空港から目的地アオナンへ

2019年1月 5回目のクラビ旅行


空港から目的地アオナンへ

1日目1月9日
クラビ空港に無事に到着後、僕の勝手な提案でいつもと違う交通機関を使って目的地のアオナンへ行こうということにしてもらいました。

普通は、タクシー、乗合バス、乗合ワゴンなどでアオナン行くのですが、必ずあるはずのソンテウ(乗合トラック?)で行きませんかとなったのです。ただ、ソンテウに乗るためには空港の敷地の外に出なければなりません。何人かの人に乗り場を聞いて大通り(国道4号線)に出て待ちました。

DSCN1343.jpg


とっても強い日差しでした。日陰のないところだったので暑かったです。が、しばらく待つと流しのソンテウがやって来ました。

DSCN1344.jpg


お母さんと子供が乗っていたと記憶しています。まずクラビタウンに向かいました。クラビタウンでアオナン行きのソンテウに乗り換えます。

DSCN1345.jpg
クラビ原人がお迎えしてくれました(笑)


満員の車内の隣に座ったのは二十歳ぐらいの中国人女性の2人組でした。車が加速や減速するたびに僕の体にうら若き女性の身体が密着してきます…。  むふふふふ(笑顔)  ですわな。

こらっ! ス◎ベジジイっ!   (切腹)


これもご縁(笑)かと思いどこから来たのかを聞いてみると、「クンミー、クンミー」?
どこ? スマホの地図を出してみてみると、昆明(こんめい)というラオスとベトナムのすぐ北にある僕でも知っていた街から来ていたのでした。 いい旅を! チョークディーナ!

DSCN1346.jpg


目的地アオナンにも無事到着しました。いつもと違う足で来たのでしたが、あまり節約はできなかったかと思います。でもいろいろやってみることがいいんですよ。 ねっ。

DSCN1347.jpg


いつものレンタルバイク屋さんでバイクを借りて、まずはお仲間さんのお宿にチェックインをしておきました。少し時間がかかったのは、確か宿の人と白人がトラブっていたということでした。

DSCN1348.jpg


お仲間のお二人は既に宿をブッキングしてあります。僕と言うとそんな立派なことは何もしていなく、成り行き任せ(笑)もう5回目ですからね、お許しを。 っていつもそうなんですけどね。


そして定番になったノパラッタラの近くにある海の見えるお店でまったりと食事をします。ここに来て、いかにも南国な食事をするとクラビ、アオナンに来た~という気分に浸れるのです。

DSCN1350.jpg


その後は、これも重要なボートのチャーターをしに行きました。クラビやプーケットを旅するならば、これをしないと意味がありません。「スイングしゃけりゃ意味がないぜ」ってジャズナンバーがありますよね。そっそっそれですわな。(笑)

DSCN1351.jpg


なのでここもいつも来る場所になりました。重要な場所です。

DSCN1352.jpg


写真のようなスピードボートは高いので、いつもロングテールボートをレンタルします。

DSCN1353.jpg


この写真にある4島めぐりは言うに及ばず、ピピ島、ホン島も既に行きました。どこに行きましょうか?

DSCN1354.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

クラビ便に搭乗する前に帰国便最安値発表(笑)

2019年1月 5回目のクラビ旅行


クラビ便に搭乗する前に帰国便最安値発表(笑)

1日目1月9日
初めてここクラビに来てから、何と5回目の訪問(しかも連続)になってしまいました。そんなはずではなかったんですけどねぇ…。

クラビ いい所ですよ…。
と言う訳で、お仲間さん3人(すべて男性)(笑)でまたまたビーチを満喫に行きました~。

早朝5時集合の気合の入り具合。 BTSでモーチットに向かいます。

DSCN1335.jpg


まだ誰もいない車内。始発だったのかな?

DSCN1336.jpg


ドンムアン空港に到着すると、早朝なのに流石にたくさんの人。前に歩くパイロットのお二人は右側がキャプテン(機長)で、左のお方がコーパイ(副操縦士)ですね~。

DSCN1337.jpg


タイの空港では、若い機長さんをよく見ます。日本のエアラインの機長さんって結構いい年齢の人ばかりと言うイメージがないでしょうか?機長さんは管理職だということです。

たくさんの乗客を乗せて空を飛ぶというのは、それは大変な責任を抱え込むことになります。もし墜落したら、全員の命はまず助からないわけで、自らの命も同様です。

まあ、今はどうなっているか分かりませんが、飛行機が墜落する確率は40年間毎日乗って、一度あるかないかと言われているそうです。

僕に言わせると、現代の旅客機はセンサーやオートパイロット(自動操縦)等のレベルが高くなり、結構楽になってきているんじゃないかと思います。大変なのは管制塔とのやりとり(英語)や天候の急変等に対する対応ぐらいじゃないかと素人ながら思っています。

だから若者の皆さんは、どんどんパイロットに挑戦してほしいと思います。この世は既に飛行機での移動が当たり前な時代です。海外渡航は国内旅行より格安になっています。気軽な足(翼)なのです。

今月末に僕は大阪、関西国際空港に帰国します。もちろんエアラインはLCCのスクート、ノックスクートで往復するのですが、その航空運賃総額が何と最安値更新の15083円!なのです。

往路は深夜便ですが、復路は関空午後6時発バンコク着午後10時という、時間帯も無理のないフライトなのですが、東京~金沢間の新幹線「かがやき」の片道!運賃14000円とそんなに変わらないのです。

往復15000円と言うのは、僕の中の帰国便、沖縄行きのピーチ便をも含めたどの便よりもカクヤスで、滅多にない値段だと思いますが、そんな時代になってきたということのだと思う訳なのです。ありがたすぎます。


話は戻って、クラビ行き便の搭乗です。この辺りの搭乗口はプーケット行きもそうで、ビーチ行きの搭乗口と言うイメージが強くなりました。だからここにいるだけで気分はもうビーチにいるようです。

DSCN1338.jpg


DSCN1339.jpg


23Eの中席、お仲間の人たちの座席は近かったのですが、チケットはまとめて買ったわけではないので、バラバラはしょうがないですわな。

DSCN1340.jpg


好天のクラビ空港に無事到着。 5回目のクラビです。

DSCN1341.jpg


DSCN1342.jpg


目的地のアオナン地区へ移動します。いつもは大型乗合バスか、乗合ワゴンである、ロットゥーで移動するのですが、僕のわがままで別の方法で行くことにしました。 はて?


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

寄り道をしながらバンコクに帰る

2018年12月 パタヤ旅行


寄り道をしながらバンコクに帰る

3日目1月1日
サタヒップでは残念ながらタイ海軍の空母は見ることができなかったのですが、パタヤビーチのカウントダウンはしっかりと味わって、まだ新年の1日なのにバンコクに戻りました。

せっかくなので帰り道はいくつか寄り道をすることにしました。まず始めはレムチャバン港に寄ってみることにしました。

DSCN1313.jpg


日本の横浜港みたいな感じと言えば分かりやすいでしょうか。タイの一番大きな港で、そのそばにあるシラチャーという街には日本企業がたくさん進出しています。

だだっ広い港で、お正月のせいか船が全然見当たりません。ただ一つ停泊していた旅客船のそばに行くと、警備員が足早にこっちに向かってきました。

DSCN1315.jpg


随分物々しいなと思いながら見ていると、何か聞いてきたので、見るだけだというと安心してくれました。が、そこにはいられなさそうなので他は何も見ずに次の場所に移動しました。


また国道3号線に戻りスクンビット通りを走ると、シラチャーの街もあるチョンブリ県のお役所がありましたが、日本語の表記もありこの場所の特殊性を感じました。学校の門にも日本語がありました。

こういうところに来るといつも思うのですが、日本企業の皆さんはややこしい国(笑)に進出しないでタイのような親日の国に進出して、ウィンウィンな関係を持てばいいと思います。

僕の思いは、ここ東南アジアやインドに完全にシフトして、ややこしい国にはほどほどなお付き合いにすればそれで上等だと思っています。インドはあと何年かすれば中国の人口を越えるというではないですか。

そういうようなことを言うと、必ず排外主義だとか、差別だとか言って、僕に言わせると煙を巻いてくるようなことを言う日本人がいますが、それは綺麗ごとですよ。どう考えてもあちら様が悪いんです。歴史の過去にとらわれ過ぎるることなく、嫌なら素早く身を引けばいいんです。我慢する必要は全然ないと思います。

君子危うきに近寄らず ですわな。

DSCN1316.jpg


その次はビーチ。この前のビーチより有名な、バンセンビーチです。

DSCN1318.jpg


しばらく海岸沿いを走ると船着場がありました。のどかな漁港でした。

DSCN1319.jpg


頬っかむりをしたおばちゃんが貝むきをしています。

DSCN1320.jpg


バイクでこの長めの防波堤?の先まで行くことにしました。

DSCN1322.jpg


釣りや投網をしている人が何人かいました。獲物は何もなかったような…。

DSCN1323.jpg


パタヤのビーチより海は綺麗でした。というか、パタヤが汚すぎか(笑顔)

DSCN1324.jpg


一通りビーチを見て再び大通りに戻ります。

DSCN1325.jpg


最短距離で帰る道を選んで走りました。ここは幹線道路ではないので、交通量も少な目でいいのですが、ガソリンスタンドがほとんどないんですよね。前回パタヤに行くときにここを通ったときはガス欠寸前で往生しました。(笑)

DSCN1328.jpg


サムットプラカーン県に入りました。バンコクの隣の県です。神奈川県みたいなもんです。

DSCN1329.jpg


途中にマックがあったので、お昼ご飯休憩。

DSCN1330.jpg


DSCN1331.jpg


上の写真の飲み物を見てください。アイスコーヒーに、セットでついてきたホットコーヒー。僕的には、セットでついてくるコーヒーをアイスコーヒーにしてほしいと言ったつもりです。(笑)(笑)(笑)

昨晩(7月14日)もトンローのラーメン店「七星」でトッピングにネギを注文して、気が変わったのでトッピングのネギをトッピングのきくらげに変えたつもりだったのですが、出てきたのは、ネギときくらげの両方。

(笑)(笑)(笑)

そのときの店員さんは、いいですか?と確認した時にうなずいてくれたから、安心していたのに(泣)そのネギはお椀に入れてあったので、返しました。注文していません(マイダイサン)っ!

俺って話題の石垣島の日本人お断りラーメン店のマナーの悪い日本人同様なのかな?  御免!


はあ。何とかBTS(スカイトレイン)の終点まで戻りました。ここまで来れば安心です。

DSCN1333.jpg


チャーンエラワン。ほとんどバンコクです。この象の像の中にはまだ入ったことがない印象、なんだ象(笑)

DSCN1334.jpg


そうしてパタヤ小旅行は終わりました。次に来るときはバスで来ようと思いました。実際バスで行きました。

(笑)

おわりっ!


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

7月17日のあけましておめでとうございます(笑)

2018年12月 パタヤ旅行


7月17日のあけましておめでとうございます(笑)

2日目12月31日
いよいよカウントダウンの時間が迫ってきました。宿を出てバイクでパタヤビーチに向かいます。ところが道は大渋滞、そしてバイクを停めるところがまったくありませんでした。

どれだけぐるぐる回ったことでしょう。結局ビーチのすぐ近くに空いているところがあったので、無理すじで停めました。そこも凄い人でした。カウントダウンまで30分を切っています。

因みに青色の僕のバイクのナンバープレートの中段にはクルンテープ(バンコク)と書かれていますが、右隣のバイクにはパタヤと書かれています。日本でいうところの品川ナンバー気取りです。おっちゃんスクーターでです(笑顔)

DSCN1291.jpg


パタヤビーチは本当に凄い人でした。コームローイ(空に飛ばす紙風船?)も飛んでいました。

DSCN1292.jpg


DSCN1293.jpg


花火が打ちあがり始めました。下っ腹が響く、大きな音に気分は否が応でも盛り上がってきます。まずは陸の方から上がりました。

DSCN1294.jpg


そして海の方でも派手に上がり始めます。カウントダウンも間近です。凄い写真でスミマセン。

DSCN1295.jpg


遠いところからでしたが、結構たくさん花火が揚がりました。来た甲斐がありました。ずっと立ちっぱなしでした(笑)

DSCN1301.jpg


そして2019年の始まりを無事にここパタヤで迎えられたのでした。謹賀新年!

って、今日は7月17日なんだけど(笑)


3日目1月1日
そして翌朝。宿の前には再びリスのしっぽだけ(笑)

DSCN1305.jpg


この宿には日本の方も何人か泊っていて、いろいろとお話を聞くことができました。奇遇だったのは僕の実家の隣の県、富山の高岡市から来ている人と話ができたことです。

その方はそこそこいい年齢の方ですが、経済的な心配がないようで、バックパッカーをしていると言っていました。そしてパタヤではお知り合いのお店で手に覚えたマッサージを施術して、小金を稼いでいると言うではないですか。驚きました。

また、長く日本を離れてあちこち回っている二人組の女性、(結局バックパッカー?)とも話をしました。10月に成田空港は顔認証システムで入国できるようになったのですが、それを知りませんでした。

DSCN1308.jpg


宿を出てたくさん寄り道をしてバンコクに帰ることにしました。まずは、できてそんなに経っていないパタヤのターミナル21

DSCN1309.jpg


DSCN1310.jpg


僕の住まいのアソーク駅そばにあるターミナル21が一店舗目なのですが、その後にコラート、そしてここパタヤにもできたのです。飛行機の展示もあり更にグレードアップしていました。

DSCN1311.jpg


パタヤビーチともお別れです。一方通行なのでターミナル21からビーチを見て帰りました。

DSCN1312.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

サタヒップで空母を見られなかったので代わりにビーチを見てきました

2018年12月 パタヤ旅行


サタヒップで空母を見られなかったので代わりにビーチを見てきました

2日目12月31日
パタヤの南にあるタイで一番大きな軍港、サタヒップに空母を見に行ったのですが、敷地にすら入ることができず、ガックリしました(笑)

それで、タダでパタヤに戻るのは芸がないというもの。寄り道をして帰ることにしました。

DSCN1273.jpg


バーンサライと言う名のビーチです。

DSCN1274.jpg


観光地と言うより、タイの人たちのための海水浴場と言った趣でした。遠くにはパタヤ、ジョムティエン地区の高層コンドミニアム群が見えます。蜃気楼ではありません(笑)

DSCN1275.jpg


大みそかのこの日、ビーチに集まる人たちもそこそこいました。大みそかの海水浴です。日本じゃ考えられませんよね。風の強い日でした。

DSCN1278.jpg


ビーチのシンボル?しかしこの辺りもパタヤと同じように、海の美しさは望むべくもありませんでした。

DSCN1279.jpg


ビーチでくつろぐタイの人たち、沖縄もそうらしいのですが、ビーチは海水浴をするところではなく、宴会をするところみたいです。(笑顔)

DSCN1281.jpg


こんなものもありました。貝(タイ語 ホイ)ですか?

DSCN1282.jpg



宿に戻りました。後で知ったのですが、近くにあったこのフードランド。他のお店のような酒類販売の時間制限がありませんでした。タイではお昼の11時~2時、夜の5時~12時までしかお酒を買うことができません。

DSCN1284.jpg


個人経営の昔からあるようなお店ではこっそりと売られていることが多いのですが、この制度はいつでも買えるところに居た僕なんかに言わせると、結構ストレスが溜まります。今まで何度もレジで突き返されました(笑)
分かってはいるのですが、本能が理性を超越してしまうのです。(笑)(笑)


宿の前のくつろぎスペースでまったりしていたら、おや? こんな街中なのに…。

DSCN1285.jpg


灰色だけどネズミじゃありませんよ。ネズミもたくさんいるけどね(笑)ネズミがいるところは蛇もいるし…。この写真、何枚も撮りました。もう少しじっとしていてくださいよ(笑)

DSCN1286.jpg


いよいよ日が暮れてきました。結構長い大みそかの日。カウントダウンの花火を楽しみにここ、パタヤまでバイクで来ましたよ。

DSCN1287.jpg


夜のご飯は、ネットで探すとラーメンチャンピオンっていう、テレビ番組か?っていうおいしそうな?お店があったので行ってみました。

DSCN1288.jpg


メニューを見ると、ラーメンが69バーツなんかであります。とっても安いです。バンコクの日本人が経営に絡んでいそうなラーメン店では一杯200バーツオーバーが当たり前ですからね。

DSCN1289.jpg


で、いただいたのはカレー(大笑)

DSCN1290.jpg


もう、この手のタイの日本食店ではラーメンはほとんどいただきません。満足感と言うより、絶望感を感じてしまうのは必至(失礼!)もうその手の跌は踏みません。(笑顔)


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク