FC2ブログ

こんなところに泊まりました。その3

チャーン島
最終日はこの島の代表的ビーチ、ホワイトサンドビーチに行ってみました。

ホワイトサンドビーチ
やはりここもほとんど白人たちがビーチを楽しんでいました。しばらく歩くと、グループで着衣をしたままの人たちが海水浴をしていました。タイの人たちは人前で肌を見せるのを美としないので、Tシャツなどを着たまま海に入ります。

海水
遠浅の海。水も結構透明度がありました。

全景
ホワイトサンドビーチ全景

コーチャンハット
この日はホワイトサンドビーチ南端のバンガローで宿泊。部屋の床の真下は崖。しかも海岸に一番近い部屋なので波の音がかなり聞こえました。
昨日の場所より、テレビや冷蔵庫もあって設備がよくて、激安でいいけど。ここ、結構ストレス溜まるな~~。

蚊帳設営完了
持参した蚊帳を張りました。折りたたむとリュックに入るので気軽に持ってくることができます。中国製で50バーツ(約900円)と値段もお得。バンガローに泊まるときの必需品です。


東側の道
島の東側、居宅や人影はまばら。ホテルもほとんどなく、観光客はバイクで通過するだけでした。
人が通らないので、道の真ん中に犬がくつろいでいます。それが反対車線にもいて大変。

帰りは、横断中の蛇を轢いちゃいました。気づいたときは、まん前にいて、避けられませんでした。
下手に避けるとこっちが事故りますからね。こういう時は直進しかできません。

轢いたあと、バックミラーで後ろを見るとそのまま横断していました。
ほんとに轢いちゃうと、蛇はバネのように暴れるけど、どうやら軽傷のようでした。
写真を撮る気は全く起こらず…。

東海岸2東海岸1
たまに見えるビーチは赤土。それはそれでいい風景でした

軍施設
軍の施設も誰もいないので、入ってみました。

焼きイカとマッサマンカレー
夕食は焼きイカとマッサマンカレー。熱くないイカと、珍しく辛めのマッサマン。
いつもと違う味わいでしたが、ご一緒した方と美味しくいただきました。

飲み物はここへ来てからずっとチャーンビールを飲んでいます。
ちゃーんと言いつけ守っています~~      おこってますか?   完

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

こんなところに泊まりました。その2

タイ東部、隣国カンボジアにも近い国立公園、チャーン島に行きました。
南端の桟橋近くにある、南国情緒たっぷりのバンガローにて宿泊。

バンガロー3


朝起きて、すぐ前にある小さな港に出てみました。
堤防があるので先まで歩いてみました。その突端に別のバンガローに泊まっている白人のおばちゃんがいました。

Tシャツの下半身に白い水着をつけています。
あれ?こんなところで泳ぐのかな、朝から…
僕も近くまで行きました。すると…。
バンガロー2
つけていたのは水着じゃなく白いパンツだったのです…。
みたくね~ 2回目555


そのショックの余韻まだ冷めやらぬ頃、部屋の前にあるベランダで爽やかな風にあたっていたら、今度は若い白人カップルが登場。しばらくお二人でのご歓談。
なぜか男がこちらを気にしている。
そして僕がいるにもかかわらず、数分後に熱い抱擁をして唇接触……。
カップル
やることやって、お部屋にお戻りの二人555。女性はなぜか裸足…。

先日、とあるところで比較的若いタイの女性と話す機会がありました。僕が白人は人前でそういうことをして礼儀が出来ていないなどと話すと、その女性も同意していました。まだ考え方に古風なところがまだあるようです。

タイの女性は、人前でそのような行為をするのをとても嫌がるそうです。一方年配の女性は、最近の若い子たちが派手な化粧をしてケバケバになっているのを憂いています。

日本もひところまでは、おばちゃんたちが若い子のことを心配していましたが、今はそんなことを言う人はいなくなりましたね…。


クンパオ
焼きエビ(クンパオ)。味噌がグッ!!
飾りの赤い花は何かの野菜の細工で食べられました。
右のバケツは指を洗うためのものです。

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村

こんなところに泊まりました その1

バンコクから大型バス(ロットゥア)で5時間、そのあとフェリーに乗り継いで、チャーン島に行きました。
この島は、タイで有名なプーケット島の次に大きな島で、ビーチが魅力的で外国の観光客が多い場所です。

宿泊したバンガローは島の南端、バンバオ埠頭の入口にあります。
海が目の前にあるこの場所に到着したときは、南国そのものの風景に感嘆の声を上げました。
こんなところがまだあるんだ…。

バンガロー
宿泊費も激安。夢の世界に入り込んだような気分でした。こんなことは多分二度と経験できないだろうと思いました。

部屋の中は簡素そのもの。シャワーとトイレ以外は何もありません。だけど、このシーズンの夜は涼しいのでクーラーなど要りません。少し肌寒いぐらいの南国。訪ねるのには最高のシーズンです。

夕日1
夕日を撮ってみました。実にトロピカルないい映像になりました。

夕日2
これは夕日というより、印象派の名画「印象・日の出」の実写版という感じでしょうか…。

猿
ここにもいましたお猿(リン)さん。病気になるお猿さんはみんなリン病? なんちゃって555
バイクで移動の途中で大きな象が2頭道を横切っていくのが見えました。
さすがチャーン(象)島…。ちゃーんといるんだ555…………。  おこってますか?

つづく

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク