すがすがしく凛として咲く梅の花。我々日本人はこうありたいものです

2019年3月 確定申告を済ませて大阪を堪能した帰国


すがすがしく凛として咲く梅の花。我々日本人はこうありたいものです

6日目3月12日
前日に今回の帰国で一番重要なお仕事である、確定申告を済ませました。済ませてはいるのですが、今回も申告内容についてそれで正しかったのかどうかは、まったくと言っていいほど自信はありませんでした。

いつもそう思いながら確定申告をしています。正しいのかどうかが分からないって精神的によくありませんよね。多分違っているところもあるのだろうと思います。実際、この申告では、予定納税分の金額が誤って記入されていたということで、後日15万円以上の返金が税務署よりありました。

もちろん収入や経費の算出は、会計ソフトを使って丁寧に行っているつもりです。申告内容について、税務署より、お尋ねなど申告内容についての不備や税金の不足分の追加支払いなどは今まで一度もありません。

払った税金が戻って来るというのは悪い話ではないのですが、それじゃひょっとして、払い過ぎでいることがまだほかにあるんじゃないのか?と、ますます精神的にしっくりこなくなってしまいます。

いや~。ガッツリと手間はかかるし、精神的にもよくないこういう制度ってどうなんでしょうね?確かに納税の義務は果たすべきだとは思います。ところが、某ソ◎トバンクなどの大企業の中には、巨額の売り上げがありながら、法人税をほとんど支払っていない会社があると聞きます。

世界に目を向けると、GAFAなどのグローバル企業もそうだというのは結構皆さんご存知のとおりです。それに対しての法整備をちゃんとできないままズルズルと今まで来ているようにも思います。

ちゃんとしろよG20! (笑)

一番儲けているはずのところが、一番税金を納めないでいていられる。これってやっぱおかしな話だと思います。日本をいや、世界中を堂々とタックスヘイブンにしてしまっているのです。

そんな起業家たちの中からは、お役所の非効率なお仕事に対してお金(税金)を支払うのなら、自分たちでそのお金を有効に使いたいという声があるのだそうですが、それは話の土俵が違います。

お役所仕事の非効率と納税をすることは別の問題だと思います。お役所のありようを、税金を支払うことの言い訳にしてはいけないと思います。また、当然、そう思われてしまうお役所(政治)も情けないと思います。


先日こんなニュースがありました。タイのとある場所で、受注をしたいのなら巨額の賄賂をよこせと要求されて支払った日本の企業が、賄賂を贈ったということで日本の法律によって罰せられたという記事が出ていました。

もちろん賄賂をあげてしまった日本の企業は悪いのですが、罰せられたのは日本側だけのようです。いったいタイ側はどうなっているのでしょうね。賄賂を要求した方はそのままならば、こんなおかしな話はありません。


話は変わりますが、IR(統合型リゾート)のことを考えてみます。以前より大阪が名乗りを上げていましたが、近ごろ横浜も手を上げました。IRと言えば報道ではカジノが話題の中心になっているようです。

日本の報道では、ギャンブル依存症について多く語られていますが、それもそうですが、僕はマネーロンダリングの温床にならないかを心配しています。

カジノはシンガポールや韓国などいろんなところにありますが、多額のお金が動いているのはマカオのカジノだということです。今そのお隣の香港が大騒ぎ中ですが、僕に言わすとマカオもどうにかしないとだめだと思います。

トラ◎プさん。出番です(笑)ご案内の通り、マカオでカジノをするのは中国人の富裕層が多いらしいのですが、その人たちが何をしているのかが問題になっているようです。

単純にギャンブルをするだけならまだしも、中国本土で稼いだ非合法のお金(アングラマネー)をマカオのカジノでギャンブルをして儲けたという証明書を偽造してもらい、その資金を堂々と銀行預金などにしているというのです。そうしてドルなどの信用ができる通貨に変えて、いつ母国の通貨がおかしくなってもいいように海外に蓄財しています。

事程左様にじつに分かりやすい仕組みでマネーロンダリングが、マカオでは堂々と行われているということです。偽造証明書を作ることによって生じた手数料はそのままマカオのカジノ?マフィア?などの収入になります。まさにウインウイン。誰も損はしません。

カジノにはそんな心配もあるのです。日本が中国人裕福層のマネロンの一端を担いでいくとなれば、これは国の恥ですわな。日本の報道ではIRは入場制限があり、入場料も高く設定されるので、ギャンブル中毒になる人の心配はないと言いますが、このように問題は別のところにもあるのだと思っています。

確定申告からマネロンのお話になりました。お金はあるところにはたんまりとあるのですね。僕には何の関係もない、
むなしいお話でした…。(笑顔)


話を現実に戻します(笑)。実家のすぐそばに、この地域から出た議員さんの顕彰碑と梅の木があります。その議員さんは自分の私財をはたして世の中のためになろうと努めたと伝えられています。

IMG_2089.jpg


3月中頃ですが、北陸にも春の兆しを感じさせるような、梅の花が咲いていました。すがすがしく凛として咲く梅の花。我々日本人はこうありたいものだと思いました。

IMG_2090.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト



2日目の大阪。超立派なNHKの建物を見て…

2019年1月 名古屋帰国


2日目の大阪。超立派なNHKの建物を見て…

3日目1月30日
名古屋から東京へ行き、そして大阪で一泊した翌日。この日は本格的な大阪観光の一日になりました。まずはお昼ごはんから。

DSCN1786.jpg


このお店、磯野漁太郎ですが、なんばに泊まった時は必ず行くお店になりました。普通の回転ずし屋さんなのですが、ここは大阪。ひと味違いました。

DSCN1787.jpg


大ぶりのマグロも一皿100円。安いっ!

DSCN1788.jpg


更に驚いたのが、お寿司が8貫にうどんがついているランチセットがなんとなんと、380円であるのです。残念ながらこの時はいただきませんでしたが、この後何度もいただきました。(笑顔)

DSCN1789.jpg
普通なら380円はうどん一杯の値段でっせ!


その後はなんばから長堀橋駅に行きました。

DSCN1791.jpg


外に出てしばらく歩くと、随分立派な建物の大阪NHKが。

DSCN1792.jpg


といえば、このところ話題の「NHKをぶっ壊す」と笑顔でポーズを決める某党のお方。このところ旗色が悪くなっているように思います。頑張れ~! (笑)

とっても残念なのは、日本◎一党の党首様同様、主張していることは大いに賛同できるのですが、そのやり方が悪すぎまっせ…。

せっかくの主張が台無しになってしまうばかりでなく、その主張に賛同している人たちをおおいに落胆させ、そればかりでなく、主張そのものの正当性や権威を奪ってしまうのではないかと心配してしまいます。


NHKには確かにおかしいと思うことがたくさんあります。既に何度もこのブログでも取り上げていますが、某党首様の言う通り、見たい人だけが受信料を支払うようにすればいいのだと思います。

最近スマホアプリのTVer(ティーバ)にNHKが参入するというニュースがありましたが、それでスマホを持っている人全員から受信料を取ろうとたくらんでいるのなら、これは悪質と言わざるを得ません。


僕にとって、NHKは無くてもいいものが多すぎです。見てもいない紅白歌合戦や朝ドラ、大河ドラマなどのために受信料を支払うのは納得が行きません。

やはり、公的な放送の最小限を官庁に任せて、その費用は税金で賄うのがいいと思います。政府広報、自然災害情報、そしてニュースだけあれば十分だと思います。あとはすべて民間に任せればいいのです。

そうすればこんな立派な建物や、積みあがっている余剰金、そして職員の高額報酬。また、傘下にぶら下がっている、我々が支払った受信料で作られた番組を二次利用して、利益を得ている関連企業などは必要がなくなります。


この手のことは、今いらっしゃる国会議員さんではとてもじゃないけどできそうにありません。これを記しているのは9月11日で、第4次安倍内閣の名簿が発表されました。

所管の総務省には評判の高かった某女性議員さんが大臣に返り咲きをしましたが、こういったNHKの根本的な見直しは、まずできないと思いますよ。  できるもんなら、やってみなはれ!

それでは誰ならできそうかということですが、それはもう、あの方しかいませんよっ!

ここ大阪で、府知事や市長をされた方っ…。  ねっ。 お分かりでしょっ…。

もちろんN国の党首様にやっていただいても大歓迎です。とにかくそんな大ナタを切れる人が出てきてほしいです。その方と大阪◎新の会などが一つになって、更に上記のお方にも出ていただいて国政選挙に打って出れば、改革が実績を伴う人の差配により改革が具体性を帯び、多くの国民の支持を得られるのではないかと思ったりしています。


先日◎ノ門ニュースを見ていて、日産の現社長さんが退任するというニュースの中で、カルロ◎ゴーンは大したことない、1万人の首を切るのは誰でもできる!だったかを話している人がいましたが、本当にそれをできる人はそうそういないと思いますよ。このブログ同様、言うのは簡単です。(笑)

ただ、たくさんの人の首を切っておいて、その報酬は素知らぬ顔をしてガッポリいただくというのは誰も納得しないと思います。

またその話の中で、小説「海賊と◎ばれた男」のモデルである某石油会社の創立者は社員を一人も切らないで経営した。と誇らしげに話していました。確かにそれができれば素晴らしいことだとは思いますが、

今までを思い起こすと、旧国鉄などの国営企業を民営化した時に、生じたリストラクチャリングをまったくくせずに改革ができたのかというと、そうは思いません。だから大変なのです。


しかし立派な建物ですよね。いつになったらこの巨大(不当)集金システムをぶっ壊すことができるのでしょうか…。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

あきれるぐらいに困った隣国

あきれるぐらいに困った隣国


今日は13日の金曜日、うひっ(笑) またまた大家のひとりごとです。すみません。暇なんです(笑) 

これから後に続く記事はエビデンスを自ら手にして記しているわけではありません。一次情報をかいつまんで、それを勝手に思い込んでいる部分もたくさんあるかと思います。

取るに足らないジジイのひとりごとです。お忙しい方は、もっと権威のある方の御意見を学んだ方がいいかと思います。これはジジイがこの頃思っていることを気ままに記した日記です。と言う訳で…。


本当に迷惑です。大迷惑です。お隣さん…。それがもし賃貸集合住宅なら、ためらわずに引っ越します。

もう74年も前のことをうじうじいうの止めたらどうでしょう…。日本は、そして世界の大方の国々は既にそんなことはしていないと思いますよ。歴史は自分にプラスになることだけを取り入れていかないと…

まして、それでうまくいけばお金をふんだくってやろうなんて、あさましすぎますよ。情けない…。

「恨」(ハン)。恨むのが私たちの古来から続く文化なんだとおっしゃいますが、人を恨むっていいことなんでしょうかね。卑屈になるだけですよ。過去の悪いことは忘れましょうよ。心だけでなく身体にも悪いと思いますよ。そんな文化なんか早く捨ててくださいよ…。


話は変わります。日本が輸出の厳格化をした半導体3品目とは、半導体の洗浄に使うフッ化水素、基板用感光材EUVレジスト、有機ELパネルに使われるフッ化ポリイミドのことを言います。

これを輸出するときのルールを厳しくしたのが、最初の日本の取り組みでした。

その理由は、隣国が親北な現政権になってから、急に輸出量が増えたことに対し、不審に思った我が国が隣国にその理由を求めたところ、音沙汰なしが何年も続いたので、止む終えずそうせざるを得なくなったと僕は理解しています。

その様な不明瞭な状態で輸出を続けるなら、我が国自体が諸外国から非難されることにもなりかねません。

隣国さんは、徴用工の対抗措置だといい、一部日本の政治家の中にもそういうことを言った人がいたようです。でもそれより重要なことがあるのです。それは我が国の自国の信用です。嘘はいけません。


隣国は北にそれらのものは横流ししていないと証明してくれたようですが、直接横流ししていないだけで、意図的に第3国を経由させているのかもしれません。それを隣国は、それは第3国が悪いのだなどと言いそうですけど。

我が国は、既にそれらの横流しの実態をつかんでいると僕は推測します。今は黙っていますが、最後の切り札の一つとして動かぬ証拠を持っているはずです。

次に我が国は、いわゆるホワイト国から隣国を、中国や日本との交易を盛んにしているそのほかのアジア諸国と同様な条件に変更しました。輸出品目のほとんどをしっかり管理することにしたのです。

すると隣国は大大狂乱(笑)
いい大人が安倍ちゃんの肖像に落書きし、せっかく買ったビールやポカリをゴミ箱に流し、いわゆる不買運動を始めました。確かに日本の企業にも影響はあるかと思いますが、それを売っている人たちは隣国の人たちですよ。なんで自分の首を絞めるのか…。

韓国不買


先日、7月末から8月4日まで大阪にいましたが、僕の感覚では隣国の人たちの7、8割がいなかった、減っていたと思いました。急激に減っていたと思います。驚きました。関空から難波駅までの南海電車も本当に少なかったです。

それも、我が国ではなく、自国のエアラインを大幅に減便せざるを得なくなったという大打撃になっているのに、いったい何を考えているのでしょう。 バンコクには隣国の人たちが今も結構来ていますが。


我が国は隣国とは違います。不買運動なんかやりません。NOコリアなどと誰かに仕組まれたような全部同じデザインのプラカードを持って堂々と、しかも年中行事のように何度もするなんてことも(沖縄の基地反対や内政に対する、安倍ヤメロなどは別もの)ほとんどしていないと思います。

過去に新宿辺りで、見たくなかったヘイトスピーチがあったぐらいです。


隣国の政権は最近、グク君だったかが、前政権が倒れたときと同じような、不正入学や兵役のがれなどの腐敗度をさらしてしまいました。

株価や為替も下がりまくり…。 たしか前政権は確か任期を満了せずに倒れたはずです。

現政権もそのうち倒れると思います。そして次の政権が、司法のトップクラスを大挙して替え、大罪に処されることになるでしょう。

国を代表する最高責任者が次々と奈落の底に落ちていく…。 阿修羅な世界…。

正に負のスパイラル。隣国はこのスパイラルからどうやって抜け出せばいいのか。真の国益とは何かを考えたとき、何よりそれを最優先に考えなくてはいけないのだと思うのですが…。

2019年8月29日 記す


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

辺野古の県民投票について思ったこと

2019年1月 沖縄帰国


辺野古の県民投票について思ったこと

2日目1月17日
前回のお話は途中でぶった切ってしまったので、少しだけ話を戻して先に進みたいと思います。

旭町にある県立図書館の入口には県民投票の告知がありました。この県民投票は当時大きな議論を巻き起こしたので、僕も大変興味深かったです。

DSCN1587.jpg


辺野古の基地建設のための埋め立てについての賛否を問う県民投票だったのですが、その理由と投票方法に、突っ込みどころがありすぎでした。まず、選択肢が賛成と反対だけで、これについて議論が起こりました。

僕の思いとしては、賛成と反対だけならば皆さん反対に票を入れるのに間違いない、そんな投票ならしても意味はないと思いました。本来ならば米軍基地はない方がいいというのは僕も皆さんも賛成なはずです。

米軍基地をなくすのなら、憲法を改正して自衛隊を米軍に変わる抑止力とする必要があります。とんでもないと思われるでしょうが、場合によっては核武装も必要だと思います。このところの日本を取り巻く国々の軍事バランスは異常だと考えています。
それについては別の機会にします。腹案があります(笑)


辺野古の埋め立ては、世界一危険な基地だと言われている普天間基地を移転するために、何年も、それはそれは橋本総理の頃以前から、もめにもめてやっとの思いで移転場所を決めて辺野古にしようとなったのは、沖縄の人たちもよく知っているはずです。

仲井真知事時代に辺野古のある名護市と県は、反対も多かったのですが、何とか承認にたどり着くことができました。ところが、民主党政権時の鳩山首相が「最低でも県外」や「腹案がある」「トラストミー」などの謎の言葉だけを残して、ひっくり返してしまったのでした。振出しに戻ってしまったのです。普天間もそのまま残ってしまいました。

その後の政権の懸命な働きでようやく辺野古の工事が動き始めたところ、この県民投票となったと理解しています。

反対派の皆さんは、辺野古を新基地と言っていますが、実はこの場所は以前よりあったキャンプシュワブの一部を拡張して、滑走路をV字型に作ろうというものです。

安倍ちゃんたちに言わせると新しい基地を作るのではなく、基地のリニューアル、拡張をするのだと言っています。そして普天間基地より規模は小さくなると主張しているようです。

反対派はそばに新しく港湾施設も造られるので新しい基地だと言っています。辺野古の辺りには龍の神がいて海を埋めるなと言っているそうな…。


その基地建設の象徴ともいえるのが、県民投票の投票内容ともなった辺野古の埋め立てなのですが、これがまた、噴飯ものな現実があります。反対派は基地反対、辺野古の自然を守れ、ジュゴンがこの前死んだのは工事のせいだなどと息巻いているようですが、

ジュゴンは別のことが原因で死んだことが分かりました。そして最もおかしいと思うのは、辺野古と同じような埋め立てが、同時に那覇空港の第2滑走路と浦添の港湾工事でも行われていて、それについて何も騒いでいないのです。ここが突っ込みどころです(笑)

反対派である新県知事曰く、浦添と空港の埋め立ては重要度が高いので問題にはならない(?)と言うのです。承認しているのです。辺野古の埋め立てだけを非難しているのです。座布団一枚あげたいですよ。

それじゃいつまでたっても普天間基地はなくなりません。以前基地の近くにある普天間第2小学校のグランドに米軍ヘリコプターの部品が落下したと言って大騒ぎになりましたが、それなら早く辺野古の工事を終わらせて、普天間基地を早く閉鎖させればいいのでは?と単純に思います。

周囲を住宅にぎっしりおおわれている世界一危険な基地をそのままにしておくのと、民家の少ない海辺(事故犠牲の確率が低くなる)に基地を移して、危険な普天間基地をなくすことのどっちが安全なのだと問えば、答えは見えていると思いますよ。これをまず県民に問うべきだと思いますが…。


この投票の選択肢は、反対と賛成だけではいけないと僕も思いました。同様に沖縄の保守、自民党もそれに反対し、保守系の市長、首長さんの自治体は県民投票の参加に反対をすることになりました。

おかげで県民投票を実施することにした、反対派の新県知事さんは、県民投票をしないことになった沖縄市民なので、投票をすることができなくなったのです。笑い話ですわな。座布団もう一枚っ!


結局すったもんだの挙句、投票の選択肢を賛成・どちらでもない(?)・賛成の3択にして、投票直前になってようやく全県で実施できるようになったのでした。

しかしながらこの選択肢についても、僕はおかしいと思いました。県民の本当の意思を票にできないのではないかと思いました。僕は選択肢の中に「やむを得ず賛成」か「普天間基地閉鎖を条件に賛成」となどという選択肢を入れておけば、結果はかなり違っていたのではないかと思っています。3択にする必要はなかったはずです。


沖縄県民の皆さんのサイレントマジョリティーは、「普天間基地をなくすことができるのなら、辺野古の埋め立てもしょうがないさ」いざこざを早くやめてほしい、というのが本音なのではないかと僕は思っています。

県民投票の開票結果は7割の票が反対、賛成は2割ぐらいだったかと思います。それを反対派は民意は県民の7割が反対だと言っていますが、果たして賛成という票を積極的に投票した人だけを賛成の民意としていいのかどうかと思います。更にこの県民投票の投票率の低さを鑑みると、

くどいようですが、沖縄のサイレントマジョリティーは「普天間基地をなくすことができるのなら、辺野古の埋め立てもしょうがないさ」というのが本当なのではないかと思っています。

僕の意見としては、ずっと前にあった沖縄国際大学の敷地に基地のヘリコプターが墜落、などの重大事故が起こる前に、何としても早く辺野古の工事を終わらせて、普天間基地を移転・閉鎖するべきだと思います。


つづく  一枚の写真で長話…。 すみません。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

世の中そんなもんですよね

2019年1月 5回目のクラビ旅行


世の中そんなもんですよね

3日目1月11日
今まで行ったことのなかった僕の中ではクラビの秘境のようなローカルな場所巡りを終え、アオナンに帰ってきました。

人里離れた集落にいきなり見知らぬアジア人がバイクでやって来たので、中には驚いている人もいたように思います。そんな人達と目が合った時はスマイルで会釈をすると、ここの人たちも好意的なリアクションが戻ってきました。こういう事ってその場所のイメージを大きく決めてしまうと思います。たまたまでもです。


世の中そんなもんですよね。


このところ、あまりにも理不尽な仕打ちが続き、更に明確にしておかなければならないはずの輸入品の使途についての報告を怠り、信頼を損ねたためにやむを得ず決定した「ホワイト国」から普通国への変更。

東南アジアやチャイナもホワイト国ではないタマダー国(タマダーはタイ語の普通の意)でそれが普通のこととして思っていなければならないのですが、優遇措置を外しますと言っただけなのに、返ってきたリアクションはとんでもないピーピーガーガーな泣きわめき(笑)


その原因を作ったのはそちらなのに、何をそんなに動揺しまくっているのか、見ていて恥ずかしいくらいです。どれだけ隠し事があるのかと心配もしてしまいます。

そして挙句の果てに不買運動。勝手に大挙して日本に旅行に来ていたのに勝手に旅行自粛。対応していた我々はバカを見るだけですよ。失礼だと思わないのかな?

更に日本領事館に侵入して保護されたり、デモなどのやんちゃを始めてしまう始末。GSOMIAという防衛機密情報の共有協定を破棄するぞとちらつかせて、米国の怒りを買ってしまうという判断の悪さ。


僕は残念ながら、ホワイト国などと言う優遇措置があったということをまったく知りませんでした。小泉さんが首相にときに決まったらしいですが、米国も韓国をホワイト国にしているらしいです。どれだけわがままを通していたのでしょうかね。あのチャイナでさえそんなことまではしていないはずです。

日本は不買運動をしたり、旅行をそんな理由で取りやめるなんてことはしません。一時期東京などで「ヘイトスピーチ」という異常事態ともいえるようなことがあったことは事実ですが、

ハンセン氏病の患者さんに丁寧に謝罪した安倍ちゃんの顔を切り裂くなんてあってはいけないことです。外国の代表的人物を貶めるようなことは日本では誰もしていないのではと思っています。ほとんど記憶にありません。人や国に対する敬意というものがあればそんなことはできないはずです。

僕に言わせると、(もう散々語っていますが 笑)在韓日本大使館前に少女像を建てた時点で、韓国をホワイト国から外せばよかったのだと強く思います。お役所さんは何を考えていたのかな?

両国の関係は、いい関係を保とうとしすぎて甘やかせてしまうと、依存心が強くなりすぎて結局相手をダメにしてしまうという典型的なパターンになっていると思います。そこは日本も大いに反省すべきです。

ネットのコメントは、もう日本に来なくていい、早く断交を!といった類のものがずらりと並んでいます。ネットがすべてではありませんが、以前と様子が違ってきています。


何かとチャイナも含めた両国は、過去の歴史を持ち出します。台湾はそんなことはありません。先の大戦のことです。しかし、それはもう70年以上も前のことです。僕はもうその手のことは何もかもをチャラにしていいと思っています。日本は既にそうしているのではないのかな?例えば、

日本は在日アメリカ大使館の前に、国際条約違反な原子爆弾像を飾っていますか?

なぜ原子爆弾は2発もあるのに、イタリアやドイツではなく両方とも日本に落としたのかと文句を言っていますか?

先の大戦時にアメリカに住んでいた日系人を収容所に隔離させ、同じ枢軸国だったドイツやイタリア系アメリカ人と違う対応をしたことを日本はギャーギャー文句言っていますか?

ヨーロッパ戦線で一番勇敢に戦ったのは日系アメリカ人達だったということをもっとアメリカで顕彰・周知してほしいとねちねち言っていますか?


一度このブログに記しましたが、台湾も含め中国、韓国、日本が真にわだかまりなく協力し合えるようになるなら、とてつもない底力を発揮し、白人たちに負けないパワーを持っている民族の集合体になり得ると思われるのに、この無様な現状…。

残念至極です。あくびが出ます(笑)


クラビの美しいビーチをご紹介しているはずなのに、またまた大家の一人ごとを独り言ちました。上の文章のファクトは確かなものではない部分もあるかもしれませんが、大方は間違っていないのだろうとも思います。

ともあれ、無駄なもめごとは止めて今、互いに尊敬しあえる関係になるように、自分に嘘をつくことなく、自らを省みつつ、まず自己を高めていくべきだと思います。

DSCN1448.jpg


上の写真のことは次回に致します。 (笑顔)


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク