるんじゃないだろうかと、久しぶりにいただいたトニーズレストランのカレーを味わいながら思いつきました。

今回のカレーもミックスベジタブルとアローベイガン(芋と茄子、写真右)でしたが、茄子の方のカレーがしょっぱかったのが珍しかったです。もちろん大盛りのごはんとペットボトルの水すべての料金は105バーツ(約315円)。
わざわざカレーのためにヤワラー(中華街)にまで…、と思うかもしれませんが、納得の味と価格なのです。

P_20170208_120113.jpg


フランス人のおばちゃん2人組の横で、暑い中フランス語を聞きながらネパール人が作ったカレーを不思議な感覚でいただいた後に、近くの露店通りを歩いてみました。

P_20170208_125607.jpg


この露店通りは、今はもうなきサパーンレックの近くから、細い通りがヤワラーのファランポーン駅側までずっと続く、いつも人でいっぱいの場所です。殆どの人が持ち物を身体の前に持ち、スリを防いでいます。

P_20170208_125645.jpg
橋の向こうがサパーンレックです(でした)。


通りを探すと最初に見つけたかばん屋さんで発見。デザインはほぼ同じなのですが、近くで見るとタグが違っていました。造りが結構しっかりしているのでよさそうなものでした。値段は380バーツ(約1140円)で、日本で売られているものは4500円するので激安です。

お店のおばちゃんが、「同じでしょ」と言ったのにムキになって、これはコピーだ応えてしまった僕(笑)
この場所に来てそんなこと言っても無駄なこと…(笑)

道を戻ること数分、今度はタグも同じものがありました。値段は驚きの200バーツ(約600円)でした。

P_20170208_125522.jpg


200バーツです。激安すぎます。最もブラトゥーナムあたりに行けば、この手のrucksackは100バーツで売っているので、割高といえばそうなのかも知れません。


部屋に戻って、先日の帰国で買ってきたボディーバックのタグと比べてみました。左が新宿で買ったもので、右がヤワラーで買ったものです。

P_20170208_125640.jpg


ファスナーもよく見るとちょっと違いました。ミシン掛けの残り糸の処理が雑なのでハサミで処理しました。いつまで使えるかはわかりません。まぁ日本で売っているものもヘビーユースに耐えられないかと思います。

僕はいつも7キロの荷物を持って飛行機の中に入ります。たいていのrucksackは肩ひもがすぐダメになります。

P_20170208_162543.jpg


ヤワラーといえば街の入り口にあるバンコクの代表的な寺院、ワットトライミット。まだまだ乾季のはずなのにこの日も暑い日でしたが、たくさんの人で賑わっていました。

P_20170208_114152.jpg

P_20170208_114247.jpg


次は3回目のクラビ旅行でビーチを堪能するに戻ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク