FC2ブログ

またバンコク名物が一つなくなる

またバンコク名物が一つなくなる


タイ、バンコクと言ったら、大渋滞、以前は歩道をびっしり埋め尽くしていた屋台や露店などが印象深く、アジアの象徴的な風景と言えるものでした。そのバンコクが時とともに刻々と変わりつつあります。

まず大きく変わったのは、昨年10月の大通りの屋台撤去でした。ヤワラーの方ではサパーンレックという川の上にあるおもちゃ街も撤去されました。

そして今度は、2017年11月28日。スクンビット通りの電線撤去が始まっています。

P_20171128_115835.jpg


これはいい変化です。多分異議を唱える人はいないのではないかと思います。バンコクの電線は異常なほどたくさん張り巡らされていました。

それがバンコクの混沌とした印象を深める原因の一つとも言えたのですが、あまりにも目立ちすぎていて、写真を撮るときにはいつも邪魔になっていました。

P_20171128_115848.jpg


それが少女の長い黒髪をバッサリ切り落とすかのような、突然の一斉撤去。

P_20171128_115931.jpg


ここはアソーク交差点近く、スクンビット通りソイ23のガソリンスタンド。その前もこの通り。

P_20171128_120719.jpg


このガソリンスタンドは2013年1月にあったバンコクシャットダウンのときに閉店を余儀なくされたお店です。刻々と変化するバンコク。諸行無常です。

ソイに入ると電線はまだ残っていました。どうするのでしょうか?

P_20171128_120828.jpg


ソイ23の入り口(パクソイ)の電柱は明らかに傾斜していました。危ないです。これで地震でも起きれば倒壊は免れないでしょうね。でもバンコクに地震はありません。(笑顔)

P_20171128_120834.jpg


長い距離を一斉に撤去しています。

P_20171128_121053.jpg


ソイ22からフロンポン方向の歩道は既に撤去し終えていました。

P_20171128_121225.jpg


まだ、電柱が残っていますが、全然雰囲気が違います。心なしか街に高級感が漂っているような(笑)

住まいの窓からスクンビット通りを取ってみると、やはり美観が増したように感じます。資産価値向上は間違いなしです。(笑顔)

P_20171128_121618.jpg


そのうちにスカイトレインの延線も開通し、ますます立派な大都会になるバンコク。勢いがあるっていいですね。精神的にも…。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト

2017 09 BTS新駅サムローンから無賃乗車(笑)

2017 09 BTS新駅サムローンから無賃乗車(笑)


9月の吉日。バンコクでは今日も鳩がたくさん群がって餌をついばんでいます。タイは動物にエサをあげる人がたくさんいます。多分ネズミとヘビとゴキブリ(笑)以外のすべての動物にエサをあげている人がいるのでしょう。

寄進をすると、自分にも幸せが巡ってくると信じているのです。タンブンと言います。タイの人は優しいのです。
僕はケチると自分に幸せが巡ってくると信じています。 (笑)

P_20170924_151801.jpg


この時は、おばちゃん少し手前の年齢の女性(笑)が餌をあげていました。生き物を尊重するという考え方のありようを、ふと、再考させられる場面がタイではよく見かけます。

何やら哲学的な枕になりました。(笑)
僕のブログには全然似つかわしくありません。これからも俗物専門ブログをまっしぐらです(笑)


さて、食べ物のお話です…。 (笑)
この日は、たまにお世話になっているオンヌット85の驚愕激安良心的日本食店、「Wafuu」(ワフウ)に行って、カレーをいただきました。

P_20170925_125203.jpg


激薄なお肉を重ねたトンカツと、本物かどうかわからない蟹クリームコロッケ(笑)をトッピングした、僕のワフウ史上最高な贅沢をした逸品をいただきました。

これがまた旨いんだなっ(笑)  いくらか忘れました。 (笑)
写真を見ていると、またいただきたくなります。いくらかも気になるので、今からバスに乗ってオンヌットに行ってきます。 

ペットボトルの水を含めて120バーツ(約360円)でした。 行ってきました。(笑)
すでに一度アップしましたが、これからできる限り臨時休業情報を公開する予定です。 乞うご期待!



この前「Wafuu」(ワフウ)に行ったときには、久しぶりに南に足をのばしてみました。2番の無料バスに乗り、終点のサムローンで下車です。BTS新駅の見学です。不動産の仕事の一環です。

BTS(スカイトレイン)の新駅営業開始は高架ができてから、結構時間がかかりました。
その駅はクルンテープ(バンコク)都ではありません。サムットプラカーン県にあります。

P_20170925_142713.jpg


新駅が完成してしばらく経ちましたが、その様子を見たかったのです。
バス停のあるサムローンのインペリアルワールド前からBTSの駅は少し離れていました。

P_20170925_142723.jpg


施設されていたスカイウォーク(高架歩道)を歩くと、スクンビット通りから延びる小路(ソイ)の先がよく見えました。

P_20170925_142754.jpg


更にスカイウォークを歩いて川を渡ります。

P_20170925_142806.jpg


P_20170925_142821.jpg


左側にもソイが見えてきました。スクンビット通りソイ113辺りでしょうか。

P_20170925_142841.jpg


サムローン川

P_20170925_143225.jpg


やっと駅舎が見えてきました。待望のサムローン駅。出来立てです。

P_20170925_143423.jpg


この街は下町っぽくて好きです。パスを降りて通りの露店でバイク用の透明なグラス(眼鏡)を買いました。それがなんと50バーツ(約150円)。以前使っていたもの(100バーツ)より風よけ効果があり、結構気に入っています。安いのでもう一つ予備で買っておけばよかったと後悔しています。

P_20170925_143504.jpg


駅に入ります。ルートマップがありました。まだ開通していない場所も載っています。

P_20170925_143635.jpg


P_20170925_143641.jpg


改札に向かいます。人が全然いない(笑)この日は9月25日の月曜日。全線開通すればこの駅も賑わうと思います。

P_20170925_143655.jpg


利用者も少ないので、利益はまだ出ていないでしょうね。これからです。

P_20170925_143753.jpg


チケットベンダー。BTSはカード式キップです。地下鉄とエアポートレイルリンクはトークンという円形のプラスティックでできたキップで乗ります。そのうちに共通カードができるらしいと聞きましたが、そうなれば便利になります。
価格表を見ると、おやっ。隣のベーリン駅までタダ…。開通間際だとありそうなパターンでした。

P_20170925_143837.jpg


乗ってみましょ~~。 即決です。 (笑)
カード式のチケットを持って、軽い足取りで階段を登るのではなく、横のエスカレーターに乗ります。

P_20170925_144042.jpg

P_20170925_144159.jpg


モーチット行きの電車が僕のために待っていてくれました。 (笑) 待たしたのう~。

P_20170925_144125.jpg


新駅まで本数は減らされたりしていないので、待ち時間も短くて済みました。バンバン来ていました。始発は座れるからいいね~。

P_20170925_144141.jpg


BTSの開通時を思わせる乗車率。今じゃアソーク駅やサイアム駅は朝夕を中心に大混雑しています。
あっという間に隣のベーリン駅に到着。延伸されたのは一駅分のみです。

P_20170925_144531.jpg


チケットを買い直して反対側のホームで、すぐ折り返しサムローン行きに乗車。これもタダです。悪いねぇ~(笑)

P_20170925_144830.jpg


サムローン駅には、これからの延伸計画が展示されていました。あと何年かすれば全線開通する予定なのですが、いつになるのかがわからないのが、この国の常識。まぁそのうち開通しますよ。必ず乗ります。

P_20170925_145449.jpg


予定外の電車にも乗れて満足しました。帰りましょう。インペリアルワールドは何かの催事中?

P_20170925_151124.jpg


そして帰りはBTSではなく、バスでフロンポン駅(バス停名エンポリアム)まで帰りました。15バーツ(約45円)、冷房付きの511番。

P_20170925_152326.jpg


なぜそこまでケチるのか…。  (笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

洪水の夜はバイクの空ぶかしがうるさいかも(笑)

洪水の夜はバイクの空ぶかしがうるさいかも(笑)


久し振りにバンコクの季節ネタです。
いよいよ雨季も終わりに近づいてきました。その風物詩と言えるナムトゥアム(洪水)。

前国王が亡くなってちょうど一年になった10月13日の日が変わったころから、このところ多くなってきた雷雨がまた始まりました。
ピカピカ、ゴロンゴロンザーザー。

ベートーベン作曲、交響曲第6番「田園」の第4楽章そのものを聞いているような大雨。
でも、強風の描写はありません。オーストリアもタイも同じ?


バンコクのスクムビット通りの中でも、水がつきやすいソイ22の入り口(パクソイ)に僕の住まいがあるので、分かりやすいのです。毎年この頃がやってくると、何となくうれしくなってしまうのでした。

昨年の今頃は、うっかり外に出でしまい。乗っていたバイクが水につかって動かなくなってしまいました。

昨年10月25日のお話はこちらです


何故うれしくなってくるのかというと、乾季入りが近づいてきているということを実感できるからです。逆に鬱陶しくなるのは4月の水かけ祭り(ソンクラン)の頃です。クソ暑い上に御ふざけヨロシク水をぶっかけられます。日本男児ならムカつくハズです(笑)。桜咲き、大地が芽吹く日本の4月とは大違いです。


タイは乾季になると気温と湿度が下がり、ずいぶん過ごしやすくなります。晴天が続くために外出や小旅行にピッタリなのです。更にさらに、ビーチへ行くと海がとってもきれいです。

乾季はまさにタイのベストシーズンなのです。


大雨がしばらく続き、バイクの空ぶかしが聞こえ始めたので、見計らってマンションのエントランスに出で見ました。
歩道まで水が来ていました。予想以上のスバラシイ出来でした。(笑)

P_20171014_025522.jpg
午前2時半すぎの様子です


バイクが何のために空ぶかしをするのかですが、エンジンをふかして中に水が入らないようにするためです。
ブォンブォンバーバー(タイ語じゃありません)かなり五月蠅いです。

P1090308.jpg


去年、僕のバイクは動かなくなりました。エンジンはふかしていたのですが、自動遠心クラッチか何かに水がついて、駆動力がなくなってしまいました。ヤマハとホンダは駆動方式が違うのでしょうか?

P1090305.jpg


それでもやけくそ気味に(笑)水の中を走っているバイクもいました。奥にぼんやり写っているトゥクトゥクはエンストしていました。

P1090313.jpg


車はまだ大丈夫みたいです。いい潜り加減(笑)でした。通るたびに波が押し寄せてきて、エントランスまで水が流れてきます。まるでビーチです(笑)

P_20171014_030341.jpg


P_20171014_030240.jpg
大通りの、スクムビット通りもかなり水がついていました。


P_20171014_030218.jpg


もう夜が遅いので、人が歩く姿はほとんどありませんが、危ないんですよね女の子たちが…。
靴を脱いで裸足で水の中を歩いているのです。

P_20171014_025126.jpg


濡れないように靴を手に持っている人もいました。足を何かで切ったらタイへんですよ、黄土色の水ですから。

この水も翌朝にはなくなってしまうので、タイの人たちも楽しんでいるようでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

バンコク バイク2人乗りのヘルメット着用について

バンコク バイク2人乗りのヘルメット着用について


変わったのかも…?。 というお話です。
この記事をアップする前に一応ネットで調べてみましたが、それらしいニュースは見つかりませんでした。ということでいわゆるエビデンスがないことをあらかじめお断りしておきたいと思います。

どうも?バンコクでバイクの二人乗りをするときに、同乗者にもヘルメットの着用が厳格化されたようです。
着用は日本じゃ当たり前なことなのですが、バンコクは言うに及ばず、タイでは同乗者はヘルメットを着用していないことが多いです。

P1090128.jpg


3人乗りも日常茶飯事。 茶めし事なのです。(笑)

モーターサイ(バイクタクシー)はまだ変化がありません。プロのノーヘル(笑)

P1090125.jpg


先日旅したベトナム、ホーチミン市ではヘルメットの着用率はほぼ100%でしたが、タイではまだゆるゆるです。上の写真のバイクタクシーは二人ともノーヘルです。

ところがところが、今まで見た記憶がほとんどない光景がタイにもやって来ました。

P1090129.jpg

P1090130.jpg

P1090131.jpg


ちゃんとニケツの二人ともヘルメットを着けています。暑いのに…。
最近それをよく見るようになりました。

何かポリスからお触れでもあったのかな?


何故こんなことが気になり始めたのかというと、実は実は(笑)この私め、一昨日(9月6日)にオンヌット通りで逮捕されちゃったのです。 (ドジ笑)(マヌケ笑)

一斉検問をやっていたのに気づき、タイの免許も持っているし、何のやましいところもない(ホントか?)と自信を持っていたら、切符を切られました。 (泣)
捕まっている人が何人もいて、列をなしていました。大盛況(笑)

P_20170906_214703B.jpg


何故キップ?と警察官に尋ねたら、タイ語のご堪能な同乗した人が、後ろに乗っている人がノーヘルだからだと教えてくれました。

なにぃ~~~~。

今まで、バンコクで後部座席同乗者がヘルメットを着けているところなんか見たことないぞ~~~~~!


500バーツ(約1500円)の罰金を支払い、トホホ…。またまたキツネにつままれたような精神状態で自宅に帰ったのですが、その対向車線の二人乗りのバイクは、全部二人ともヘルメットをかぶっていました。

スクムビット通りに近くなると、流石に同乗者のノーヘルも見られるようになりましたが、自宅に帰るまでほとんどの二人乗りは、しっかりヘルメットを着けていました。

今日バイクを走らせた時も、同乗者がヘルメットを着けているのをよく見ました。明らかに、何かが変わったかと思います。

P1090133B.jpg


私めも近日中に、同乗者様にご迷惑が掛からないようにもう一つヘルメットを用意したいと思っています。

危なっ…。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

旅の恥はかき捨てはもう通用しない

旅の恥はかき捨てはもう通用しない


バンコクにいて、少し気になる日本人の旅行客のことを記してみます。
何で気になるのかというと、僕の(勝手な)イメージでは、日本人のマナーの良さが世界中で認められているということらしいからです。

僕がこの目で見た日本人のマナーについて思う事は、旅行者のことだけではありません。ここバンコクにはたくさんの日本人が居住しています。

僕が気になるのは、公共交通機関の中です。電車の中でタイの子供たちは総じておとなしいです。この前、珍しく大きな声でしゃべっている男の子がいました。5歳ぐらいでしょうか。日本語でした…。

お母さんの制止も気にせず、勝手気ままにしています。
そんな姿はバンコクではあまり見ません。僕の気にしすぎかもしれません。(笑)


更にこの前、地下鉄に乗ったときには偶然隣に日本人の若い女の子二人連れが座っていました。旅行者です。浮かれモードがすぐ分かります。嬉しそうに電車の中で足をのばして自撮りをしていました。

帰国するために日曜日に空港に行くときだったので、その子たちの目的地もすぐ察しがつきました。チャトチャックウイークエンドマーケットです。大きな地図を広げて楽しそうに話していました。

関西言葉で話しているのを何気なく聞いていると、チャトチャック公園駅で降りようとしているのが分かりました。

差し出がましいとはわかっているのですが、「チャトチャックマーケットに行くのなら、次じゃなくて次の次ですよ」と声をかけると、帰ってきた言葉が「ニホンゴ~」でした…。 

お前ら(怒)! タニヤのねーちゃんかっ(怒)  これは心の中のサケビです(笑)
僕はタニヤに行ったことはありません。 ほとんど(笑)


この子たち、バンコクには日本人がたくさんいるなどと言った、一般的な知識すらないのでしょうか?などと勘繰ってしまいそうになります。

市場に行くのならカムペンペット駅で降りた方がいいとアドバイスしました。すぐそばにオートーコー市場もあって、その中に緑の丼(タイのミシュラン)マークがつくお店がいくつもあることなども、食事の場所が決まっていないようだったので、教えてあげようかと思いましたが、やめました。 (笑)

チャトチャック公園駅に着いたので、降り際に「スリに注意してくださいね~」とアドバイスすると。今度は「釘刺された~」と言葉が帰ってきました。

とほほ…。  


これはタイの人には関係のないことですが、実に当世流(笑)な受けごたえでした。関東の女の子でいう「やばー」的な感覚なのでしょうか? それも古い?  (笑)

やはり日本人なら、たとえおせっかいされたと感じたとしても感謝の言葉を返すべきです。自信がないけどそう思います…。
タイでも、困っている人を助けようとしてくれる人は沢山います。日本で大切にしたいことは外国でもそうするべきなのかも知れません。
海外旅行がしやすくなって、たくさんの人たちが外国に訪れています。日本の品格を高め、守っていくのは、私たち一人一人だと心していきたいと思います。


僕もこの先、8月末にベトナムのホーチミンに行くことが決まっています。この国は一筋縄ではいかないのが大方の評価です。先日もハノイに行った若者二人の話を聞きましたが、かなりハードなぼったくり、詐欺まがいにあったという、実話を聞かせてもらいました。ハノイですらそうなっているのです。タイの比じゃないそうです…。

ネットの情報では、「もう絶対に行かない」なんて文言があったりします。ホーチミンは一度街に出たことはあるのですが、本格的に訪れるのは初めてです。

ちょっと上から目線的な物言いになりましたが、
旅の恥はかき捨てという諺は、もう通用しないと思います。
さて、僕はどれだけベトナムの人に感謝の言葉を言えるかな?


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク