ワンルームマンション大家の一番ややこしいお仕事とは

2019年2月 仕事ばかりの東京帰国


ワンルームマンション大家の一番ややこしいお仕事とは

2日目2月26日
この日は新宿から荻窪、赤坂見附、豊洲をぐるぐる回りました。充実しています(笑)夜ご飯は行きつけの歌舞伎町のど真ん中にある焼肉屋さん。

DSCN1909.jpg


ホルモンが安いだけじゃなく、ナムルやキムチが食べ放題なので、ありがたいお店でした。

DSCN1910.jpg


以前は30分で500円のセルフの飲み食べ放題だったのですが、ビールが別料金になり、30分300円に変わっていました。実質的な値上げです。それでも日本酒や泡盛も呑めてお得だと思いました。が、その後更に条件が悪くなってしまい、行かなくなりました(残念笑顔)

DSCN1911.jpg


3日目2月27日
この日も働きましたよ~。誰でもできる簡単なお仕事を(笑)
いつものことなのですが、新宿区役所から一日のスタートをしました。新宿駅西口から目的地に向かいました。東京の冬なのに珍しく曇り空ですね。

DSCN1913.jpg


目的地は南口のシンボルともいえるようになった「バスタ」のビルの中にあるのですが、その会場がなかなか見つからず、人に聞いたのですが、そのあたりをずいぶんウロウロしました。(笑)

結局、会場はバスタの入り口のすぐ横にあったのでした。な~んだ、先に言ってよ~!

DSCN1915.jpg


やはりここは東京。並んでいる人の人数がパンパなかったです。田舎でした方がいいのは分かっていたんですけどね。田舎はそこに行くために成田~バンコクの往復航空券代以上の出費になるんですよね。

電話相談もありますが、それも繋がりにくいので、結局こうなりました。

DSCN1916.jpg


特設税務相談会場がやっと見えてきたのはいいけど、まだ待たされました…。

DSCN1917.jpg


ここに何をしに来たのかということですが、この年の確定申告では、不動産の譲渡益に対する所得税を分離課税として、別紙で申告しなければならなかったのでした。自分でもネットで調べて何度かトライしてみたのですが、それが正しい所得税額かどうかが分からず、確かめる必要を感じていました。そのためにやって来ました。

以前、地元で確定申告をするときに、譲渡益の所得税を税所の職員さんに計算してもらったのですが、やはり僕が算出した税額とは違っていました。

ここいらあたりはしょうがないねと、あきらめていました。物件の譲渡はそう何度もあるわけじゃないし、自力解決はしなくていいやと思っていたのですが、またまた事の成り行きで3物件の譲渡益が出てしまって、こういうことになりました。

黄色のファイルに持って来た書類を挿んで待ちました。ほとんどの人は赤いファイルでした。

DSCN1918.jpg


あ゛~。立ちっぱなしで腰が痛い…。

これです。譲渡所得の申告書作成について記されています。

DSCN1919.jpg


素晴らしい!皆さん納税の義務を果たしている、立派な日本国民です。僕が今住んでいるタイ、バンコクはこの辺りのことに不備がありまくっていると思います。つまり、税金は社会インフラや社会保障などに再分配されるものなのですが、特に社会保障については悲惨な状況になっています。言い換えればタイの裕福層はそうでない人たちに冷たいということになります。

あと、東北部(イサーン)とそれ以外の地域的な問題もあると聞きます。

DSCN1920.jpg


お金持ちは末代までお金持ち。そうでない人は末代までそうでない…。そしてそうでない人の貧困度は目も当てられない状況のママです。もちろんタイには生活保護などというありがたい制度はありません。だからそれにすがりつく外国人もいません。


順番が回ってきて、若い係りの方に譲渡所得の納税額についての計算のしかたを教わりました。ややこしいのは、売却金額に減価償却費を絡ませて計算するのですが、計算のし方が、教えてくれる人によって違うのです…。

DSCN1921.jpg


この時に教えてもらった計算方法で算出された税額は、実家の税務所でやっぱり違う方法で再計算されました。担当者は手慣れた様子でしたが、僕にとっては?が頭の中をぐるぐると周る事態となりました。ここのところが僕のおバカなところです(笑)

ここんとこは、誰でもできる簡単なお仕事とはいかないようです。

しかし、税金を払うのが一番ややこしいとは…。マンションを売って儲かると、ややこしいですよ(笑)


愚痴ってスミマセン。  つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト



大家さんになるとどんな郵便物が届くのか

2018年10月 4件もの購入物件候補の中から選ぶ帰国


大家さんになるとどんな郵便物が届くのか

4日目10月27日
年金の申請が終わっても実家に帰るとすることはあります。まず、留守にしている間にたまった郵便物の整理を必ずします。それがまたかなりな量になるのです。大変なんです。

ここで大家さんになると、どんな郵便物が届くのかここで少しばかり整理したいと思います。

不動産会社からくる郵便物
・賃貸管理会社様からくる郵便物
 賃貸借契約書 更新契約書(要返信) 火災保険証書 仲介料計算書 リフォーム見積もり(要返信)・計算書 領収書 年間賃貸状況報告書
・建物管理会社様からくる郵便物
 管理組合定期総会議案書・出席表(要返信)
・仲介業者様から来る郵便物
 物件購入にかかわる書類、領収書など
・どうでもいい不動産会社様(笑)からくる郵便物
 いわゆるDM 売りませんか 買いませんかの案内多数

市役所、税務署などの行政機関から来る郵便物
・税金関係
 不動産取得税 固定資産税 個人事業税 それぞれ税額を知らせる計算書と納付書が別々に来る 督促状
 差し押さえ通告 納付書についてはバンコクにPDFや写真にして送ってもらい、ペイジーなどで支払う。
・確定申告
 源泉徴収関係の書類 確定申告書と案内
・法務局や司法書士から届くもの
 不動産権利書

その他
・業者様からの年賀状や暑中見舞いなど


まだ分類できていないものもあるかと思います。とにかく営業の電話と郵便物は毎日届くようです。電話は適当にあしらうことができますが、郵便物はまさに玉石混交。たくさんの中から必要なものを見つけ、対応する必要があります。特に重要なのは納税関係で、不動産取得税は物件の売買契約と決済が終わり、忘れたころにやって来ます。

あと面倒なのは、毎年ある管理組合の定期総会の対応です。出席表に議案に対して賛否を記すか、議権を代理人に委任して返信しなければなりません。

これらほとんどの郵便物は、すべて電子化できるものだと思っています。特に矛盾を感じているのは、税金関係の書類です。お役所に聞くと納付案内や納付書は電子化できないの一点張りですが、税金そのものはネットで納付出るようになっています。つまりお金の支払いはちゃっかり電子化できているのです。

こういうおバカなことがいつまで続くのでしょうか?このブログでも僕が何度もお役所の窓口まで行って、口座引き落としの手続きをしたり、税金の納付をしていることを取り上げています。税金を払うのが一番手間のかかる(しかも全然うれしくない)業務なのです。あ~バカバカしい…。 (笑)

こういう生産性のない無駄が多すぎなことを実家に帰るたびにしています。精神的によくないので、必ず家族総出で、行きつけの焼肉屋さんでパーティー?をすることにしています。もちろん実家にいない間にしてもらっている電話の対応や、郵便物の管理、そして必要なものをe-mailなどで送ってもらっていることの感謝もあります。

最近はe-mailだけでなくLINEでの連絡もするようになりました。書類はスキャンしてPDFで添付するより、スマホで写真を撮ってラインで送ってもらった方が楽です。写真に写っている納付書の納税番号をネットバンキングに入力すると、それだけで金額と税金の種類が画面に出てきます。


ムカつく話の後は(笑顔)いつも家族と一緒にいただいている、東金沢「以波太」の焼肉。味がしっかりついていて、いつもおいしいおいしいと言いながらいただいています。

DSCN0399.jpg
必ずいただく並タン塩(2人前) 安くてうまい!


DSCN0400.jpg


DSCN0401.jpg


こういうこともどちらかと言うとワンルームマンション大家のリスクと言えばそうなのかもしれません。が、僕はリスクとするよりこれが業務なのだと思っています。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

ワンルームマンション大家のリスクはここにもあった

7月帰国、沖縄と大阪を経由して年金の申請をする


ワンルームマンション大家のリスクはここにもあった

8日目 7月31日
前日の年金受給申請では、海外在住のため書類不備と言うことであっさり玉砕してしまいました。この日はぶっ壊れた母親のガラケーを新しくするのがお仕事でした。今まで何度業務連絡をしたことか…。

ソフトバンクのホワイトプランは、機種を変えると契約更新できない上に、ガラケー本体が5万円近くかかるというので、いっそのことスマホに変えて見ることにしました。スマホなら旧モデルで1.5万円。

しかもラインやメッセンジャーなどのアプリを入れれば、ストレスフリーな電話かけ放題。タイと日本のど田舎でも〜秒毎に〜円などと言ったような、精神衛生上よろしくないプレッシャーを感じなくてもすみます。

スマホの格安シムは、情弱な僕の知識の中では、まだどの回線がオトクなのかまだ評価が確立していないと理解しています。とりあえず既に僕が使っているUQモバイルにすることにしました。3ギガ上限の契約ですが、アプリを入れて節約モードにしておけば、ほぼエンドレスで使い放題です。

P1120409.jpg


しかも月額料金が2000円程度で済みます。電話を使うと割高になりますが、殆ど使わないのでそれでしばらくいってみよう〜!ということにしました。


家に帰って、母親と何度もスマホの反復練習をしました。ラインを使えるようにしてもらうための練習です。身内の恥をさらすようですが、スマホ画面をタップすることから教えなければなりませんでした。

画面を選択するときに、どうしても長押ししてしまう癖があり、ポンッと軽く触れることがなかなかできないという…。それでも何も言わずに丁寧に教えてあげました。一番いけないのは苦手意識を持ってしまうことです。

何度も使えばそのうちに慣れてくる。慣れればこんなに簡単で便利なものはないよとお経のように呪文を繰り返しながら(笑)操作を繰り返し練習しました。

日をあけてまた練習を繰り返しました。80の齢を過ぎても元気で、口も達者なのでさすがに呑み込みも早かったです。

ところが…。

僕がタイに戻り、早速ライン電話で連絡を取ってみると、出てきたのは母親以外の家族ばかり…。何度も練習したのに、気持ちが先に立ってしまうようになったようです。

僕が連絡するときは、東京の不動産会社様から郵送物が届いた中にある書類を写真で撮ってラインに添付してほしいという、ハードルが高すぎる要求もあったりするので、致し方ないとは思うのですが、残念でした。

結局家族の者が写真を撮り、送ってくれています。郵送物の話になったので実家の家族が困っていることを記します。これもワンルームマンション大家のリスクの一つと言え得ると思います。

まず、家に不動産業者から連日電話がかかってくるようになりました。しかも一日に何度もかかってくることがあります。これは物件を売却しませんかという営業の電話です。

前職で働いていた時は、逆にマンションを買いませんかという営業の電話がありました。僕だけにかかってきたわけではありません。更に信じられないのは職場の勤務時間中にかけてくるのです。まったく迷惑でした。これはお心当たりの諸兄も多いと思います。

このような電話の多くは、ローンを組んで新築のマンションを買うことを勧めてきます。僕に言わせると、一番買ってはいけないものを勧めてくるのです。本当かどうかはそれを買ってみればわかると思います。

(苦笑)

もう一つ面倒なことは、やたら郵便物が届くようになります。ほぼ毎日関係業者からの郵便物が届きます。そのほとんどが上記の営業電話と同じような売却依頼のものです。即刻ゴミ箱行きのものが多いのですが、ややこしいのは、税務署やお世話になっている業者様から、大切な郵便物も届くのです。

その判別が難しいということで、僕が実家に帰るたびにそれらの郵便物の整理をしています。緊急を要する賃貸契約書や納税通知書等は、そのつど家族に処理をしてもらっています。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

地面師と外国人の保険証不正利用

ワンルームマンション大家のリスクと大家のひとりごと


地面師と外国人の保険証不正利用

このブログの記事は画面の右側にあるカテゴリに分類されているのですが、これはワンルームマンション大家のリスク話でもあり、大家のひとりごとでもあるように思います。とりあえずリスクの方に分類しておきます。しかし内容を分かりやすく言うと、結局お役所に対する難癖が話題の中心になっています。(笑)

これから記すことは皆さんも既によくご存知なことばかりでしょうから、読んでいただいても時間の無駄になるかと思います。どうもすみません…。

地面師にやられちゃってる(笑)
この前までニュースで取り上げられていた、積水◎ウスが地面師により55億円もの大金をだまし取られた事件と言うのは、不動産投資や大家業のリスクとして考えることもできると思います。

一等地である五反田の廃業した旅館の土地を巡って起こった事件でしたが、業界を代表するような有名企業がまさかの古典的な手法に乗っかってしまいました、しかも社長案件だったというではないですか。10人以上の大勢の逮捕者が出た組織的な犯行の手口を知るにあたり、空恐ろしさを感じてしまいました。

まあ、組織的な犯行は5億以上の物件でないとペイ出来ないということらしいので、僕には何の関係もありません(笑)
でも詐欺のパターンはこればかりではないでしょうし、いろんな視点で注意深くしておくことに越したことはないかと思います。

地面師とは、土地の所有者に成りすまして他人の土地を売り抜ける詐欺師のことです。売買の仲立ち、仲介をするブローカー等とは違います。売主に化けるのです。役割を分担するので、それぞれの罪は文書偽造等それほど重くならないという巧妙さ、よく考えられていると思いました。

不動産の登記をするために必要な印鑑登録証明書等は、本人確認になるもの(免許、パスポート等)を偽造して取得します。不動産の登記そのものもそうですが、そこに必ずお役所が絡んでくるのです。そこに問題があるというのが今日の本旨です。


次のお話にします。在日外国人のことについてです。入国管理法の改正を国会で議論していますが、外国人が起こす問題は雇用に関したことだけではありません。

保険証の不正利用 出産補助金41万円もちゃっかり?
いうまでもなく、外国人のすべてが不正をしているわけではないとは思いますが、中には私たちの税金を不当に貰っている人たちもいるのは事実のようです。

まずは国民健康保険。これはザルみたいな制度のように思えます。だいたい健康保険証に本人であることを確認するための顔写真のようなものがありません。

なので、とある国の人たちは、当たり前のように健康保険証を持っている人から保険証を借りて医者に行っているというではないですか。また、正規に保険証を持っていた場合、本国にいる家族でもを扶養にすれば日本に住んでいなくても、保険の恩恵を受けることができるらしいです。

話が飛びますが、ある地域では外国人の無免許運転が常態化しているということを聞きました。無免許なのに車検はちゃんとしているという落ちまでついていました。

日本では出産をするときにお役所から、補助金を41万円いただくくことができるということですが、とある市町村では、外国人の受給者の60%がある国の人たちだということです。その国だけやたらに多いのです。

これは意図的にこの制度を悪用しているのではないかと勘繰ってもおかしくないと思います。ヘイトではありません。悪いことををしている外国人がいるという現実を記しているだけです。

いままで窓口担当していたり、その集計等を担当していた関係のお役所の人たちは、その不自然さを感じなかったのでしょうか?もし少しでもこれは…。と不思議に思ったことがあるのであれば、それをうやむやにすることは大きな過失になると思います。

「騙す方は悪くない。騙される方が悪いのだ」や「いいものが売れるのではない、売れるものがいいものなんだ」(偽物でも儲かればいい)という考え方をしている人たちがいる以上、日本のお役所は根本から考え方を改める必要があると思います。


なぜお役所を非難するのかということですが、本人(の物であるということ)を証明するものを公的に行うこと(住民票、印鑑登録証明書、免許、パスポート等)をお役所は業務として行っています。それ以外にも公正に業務を執行するということに対して、不備がありまくりじゃないのかと言いたいのです。

僕はたまに日本の金融機関等で、本人確認を求められたときに、わざとふざけてタイの運転免許証(本物)を提示したことがありました。すると必ず不思議な顔をされて、日本のものをお願いしますと言われました。

タイの免許にも顔写真があり、アルファベットですが名前も記入されています。ついでながらパスポートナンバーも記入されています。立派な本人確認の証明になると思います。本人確認は十分可能です。

ところが、それではだめだというのです。タイの国を信用していないのです。(それでいいのかもしれません。カオサンには証明書偽造店がいくつもありました)(笑)


日本の制度や規則は性善説に立っていると言われているようですが、本当に性善説に立つのなら、法律や規則はいらないと思います。先に記したように既に日本に住んでいる(性悪な)外国人のために具体的な対策を早急に施す必要があると思います。


マイナンバー制度、遅すぎ!
マイナンバーは現在、ひと頃推し進められていた住基ネットと同じような立ち位置になっている感があります。大々的にぶち上げたのに尻すぼみ…。ここをしっかりするだけで事態はずいぶん変わります。

直ちに改善しなくてはいけないと思うのは、マイナンバーの機能を最大限に広げ、透明性を高めることです。ところがプライバシー侵害だとか、なりすまし、情報漏洩などの脆弱性を主張するものに押されてしまっているからなのでしょうか、そうすることによって都合の悪いことが起こる人が多いのでしょうか、まったくと言っていいほど進展が見られません。

そうしてしまうことで結果的にズルズルと不正の改善を先延ばしにしています。その損失は大きいと思います。私たちの血税が横取り、搾取されているのです。そのことについて、関係行政機関に損害賠償請求訴訟を起こしてもいいのかもしれません。何にでもリスクはあるものです。運用しながら対策をしっかり立てていけばいいのです。

マイナンバーカードや健康保険証等の本人を確認する必要があるものはすべて顔写真入りにし、更にICチップの中に指紋などの生体データも記憶させておけば偽造も減ると思います。できるはずです。そうするべきです。

こんな事をねちねちと記していると(笑)、日本って本当に先進国なのか?と思ってしまいます。情けなさすぎです。もっとキチッとするべきです、特にお金のことは…。

まぁ僕がそんなこと言っても全然説得力ないなぁ…(笑) いい加減な確定申告だし…。(笑) もうすぐ12月…。


ついでに言うと、ネットの世界ではよく言われているようですが、スパイ防止法を早く制定しましょうよ。日本はスパイ天国だと言われています。そして自分の国に不利益になるようなことをしている外国人も何らかの対応をとるべきだと考えます。

悪い外国人追放! そのための法整備を早急に! しっかりしろよお役所!

これはタイであろうと日本であろうと、どこの国でも同じですわな。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

外国人にお部屋を貸すときのリスク

2018年4月 帰国 


外国人にお部屋を貸すときのリスク

やはり物件購入は、この目て見てからにした方がいいです

帰国4日目
期待いっぱいで、雨の中。駅が遠かったのですが、紹介された山手線内の大塚物件。問題がなければ買い付けの話を進めていくつもりでした。

現場について、エントランスに入ると、
んんっ? これは何だ?

P1110582.jpg


たまたまそこで、その荷物を置いた◎国人らしき青年が、僕に何か尋ねてきました。どうやらここに物を置いてはいいかと、僕に許可を求めてきたようです。 ?

ここはエントランス。少し奥に置くといいとアドバイスして、どこの国の人かを聞いてみました。やはり◎国の人でした。

奥のごみ置き場を覗いてみると、ほかの物件ではあまり見られない場所にも物が放置してありました。

P1110583.jpg


確かに大塚や日暮里あたりは◎国人が多く住んでいると聞いています。実際こんな風になっているのですね。その片鱗をこの目て見たような気がしました。

ゴミ置き場も多少乱れていました。。

P1110584.jpg


外国人にお部屋を貸すときは、言葉が主な原因かと思われますが、明らかにリスクがあると考えます。リスクと対策を考えてみたいと思います。

1. 賃借人以外の人が、居住する
また貸しをして、違う人が住むだけではなく、複数の人が契約内容を違反して住んでしまう。その分お部屋が汚れやすくなり、リフォーム費用が高くなります。

2. 保証人があてにならない
日本人を保証人にしてくれれば多少安心ですが、日本に住む同国人を保証人にした場合は、帰国されていることがあり、連絡もつかなくなります。家賃保証に入ってもらう必要があると思います。

3. 室内で騒ぎ、周囲に迷惑をかける
深夜など時間を気にせず、何人かで大声で話し、近隣の居住者に迷惑をかけてしまう。近隣の退去の原因になる。

4. 退去の連絡をしないで、いつの間にか帰国してしまう
後は大家さんがやってくれるだろうと勝手に判断し、お部屋に残存物を残してそのまま帰国してしまうことがあるようです。日本では、賃借人のお部屋に大家や業者様が勝手に入ってはいけないことになっており、残っているものも勝手に処分してはいけないことになっています。ずるずるそのままにしておくより、本人や保証人の連絡がつかない場合、早急にお部屋に入り、残存物などの処理を行い、原状回復工事を直ちに行い賃借人を募集する方がいいと思います。それでも出費はかさむでしょう。


幸い、今まで僕の所有物件に、外国人のこのようなトラブルはありませんでした。でも、現在所有物件のいくつかは◎国人やベ◎ナム人が住んでいます。

こういうことを記すのって、レイシズムなんでしょうか?
こういう記事は特定の人に対して、嫌がらせやいじめ、暴力をしているわけではないと思います。逆に迷惑をするのは大家であるこっちの方やその周辺に住んでいる人達です。

道理に合わないことは、どなたであれ正してもらうに、はばかることはないと思います。


廊下には、今出ていこうとしていた、これも◎国人の荷物がありました。

P1110585.jpg


建物そのものに問題はなさそうでしたが、この物件は外国人の居住が多いのは、すぐ分かりました。これは、日本人が知らないで住み始めたとしても、すぐ退去するだろうな…。

P1110586.jpg


そしてトドメがこれでした。

P1110588B.jpg


日々の生活音についてのお願い とあります。
その下は、ありがちな騒音についての苦情があると思わせるような典型的ともいえる内容の注意喚起がされていました。

でもこれって、日本語で掲示しても意味ないんじゃない?

僕の山手線内物件を持つという夢は、こうしてはかなく消えてしまったのでした…。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク