FC2ブログ

文句言いにも五分の魂を持て おかしな税額に異議を申し立てました

2018年6月 帰国


文句言いにも五分の魂を持て おかしな税額に異議を申し立てました

横浜市西区役所の次は、中区役所に行きました。以前2度ほど抗議の電話をしたことがありました。このブログでもすでに何度か取り上げています。固定資産税のことです。中区の区役所では事務的な仕事で何のトラブルもなく用事を済ますことができましたが、ここではそうはいきません。気合が入りました。

担当部署へ行き、固定資産税の税額について不服があるということで、担当者のお話を聞かせてほしいと申し出ました。

P1120090.jpg


お二人の方が対応してくれました。僕が話した内容は、簡単に言うと伊勢佐木町にある物件の固定資産税が高すぎるのではないか、ということでした。もちろんおかしいのなら適正な税額に直すべきです。

具体的には、駅から徒歩3分、約21平米の広さで、490万円で購入したワンルームマンションの固定資産税が、年間58100円という言うのは何か計算のしかたでも違っているのではないかということを言いました。

同じ横浜市保土ヶ谷区の駅徒歩6分、18.5平米、480万円の物件は固定資産税額が29700円。ちなみに東京都中野区の物件と比較してみると、駅徒歩3分、17平米、620万円の物件は固定資産税額が22600円

高いと思う伊勢佐木町の固定資産税は、中野物件が幾分狭いお部屋だということを差し引いても、倍以上高いのです。伊勢佐木町6丁目と中野新橋の街のグレードはそんなに違うのでしょうか?

僕が所有していた物件で固定資産税額が話題の伊勢佐木町物件とほぼ同額なのは、築地駅徒歩1分、21平米(?)、1700万円で57600円と、これでも伊勢佐木町物件より幾分安いのです。築地3丁目と伊勢佐木町6丁目の資産価値はいかに…?


これってどう考えてもおかしくないですか?

こんなおバカなことがあるのです。皆さんもご留意くださいませ。


区役所の担当者さんは、建築に使った資材の資産や建築法などの違いで固定資産税額は変わってくるというようなことをいいました。その話は既に電話で尋ねたときに聞いていたことなので説得力はありませんでした。

その話は幾分あり得ることなのかもしれませんが、同じような都内の物件と倍以上の税額が違ったり、490万円の物件と東京中央区築地にある1700万円の税額より高いというのはおかしいのではないかというと、

次第に担当者の方の説明も勢いがなくなってしまいました。更に対応していた方のお一人が女性の方だったので、「主婦感覚として、この話はおかしくないですか?」と聞くと、「確かに主婦感覚だとおかしいと思います」と答えてくれました。なぜ東京の固定資産税はそんなに安いの?とも言っていました。

この税額は総務省が出している資産額公示(だったかな?)をもとに算出しているのでこちらではどうすることもできないということで、逃げ口上も加わりました。そのうち話が同じことの繰り返しになりました。やめ時でした。

固定資産税…。

資産税って何なんだ? 僕はそのものの価値に対してかかる税金だと単純に考えています。

丁度この時は偶然、3年に一度ある固定資産評価の審査ができる期間中だったようで、審査用紙をいただき、審査を要求するときの理由の書き方もアドバイスしてくれました。

P1120092.jpg


ところが締め切りが近く、僕が帰国している間に対応できないという、結果的には火に油を注ぐような仕打ち(笑)になってしまいました。


結局、そのときは幾分固定資産税に対する知識や対応しているお役所のスタンスが分かるだけの、具体的には何の改善もない結果に終わってしまいました。この手のことは今まで何かと結果を出してきていたという自負があったので、久々に軽く挫折感を味わいました。

この手の専門家や、弁護士さん等に同席してもらえば話は変わっていたのかもしれません。いずれにせよ、この件は重要未解決事案ということで、機会があれば(3年後か)リベンジしたいと思っています。

あきらめません、勝つまでは。

欲しがりませんか?  (笑)


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

納税のしかたはこんなに進んでいました クレジットカード納付はお得なのか?

納税のしかたはこんなに進んでいました クレジットカード納付はお得なのか?


今回は何とか納税しましたが、納税のしかたにはいくつかあって、クレジットカード納付もできるようになっていました。

P_20170307_151112.jpg


クレジットカード納付はお得なのか?

クレジットカードと言えば、ポイントがたまります。僕の使っている楽天カードの場合は1万円で100ポイントがつきます。多少使い道は限られていますが、1ポイント1円の価値があります。お得です。

所得税のクレジットカード納付の場合は、残念なことに1万円ごとに76円の決済手数料がかかります。消費税も上乗せすると82円となり、100-82=18円分のポイントしか1万円の所得税納付についてきません。決済手数料が大きいですね。

仮に所得税を15万円納付した場合に加算されるポイントは、270円となります。いくらかのお金にはなるようですが、

ん~、 額が微妙です。 (泣)


納付のしかたはまだありました。

銀行引き落とし(振替納税)です。

P_20170307_151534.jpg
写真下のはがきが依頼書になります。


何のことはない、僕の場合は既に固定資産税の納付で行っている方法でした。この方法のいいのは、3月15日までに支払う必要がないということです。4月20日に引き落としが行われるようです。

僕のように自転車操業(笑)をしている人には、少しでも納付の期日が遅くなるのでありがたいかと思います。また期日がはっきりしていることも計算を立てやすくなるので好都合かと思います。


現金納付、ペイジー、クレジットカード、銀行引き落とし。どの納税のしかたがいいかは皆様のお好みです。
僕の場合は、所得税より圧倒的に固定資産税の方が高額なので、それがクレジットカード納付できるようなら考えてみたいと思います。


次からは、2017年2月 仕事のつもりが、観光旅行に変わってしまった帰国に入る予定です。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

バンコクから所得税を何とか納税しました

バンコクから所得税を何とか納税しました


副題、ペーパーレス納付のしかたはこうだった。

3月5日~10日まで、確定申告をするために帰国しました。
申告書はソリマチの「みんなの青申」で作成しました。人によってそれぞれだと思いますが、僕の場合は以前使っていた弥生のソフトよりも使いやすいので、引き続き使っています。

ソリマチのソフトのいいところは、バージョンアップ版の分厚いマニュアルとCDが無料で送られてくるところです。弥生は毎年料金がかかりました。来年はどうなるかよくわかっていませんが(笑)、無料で送られてくるようなら、この差は大きいと思います。

以前のソリマチのソフトは、確か税務署の申告用紙に数字を印字するいわゆる「狙い撃ち」でしか申告書を作成できなかったようですが、バージョンアップ版は申告用紙と申告金額を同時に印刷できたので、とても便利になりました。


税務署に行き、ポストに申告書を投函して申告は終わりましたが、所得税を支払わなくては片手落ちです。
税務署の窓口で申告ソフトから算出された金額を現金で払うことはできましたが、ここは勉強勉強です。

あえて係官にいろいろと聞いてみました。そのくだりは前回の記事にもあります。聞きたかったのは、ペイジーの納付書はその場でいただけないのかということでした。


初めに出してくれたのは現金納付の用紙でした。

P1070280.jpg


家に帰って、イータックスを開いてペイジーで納付してほしいと言われましたが、そのとき必要となる納税者識別番号などの数字を印字した用紙はここでいただけないのかを確かめると、若い係官様はしばらくして別の物を持ってきてくれました。

P1070278.jpg


やっぱ貰えるんだ…。  モゥ…。

家に帰って、納付をするためにその書類を確かめると、収納機関番号、納付番号、納付区分は印字してありますが、確認番号が未記入でした。

確認番号?

メインバンクのネットバンキングにあるペイジーでの支払い場所にも確認番号を記入するところがありました。控えてあった確認番号を入力しました。

ところが、エラーが何度も出てきました。確認番号が違うというのです。何度かエラーを繰り返すと、取引ができなくなるという、嫌がらせかと思うような(笑)メッセージも出てきました。


イータックスのページに戻り、確認番号などを確かめてみようとすると、なんと、大元の番号となる個人識別番号が認識できなくなっていました。

この部分は前回の記事にもしましたが、結局初めから個人識別番号を作り直して、確認番号も設定して入力方式による納税手続きで何とか、納税を済ませました。

納税をしたのは結局3月13日。締め切りギリギリでした。 (笑)


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

2017年3月 確定申告を終えて思ったこと

2017年3月 確定申告を終えて思ったこと


今回のアップはいつにも増しての業界系超愚痴、文句モードです。 …
しかしながら、みんなで考えよ~~ ってなこともあるかと思うので記してみました。
内容はトッ散らかっていますが(笑) 自分では超大作だとほくそえんでいます。 (笑)


では、本文です。
わざわざバンコクから金沢まで確定申告に行ってきましたよ。税金を払うために飛行機に乗って、それより高い新幹線にもムカつきながら乗って…。

僕は国民の鏡です。

そんなことでも大文字のピンク着色にしてごちなければ、やっていられません。 (笑)
このIT時代(この言葉も古いか)に何という非効率な、生産性のない仕事をしなければならないのでしょう。


欠陥ありまくりの電子申告イータックス

電子申告できる確定申告は既にイータックスとして、一見時代に対応したかに見えるようなものがあります。しかし、それは僕にとってほとんど何の利便性をももたらせてくれていません。だから冒頭の本文のようなことになるのです。

この辺りを考えると、お役所さんがいかに新技術の対応に遅いかというのが分かります。現代ではこの技術が避けられないものだという認識もあまり深くないようです。


以前、前職(お役所と同系統)で重要な書類をパソコンを使って作成しようと、他の人に先んじて試みていました。なぜかというと書類のために時間と精神的消耗を取りたくなかったからです。

僕のお世話になった職場は、何かにつけ手書きの書類の提出がありました。職業上、当然と言えばそうなのですが、煩雑なことこの上なかったです。こんなチマチマしたことやってられね~(笑) が、本音でした。

同じ仕事場の中では完全に異端児でした。結構メゲそうにもなりましたが、あるとき某国営通信会社にお勤めの高校の先輩が、いみじくも語っていただいた言葉が、僕の背中を押してくれました。「顧客対応が最優先で、書類はそのあと」だという考えは、まさに正鵠でした。書類のために生身の人との対応がやりにくくなるというのは正に本末転倒で、絶対間違っていると思っていました。


ことを打開するために、重要な書類を管轄している上層部と言える場所に、手書きではないパソコンでの書類作成の是非の確認の連絡をすると、帰ってきた言葉が僕の歴史に残る名言でした。

その書類は、心を込めて手書きでお願いします。  と…。

思いました。 心を込めてキーボードを打ってはいけないのかと(笑)

手書きの書類は、字の美しさが印象を左右するのは間違いのないことです。字は人の心を表します。トー然です(笑)
なのに筆跡の影響のまったくないパソコンの活字で文章を作ってはいけないというのです。

書類を手書きする場合のストレスはかなり大きなものがあると思います。漢字のハネやはらい、筆順の違い等による字の乱れがあったり、カタカナのツとシの違いを書けないというケースも見たことがあります。

手書きには温かみがあっていいなどとおっしゃる向きもありましたが、それは達筆な方の言い分かと思います。私信の手紙など、場合によっては手書きの方がいい場合もあるとは思いますが、パソコン印字では多くの諸問題を解決してくれます。「易きに流れる」には違いないかと思いますが、職業上の生産性の点からも、手書きには問題点がたくさんあると思います。

この話には後が続きますが、生々しいので割愛します。
あの頃はいつも「いつか笑い話になる」と自分を慰めていました。
現在は僕の願っていた通りになっています。お役所は後追いですという典型的な事案です。



イータックスはまず、今では忘れられて、笑い話の種とすら思われていない、「住基ネット」のカードが必要でした。現在はマイナンバーカードをリーダーで呼び込ませる必要があります。それでなければイータックスで電子申告はできないようです。

僕は非居住者です。実家にも不動産を所有している東京にも戸籍はありません。戸籍がない人にはマイナンバーはもらえないようです。したがって僕はマイナンバーを持っていません。 
軽~くあしらわれています(笑)


日本のパスポートナンバーは持っているけど、マイナンバーはありません。パスポートナンバーで税金を取ってもいいかも…。
どっちのナンバーが大切なんでしょうか?
パスポートの番号もマイナンバーにすればいいってことですね。


今回の確定申告の申告書には、マイナンバーを記入するところがいくつもありました。

申告書B


税務署で税務相談をしてそのあたりの不具合ことを聞いてみたかったのですが、待ち時間が長いというのであきらめて、納税相談で担当の人から待ち時間なしで、チャッカリ話を聞くことができました。

聞くと、あっさりマイナンバーの欄は未記入でいいですよ~。と明るい声で返ってきました(笑)

おいおいおい。
散々マイナンバーのことをアナウンスしておいてそんなに緩くていいの?
と思いました。 緩いですね~。 タイも緩いです(笑)


バンコクに帰ってから、ペイジーを使ってパソコンで所得税を支払おうと思ったら、今度は以前からあった僕の納税者識別番号が認識されませんでした

なんと!  納税しようとしている者に国を挙げての嫌がらせか(笑)
税務署様~。払わなくっていいんなら、遠慮なくそうしますよ。  むにゃむにゃ…

ペイジーについてのリンクです→  ここをクリックしてください


散々ウェブサイトを探して、再度新規に納税者識別番号を作り、分からなかった納税用確認番号もはっきりさせました。

しかし、識別番号は、16桁。確認番号は6桁、それに納付番号もかなりの桁が必要でした。
どれだけ数字が必要なのでしょう。呆れて笑ってしまいそうでした。  ひとりで(笑)


マイナンバーについて

マイナンバーは、僕のような非居住者も含め、一刻も早く確定申告ばかりではなく、銀行口座や年金、保険証等、すべてにわたって共通して使えるようにすべきだと思います。徹底的に個人を特定する数字を統合し、減らすべきです。

マイナンバーカードとパスワード(生体認証でも何でもいい)を使って、個人の確認ができるようになれば、印鑑登録の制度もいらなくすることができるはずです。印鑑がお好きな方は、印鑑を使う方法を選択できるようにすればいいだけの話かと思います。

マイナンバーで公正で便利になったね、と国民の皆さんに実感させなければなりません。正にこのことでお役所様の実力を示すことができ、皆様からの信頼を得ることになるのです。税金の無駄遣いとしか考えられない、住基ネットの二の舞はこりごりです。

トヨタが、水素燃料車「ミライ」を発表した時のようなセンセーショナルなことを、お役所さん。やってみませんかぁ~。
東京都なんかがやったら、今のごたごたなんか吹っ飛ぶような明るいニュースになると思いますよ~。


マイナンバーは、なりすましの危険があると指摘されていますが、前述のようにマイナンバーを記入するときに、クレジットカードでやるようにパスワードを記入させて本人確認する、などの知恵を使えば何とでもなると思います。

財務省の東大法学部出身者の優秀な頭脳をもってすれば、こんなことなんか屁のカッパ(笑)なはずです。


次は バンコクから所得税を何とか納税しました。 です。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

このページのトップへ

確定申告の仕事を始めています

確定申告の仕事を始めています


3月になりました。このところ大家としての記事がとても少なくなりました。

ビーチのビキニ女性の記事ばかり…。  (笑)

はっきり言って、あまりすることないんです(笑) 大家業のルーティンワークと言っても、そんなにあるわけではなく、トラブルも少なくなってきました。

というより、起こることが想定内のことばかりになったので、気持ちに余裕が出てきているのだと思います。このところ所有物件が満室で経営できていることも大きいです。


とりあえず今は、3月5日~の帰国に備えて、確定申告のための書類作成をしています。
確定申告はパソコンの青色申告ソフトを使って計算しています。計算というより、入力をしています。

入力がすべて終われば、ソフトが自動的に申告書のデータを作ってくれます。


確定申告ソフトで何をしているのか

減価償却費の入力
昨年は2物件の購入があり、その分の新規入力と、毎年変化する減価償却費の確認を行います。物件の売却があり、売却益が出た場合は分離課税として売却益の所得税の計算をする必要もあります。

収入と支出の仕訳
預金通帳の仕訳
所有している通帳に記帳されている収入と支出のすべてをソフトに入力します。手間が少しかかるのは、物件の購入などの決済は総額を一度に振り込みますが、その内訳は物件代金、仲介手数料、登記登録税費用、賃料や固定資産税などの日割り分となり、それを仕分けして入力しなければなりません。それらの数字は、売買時に仲介業者様が必ず計算書を作ってくれるのでそれを見て入力します。

不動産会社様などに送金したときは、その内訳が預金通帳の記録だけでは内容を忘れてしまい、分からないときがあります。それに備えて、表計算ソフト「エクセル」で不動産関係のシートを作り、家賃の入力履歴や業者様に支払った金額とその内容を記録しています。

現金決済分の仕訳
現金を支払ったものについての仕訳は、証拠としての領収書が必要なので、ためてある領収書やレシートを一つずつ、金額を仕分けします。


思うこと、困ること
預金通帳の場合は比較的仕訳しやすいのですが、レシートの金額は仕訳が難しいときがあります。基本的には事業に関係したものが経費として落とせるわけですが、結構グレーゾーンなものがあったりします。

僕は前職で、みなさまの税金でメシを食わせてもらっていた(失礼)ので、えげつないことはしたくないと思っています。
不動産関係の書籍費、交際費など、おそらく経費として認められるだろうと思われるものを入力していません。

入力しているときに不合理だと思うことは、たとえば飛行機代。バンコクから成田往復を、日系エアラインのフルサービスで乗ると6~7万円しますが、LCCだと2.5万円で済みます。そうなると経費が倍違ってきます。

コストカットをすればするほど、経費が認められなくなるのです。そんな努力は税務上何の優遇措置もありません。
こんなところでもお金持ち天国と言えばそうなのかもしれません。
僕は物件購入のために預金額を少しでも多くしたいので、そんな贅沢はしたくてもできません。修行です(笑)


最後に
すべての収入と支出の仕訳が終わっても、年間家賃収入欄の合計と、総勘定元帳の家賃収入分の合計が違っていたりします。その原因を突き止めて、整合性を持たせなくてはいけません。

申告ソフトがそのような不備をお知らせで指摘してくれるので、ありがたいです。


この記事を記しているのは2/20日です。帰国前日の3/4日までには完成させておきたいのですが、3行の銀行預金通帳と2回分の帰国時の領収書とレシートの仕訳がまだ残っています。そして帳簿の整合性も持たせなくてはいけません。

確定申告を自分でやると結構大変です。


次は再びクラビの旅日記に戻ります。
数字よりビーチのヤングガール(笑)の方がいい…。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (2)
紹介・その他 (6)
タイについて (126)
バンコクについて (59)
タイに住む日本人の紹介 (11)
ビザについて (26)
ロングステイ (6)
免許について (6)
タイ料理・お店 (35)
帰国 (354)
沖縄について (93)
旅行・移動手段 (292)
オーストラリア旅行 (13)
シンガポール旅行 (24)
クアラルンプール旅行 (16)
KL、シンガポールの旅 (23)
ミャンマー旅行 (4)
ホーチミン旅行 (18)
チェンライ旅行 (8)
チェンマイ旅行 (46)
ロッブリー旅行 (2)
チャーン島旅行 (3)
クラビ旅行 (2)
クラビ旅行 2回目 (18)
クラビ旅行 3回目 (28)
ナコンラチャシマ旅行 (3)
ナコンパトム小旅行 (4)
カンチャナブリー旅行 (1)
ハジャイの旅 (4)
ウドンタニ旅行 (8)
ルーイ旅行 (8)
コンケン旅行 (4)
ウボンラチャタニー旅行 (17)
プーケット旅行 (12)
サムイ島・スラタニー旅行 (12)
マンション経営・方針 (125)
現代のマンション経営 (23)
所有物件について (35)
確定申告・税金関係 (15)
マンションの管理について (4)
登記ついて (4)
物件のメインテナンス (2)
タイで不動産投資 (3)
大家のひとりごと (35)
クラビ旅行 4回目 (17)
ハワイ旅行 (30)
ワンルームマンション大家のリスク (5)
プラッチュアップキリカン旅行 (7)
パタヤ・サタヒップ旅行 (6)
検索フォーム
リンク