FC2ブログ

ロッブリーの旅 下

ロッブリーの旅 下

なんとロッブリー到着はたった5分のディレイ。
ほぼ定時に到着でした。

ロッブリー駅に到着
約3時間の乗車でロッブリー駅に到着

この左奥にお猿さんが
この左奥にお猿さんが

さっそく町の人に、猿(リン)の居場所を聞きました。
さほど遠くないころに立派な遺跡があり、近づいてみると猿が結構います。

遺跡には猿がいっぱい
遺跡には猿がいっぱい

迷彩色のように遺跡に同化していますが、よく見るといろんなところに猿、猿。

敷地は狭い遺跡ですが、入口に係員がいて、入場料の徴収をしています。
その外から写真を撮って様子をうかがいました。

立派なお猿
立派なお猿

ここのお猿さんは人に慣れていて、体によじ登ってくるということなのですが、そんな気配はありませんでした。

入場門の前にも数匹いるので、歩道に腰を下ろすと後ろから、お猿が肩の上に。
きたきたきた…。

早速スマホの自撮りモードで、お猿さん撮影です。

こんにちは
こんにちは(サワディーカップ)

お猿チョップ
お猿チョップのように見えますが、やさしい子猿でした

グルーミングサービス
グルーミングが少しくすぐったい…

猿は、チャーン島、クラビなどいろんなところで見ることができました。
一度ホアヒンでコンビニ袋に入れていたポテトチップスを強奪され、驚いたことがあり、狂犬病などの感染症の危険もあるのでなかなか触れ合うことができなかったので、大変貴重な体験ができました。

ロッブリーはひまわりと猿の名所。ひまわりは12月あたりがいいそうです。

猿とひまわり
ロッブリーの紹介

駅に戻ると街にも猿がいました。居住区の中にある小さな遺跡にも猿がたくさん。
その前を女の子が平気で歩いています。

街にも猿
街にも猿

犬と同じパターン
犬と同じパターン

驚きでした。

ワゴンバス(ロットゥー)でバンコクまで帰ることも考えましたが(最終18時120バーツ)、
帰りも列車(28バーツ)で帰ることにしました。

列車を待つ生徒たち
線路の上で列車を待つ生徒たち。日本では怒られますから!

世界の車窓からみたい
世界の車窓からで放映中

17:27発のバンコク行きは、20分頃到着しました。おや?違う列車か?とも思いましたが、
無事乗車。前回のように乗り遅れるおバカはしなくてすみました。 よかった…。

ファランポーン駅にはほぼ定時の20:35頃に到着。行きが5分遅れで帰りがオンタイム。
タイ国鉄には何度も乗りましたが、1時間程度の遅れは当たり前なので夢を見ているようでした。

前回のコラート行きでは散々な目にあったので、少しはうかばれたというものです。

列車(所要時間片道3時間)、各駅停車片道28バーツ。 バス 行き17、帰り13バーツ。
交通費総額  約310円

ロッブリーの旅 終わり

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ロッブリーの旅 上

ロッブリーの旅 上

4月8日。このところのバンコクはとにかく暑い!
朝、突然の大雨の雨音で目覚める。

強い雨
アパートから強い雨を眺める

これは涼しくなりそうだ。どこかへ出かけよう。
ということで念願のロッブリーへ。

ロッブリーは親しくさせていただいている漫画家さんのブログ(←リンクしてあります)を見て、必ず行くことを決めていたところ。

11:20発の列車に乗るため、アパート最寄りの停留所でバスを待つ。時間が気になりだしたころ、25番の青バスが到着。ラッキーラッキーこれでいいタイミングで駅に行ける…。と思っていたら…。

裏切られたバス
スムーズにいくわけがない555 バンコクの交通事情(カンチャラーチョン)

アンリデュナン通りを左折してしばらくすると、全員下車の命令。
青バスは、車庫帰りの表示が出ていないのでわかるはずもなし…。

20分発の列車は断念することとなりました。なんで~~。 脱力555
パタヤへ行こうかとも思ったが、曇天でビーチもないか…。

列車の時刻表を見ると、後にも列車があり、何とかなりそうなのでサイアムまで歩き、再びバスを待つことに。
すると40番のこれまた青バスがやってきました。

また強制途中下車かもと、嫌な予感がしましたが、8バーツ払って…。ん? 9バーツじゃないの…。
無事ファランポーン駅に着きました。

12:55発のタパンヒン行に乗るので、それまでに駅前の食堂で昼ご飯を食べることに。

ムーパッポンカリー
ムーパッポンカリー

パッポンカリーといえば蟹(プー)が有名ですが、ここには豚(ムー)があります。
いつもここではこれをいただいています。(50バーツ)

駅舎に入り、チケットを買っても十分時間があるので、少し見て回りました。
ホームの端では、無料の理髪店がありました。あることは知ってましたが、見るのは初めて。
空席なしの大盛況です。

ファランポーン駅の無料理髪店
12番ホーム横無料理髪店  開催日不詳…

思えばタイでは3等列車はタイ人無料。バスも無料バスがあります。
食事もとあるところでは、炊き出しを常時出しているところがあるらしいです。
寝るところは、野外にいっぱいあります555。 お金がなくても生きていけるのです。

ホームでしばらく待つと列車が入線。
20分ぐらい待って、定時に出発しました。

列車に乗るまでは、何かとありましたが、列車に乗ってからは順調。 ホッ…。

このところやたらと脱線事故が多かったのですが、保線工事がかなり進んで、
バンスー駅から以北は線路の枕木が木製からコンクリートに代わっています。

思えばずいぶんピッチング(横揺れ)が少なくなっています。タイの国鉄に東京の地下鉄南北線や副都心線ほど、揺れを少なくしろというのは酷というものでしょうが、かなり乗り心地は良くなってきていると思いました。

さすがタイを代表する北部線。チェンマイまでこの乗り心地になっているなら素晴らしいことだと思いました。

なんか話が、鉄っちゃんぽくなりました。そんなつもりはないんですが…。

つづく

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク