無駄話ではない(笑) 本当のビーチを去るときが来たの巻

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


無駄話ではない(笑) ビーチを去るときが来たの巻

以下の前文は前回の文章と同じです。
5日間のクラビ、アオナンビーチ滞在の最終日は恒例のバイク長距離ツーリングでした。
ツーリングと言っても、ハーレーダビッドソンなどの大型バイクで颯爽と旅をしたわけではありません。

なのでやっぱり今回も、ヘトヘトになりゲストハウスに帰ってきました。
もういいでしょう。 時間より早めにバイクを返しました。

P1070084.jpg


ガソリンは、借りたときの量で返してくれ。みたいなことを言っていましたが、ノーチェックでした。借りたときより結構多めに残っていたので、ビーチを去る心残りとともに、何ともタイ料理のようないくつもの味が混ざったような気持ちになりました。(笑)

バイク屋さんのカウンターにいくつものパスポートがありました。バイクを借りるときは身代わりに(笑)パスポートを預けるところがタイでは一般的です。

P1070100.jpg


オー、パスポーユッユッ(おーパスポートたくさん)
係りの人にというと、引き出しをひいて見せてくれました。

P1070099.jpg


とんでもない量のパスポートが…。 これ全部海に捨てたらみんな困るだろ~な~。

外国でパスポートを紛失すると本当に大変なことになります。日本大使館とバンコクから遠く離れたチェーンワタナーのイミグレーションで何度かパスポートをなくした日本人を見ました。


僕の悟った、旅行先で絶対なくしてはならないもの3つは、

パスポート
現金・カード(お財布)
スマホ(現地のSIM付きにする)


です。他の物はなくなっても何とかなります。 そう、自分のカラダ以外のものです。


戻ります(笑)  レンタルバイク屋さん。儲かってまんな~。


その後は、アオナンT字交差点のそばを散策しました。この辺りは夜ライブハウスになって盛り上がるところです。ステージと客席最前列の間に歩道があるので、そこを歩く人は、いつも満員のお客さんの注目を浴びることになるので驚きます。でもそれが慣れると快感に…。 

ならないよね~(笑)

P1070101.jpg


晩御飯は、これもアオナンの人気店。マッサマンでいただきました。バイクを返したのでまた徒歩で向かいました。

ジャングルキッチン地図


美味しかったのですが、もうパネーンカレーは結構です。(笑)
サンドウイッチをいただいてみました。

P1070102.jpg


ゲストハウスも最後の夜。明朝早いので早めに就寝したかったのですが、寝つきが悪かったです。隣のベッドは、ずっと同じアメリカ人女性でした。 もっと話せばよかったと思ってももう遅い。 (笑)

時間に起きられるか心配しましたが、大丈夫でした。隣のベッドがすく近くにあるドミトリーでは目覚まし時計のアラーム音は要注意です。 でもいるんですよね、そんな配慮のできない人…。


約束の時間より少し早めに通りに出て待っていると、貸し切りボートの交渉人、アレックスさんが買ったばかりの車で、先に仲間を乗せてやって来ました。

P1070103.jpg


アレックスの車はGMならぬMG? 調べてみるとモーリスガレージというイギリスのメーカーでした。知りませんでした。タイではベンツやポルシェを日本車以外でよく見ますが、miniや十字マークのブランドの車(シボレー、アメリカ車)もたまに見ます。

乗ったMGは、実は中国製でした。もう本国で車を作っているメーカーなんかないんでしょうかね。人件費高いですからね。
トランプさんどうするんでしょうか?

P1070105.jpg


3回目となったクラビ旅行。に仲間の方たちは早速来年も来たいと話しています。そのときはもういいかなと思っていましたが、また来るでしょう(笑)

追記
来年も1月9日~皆さんと行くことが決定しました。 3/13~のエアアジアのバーゲンで激安チケットを購入です。今回の航空運賃は往復総額1092円でしたが、来年は3320円になりました。 3倍の差。  

んー  …  それでもお得だからよしとします。

P1070106.jpg


今回の旅日記もダラダラと長く続いてしまいました。
申し訳ないのが、途中に余談というか、脱線、愚痴、難癖もろもろの熱中症、意識モーロー系な余計な話(笑)がたくさん入ってしまい、缶詰を開けたら具が少なくて汁ばかりだった。というような状態になってしまいました。

愚痴話などというブログのカテゴリーを作るわけにはいかないと考えているので(一応、大家の独り言というカテゴリーがありますが)こんなパターンがこれからも続きそうです。

皆様におかれましては、鷹揚なるお心でお付き合い願えればと申し上げる次第にございます。


2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する  終わり

次は、仕事のつもりが、観光旅行に変わってしまった帰国についてです。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト

ほとんど手つかずの広々としたビーチがよかった

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


ほとんど手つかずの広々としたビーチがよかった

3回目のクラビ旅行最終日。ゲストハウスのあるアオナンビーチから、バイクで単独無謀遠距離ツーリングを決行しました。

パクメンビーチ全体図


途中何度もスマホのグーグルマップで目的地を確認します。本当に到着できるのかが心配でしたが、奮闘努力の甲斐があり、何とかビーチに到着しました。

P1070092.jpg


シカオという名の街にある、パクメンと言う名前のビーチでした。僕の知っているタイ語の語彙力では、パクメンというのはパーク(口)、メン(臭う)。つまり口が臭いビーチということになります。

あまりいい名前ではないですね。本当は違う意味だと思いますが…。  (笑)

P1070095.jpg


ビーチは大自然のままで、ゆったりした波に広々とした視界が広がっていました。

P1070094.jpg


ほとんど人もいませんでした。

P1070096.jpg


海岸を並行に走る道なりには、ほとんど昔のままのお店が並んでいました。雰囲気抜群でした。

P1070097.jpg


パクメンビーチ詳細図


まだまだいいところがありそうです。ここに来る手前の国道4号線を右折すれば、ランタ島という比較的有名な観光地もありました。トラン県を更にずっと南下していくとリペ島という、タイで一番ともいわれるお薦めのビーチがある島もあります。


帰路につきます。来るときに写真を撮った、パイナップル売りの女性がいたお店に寄って、パイナップルを買って帰ろうと思いました。

売り場はその場所にいくつかあって、反対車線を気にしながら走りましたが、いつの間にか通り過ぎていました。あの素敵な笑顔の女性からパイナップルを買うことはもうできません。

P1070098.jpg


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

観光地化していないビーチを求めて 

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


観光地化していないビーチを求めて

翌日に早朝発の飛行機でバンコクに帰るので、実質活動最終日になりました。
同行した皆さんとまだ行っていない、ジェームスボンド島はどうかということになっていましたが、協議の結果次回にということで、この日は一日自由行動になりました。

そうなると僕の旅行最終日パターンが実行できます。一日に125ccのバイクで往復250kmを走ったこともあります(笑)

タイの地方は、道路がかなりいいのでバイクで長距離を走ることができます。
長距離なので何かあったら戻ってこられないという楽しみ(笑)がありますが、今回の旅は一人旅ではありません。何かあると皆さんに迷惑がかかることは火を見るより明らかです。

死して屍拾うものなし  です。

せっかくここまで来ているので、違う場所を尋ねてみたいという思いも強かったのです。前回はアオナンビーチより北に向かいましたが、今回は南に向かうことにしました。無理なく行けそうで、いいところをグーグルマップで探しました。


幹線道路の国道4号線は、クラビタウンから空港に向かっています。さらにその先はクラビ県の隣のトラン県になります。進路をそちらに向けて走りました。

P1070085.jpg


クラビタウンに向かう途中には、切り立った巨岩の間をすり抜けるところがいくつかあります。走っていて楽しい場所でした。

P1070086.jpg


スラタニー、プーケット、トランの道路掲示板。右折です。

P1070087.jpg


長く走っていると道の景色が単調になります。途中の道路沿いにパイナップル売りのお店が何軒もある場所がありました。写真のお店が一番カラフルでした。若い女性のお店の方が、バイクを停めて写真を撮る僕を見てスマイル(イム)してくれました。

P1070088.jpg


目的地はこの国道4号線を右折しますが、その場所までが長かったです。途中に多く見られたのがパーム椰子の畑。パーム油は日本でもよく食材に使われているはずですが、あまりなじみがありません。

P1070089.jpg


僕も知りませんでした。

P1070090.jpg


ようやく右折地点を右折しました。

パクメンビーチ全体図


ところがその後の道がまたまた延々と続きました。そのうち道が正しいのか怪しくなってきます。道路標示には目的地が記されているので違ってはいなさそうですが、ビーチに着けるのか心配になりました。

P1070091.jpg


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

クラビ川の畔(ほとり)で夕涼みをする 

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


クラビ川の畔(ほとり)で夕涼みをする

喫茶店で、濃厚なグァバジュースを味わった後、クラビタウンのナイトマーケットが始まるまで、まだ少し時間がありました。

昨年も行った場所ですが、川のほとりのモニュメントを見に行きました。

P1070074.jpg


クラビタウンは海から結構内陸に入った場所にありますが、まだ特徴のある切り立った岩が見られます。

P1070075.jpg


モニュメントは川沿いにいくつもありますが、上の写真の蟹のモニュメントのそば辺りにしばらくいました。

自転車のアイスクリーム屋さんがいたので、ココナッツ(マプラオ)アイスをいただきました。またまた濃厚なお味。お水が欲しくなりました(笑)


辺りが薄暗くなって、集合時間になったので皆さんと一緒にナイトマーケット会場に行きましたが、メインステージ前にたくさんあるテーブルは、既に満席になっていました。

食事は結局、離れた川沿いの屋台街でいただきました。
ここはタイ南部なので場違いですが、このところハマっているトムセープも注文しました。こてこてのイサーン料理を食文化の違う南部でいただくのも一興でした。

P1070078.jpg


お味は…?  
悪くはなかったけど、やっぱ、こてこてのイサーンでいただきたいなと思いました(笑)


もう一度ナイトマーケット会場に皆さんと戻りました。お店は沢山出ているのでやはりありました。日本料理のお店。
一個5バーツ(15円)のお寿司屋さんです。

P1070079.jpg


こういうお店は、結構いろんなところで見るのですが、タイの人はこういう手の込んだこともしっかりできる人たちだということがよく解ります。

P1070080.jpg


紫色と黒色のとびっこのような軍艦巻きがありました。これは初めて見ました。

P1070081.jpg


ずらりと並ぶ露店。楽しいナイトマーケットでした。

P1070082.jpg


P1070083.jpg


来るときもそうでしたが、帰りも途中で雨が降りました。乾季のはずで、今まで雨に降られたことがなかったので、不思議な雨でした。

途中に不自然な場所に渋滞がありその横をすり抜けて走りましたが、バイクが絡んだ大きな事故が反対車線で起きていました。ぞっとするような光景でした。

バイクは身を守る術が自動車に比べて圧倒的に少ないので、タイではかなりリスクの高い乗り物です。そのリスクを確実に減らす方法は目視確認を怠らず、スピードを出さないことです。

それでも相手の方が、とんでもないスピードで突っ込んでこられたらどうしようもありません。そこのところがバイクの危ないところなのでしょう。

大きな事故を目の当たりにしているのに、翌日は最終日。僕の危険な旅行パターンである、最終日ロングツーリングをまたまたやらかしてしまったのでした…。


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

クラビタウンで軽い熱中症か 

2017 1月 3回目のクラビ旅行でビーチを堪能する


クラビタウンで軽い熱中症か


2台のバイクに分乗して、夕方から始まるナイトマーケットを見てみようということになっていました。早めについた僕たち2人は、しばし自由行動にしました。

ナイトマーケット会場は準備中。散歩がてらにブラブラすると、カットフルーツ屋さんにおいしそうなパイナップルが並んでいました。

P1070069.jpg


一袋20バーツ(約60円)。バンコクと値段は変わりませんが、タイのパイナップルの糖度は高くておいしいのは去年実食済みです。普通は固くていただけない芯まで甘いので完食です。

串に刺さったパイナップルをいただきながら、街を更に歩くと、大きな交差点にクラビ原人の信号がありました。ここが街の中心なのでしょうか。

P1070070.jpg


タイでは少し歩くと、必ず涼しい場所に避難したくなります。
バンコクにいるときでも日中の暑いときは、大型商業施設などの涼しいところによく行くようになりました。昼食後にまったりと時間を過ごすのにぴったりだということが、だんだんわかってきました。

特に気温が上がる3~5月の暑季は、ほぼ毎日35℃。40℃に迫る気温にもなります。かなり暑くなるので、僕のアパートの部屋のエアコンでは、力不足の上に電気代が跳ね上がります。

僕の場合は、このところ特に行く頻度が多くなってきたのが、アソーク駅そばのターミナル21です。
こののブログにも何度も記事にしましたが、食堂(フードコート)がバンコク市内でも1、2を争う安さで、フリーWi-Fiがあり、トイレが無料で、2014年にそのトイレが表彰されました。清潔でセンスあふれるデザインになっています。特にM階(2階)のトイレはパリの現代的なデザインで、思わず唸ってしまいます。

P_20170317_130620.jpg
バンコク、ターミナル21のM階トイレ入口です

P_20170317_130634.jpg
手洗い場のスタイルはオーストラリアのパースで見たのが最初でした


最近コラートにも、同名のショッピングセンターが開店したようです。ぜひ訪ねてみたいと思っています。



クラビタウンの話に戻ります。
原人交差点から少し川の方に歩くと、おしゃれな喫茶店がありました。もう意識は幾分ボーットしてきて、軽い熱中症っぽいと思ったので、その喫茶店に入りました。

20キロ近くバイクを走らせ、しばらく散歩をすると軽い日射病です。

P1070071.jpg


いろいろな果物の飲み物や洒落たケーキがおいてあるお店で、白人客も多かったです。僕はボーっとしながら迷った挙句、グァバジュースをいただくことにしました。

P1070072.jpg


ジュースが濃厚なので、氷が解けるのを待ちながら味わいました。爽やかな酸味が、熱中症気味な頭と心を冷やしてくれました。それでもまだ幾分症状は残っていました。
お店の名前もおしゃれでした。 美味しいグァバジュースでした。

P1070073.jpg


日か少し落ちてきたので、バイクですぐそばにある川に向かいます。


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク