FC2ブログ

バイクでプラッチュアップキリカンを周ってみました

2018年3月 プラッチュアップキリカン旅行


バイクでプラッチュアップキリカンを周ってみました

海には随分漁の船が出ています。

P1110384.jpg


その帰り道。魚のセリ場?があったので、バイクを停めて見てみました。捕れたての魚はどんな種類でしょう?

P1110385.jpg


意外にも、極彩色な魚は見当たらず、日本でもよく見る、サバやアジ、

P1110386.jpg


そしてカマスも捕れていました。新鮮でおいしそうな魚たち…。シーフードをいただきたくなります。

P1110387.jpg


街に戻ります。今回はあまり遠出ができませんでした。暑すぎでした(笑)この街のシンボル的なカオクラチョク。この上に登ることができるということですが、暑くてそんな気は全然起こりませんでした。(笑)

ここにいる猿は物を持っていると奪いに来る、要注意なカニクイザルのいるところです。

P1110388.jpg


街の中にある市場に居たプラッチュアップキリカン猫。ダチョウやメガネザルに引き続き、動物が気になる旅行者でした。ちなみにプラッチュアップキリカンと言うのは「山の群に出くわす」という意味で、土地の人たちは長い地名なので、プラッチュアップといくぶん省略して(笑)言っているようです。

P1110389.jpg


街にガソリンスタンドは確か2か所しかありません。それも外れにあるので探しました。ここはカオチョンクラチョクのすぐそばにあるガソリンスタンドで、コンビニが併設されていました。

P1110390.jpg


プラッチュアップキリカン北部地図


宿泊もしたユッテチャイホテルにバイクをへ返却し、バンコクに戻る乗り合いワゴンを予約しました。連れの方はこの後何泊かしてバンコクに戻るということなので、用事があった僕だけ先に帰ることになりました。

P1110391.jpg


ロットゥー(乗合ワゴン)はホテルの前まで来てくれたので助かりました。早速発車です。

P1110392.jpg


バンコクの終点サーイタイガオはタイの南部方面へ行く、サーイタイマイというバスターミナルの近くにあります。到着まで4時間30分かかりましたが、列車だと6時間もかかることを思えば、座席は窮屈でしたが、こっちの方が良かったかと思いました。

P1110393.jpg


40番のバスに乗り、自宅のすぐ近くのバス停まで一本で帰りました。写真が震度7ですみません…。

P1110394.jpg


バスの料金は21バーツ(約68円)。ロットゥーの料金は忘れましたが、タイの交通費はとってもありがたいです。

P1110395.jpg


数日後、同行したもう一人のお方も同じようにサーイタイガオからバスに乗って帰る予定でしたが、乗った511番のバスが途中から高速道路に乗るバスで、車掌さんに降りるよう言われてしまいました。その後に乗った40番のバスは、丁度夕方6時頃の大ラッシュに巻き込まれ、バスを下車して、最寄りのBTSの駅まで歩いて、電車で帰ったのでした。

バンコクのバスと、渋滞は一筋縄ではいかないので、皆様、くれぐれもご注意してください。


2018年3月プラッチュアップキリカン旅行 おわり

次は2018年3月パタヤ・サタヒップ旅行です。またしても珍しいタイ国内旅行です。 (笑)


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

プラッチュアップキリカンの名物お猿はメガネザル

2018年3月 プラッチュアップキリカン旅行


プラッチュアップキリカンの名物お猿はメガネザル

タイ国第5航空団歴史公園の石浮き彫り絵やその周辺の景色を味わいました。

P1110357.jpg


記念碑に記されているものも確かめてみました。

P1110358.jpg


せっかく来たので、展示されていた軍用機のそばまで行って見ました。この日も暑い日でした。

P1110359.jpg


P1110360.jpg


大戦後に使われたアメリカ製のものばかりでした。

P1110362.jpg


いよいよ楽しみにしていた、もう一つの目的地に向かいます。すぐ近くにありました。この岩の上にいる猿の像ではありません。

P1110364.jpg


いましたいました。期待を裏切らないでいてくれました。うひひ(笑)

P1110365.jpg


実はこの場所には、タイでよく見られるカニクイザルではなく、メガネザルがいるのでした。

P1110366.jpg


手に持っているのはトウモロコシ。猿が集まるところの道なりにエサを売っている場所がありました。売っているのは基地の中なので、もちろん兵隊さんです。平和です。

P1110368.jpg


坂を上がってみるとこんなところもありました。これは何を意味しているのでしょう?

P1110372.jpg


たくさんいた猿はおとなしく、よくいるカニクイザルのような気性の荒さは見られませんでした。これは見どころです。お薦めスポットでした。

P1110376.jpg


このサルのいる山は、カオロンムアク?と言うみたいです。

P1110377.jpg


その後は基地を離れて、バイクで少し遠出してみました。北に向かいます。

プラッチュアップキリカン北部地図


カオタモンライ森林公園。地名の正しい読み方は不明です。

P1110378.jpg


タイ南部によく見られる、特徴のある山と海岸。絶景です。

P1110379.jpg


見応えのあるところでした。

P1110380.jpg


さらに北に行くと、突然立派なお寺が…。ワットアオノイ。

P1110381.jpg


新しく、きれいな建造物がなぜこんな場所に…。これもタイのあるあるです。

P1110382.jpg


その近くには、記念碑もありました。

P1110383.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録4yq\

石浮き彫り絵と慰安婦像を比較して考える

2018年3月 プラッチュアップキリカン旅行


石浮き彫り絵と慰安婦像を比較して考える

ん~。今回の記事はマジメですなぁ~(笑)

3月16日
午前中に空軍基地内にあるアオマナオのビーチを堪能して、お昼ごはんは再び「富士山」でいただきました。

P1110347.jpg


昨晩、日が暮れてからこの地に到着したので、よく解らなかった街の様子を改めて見てみました。人の姿はあまりなかったのですが、落ちついていていい感じ。好感が持てました。

P1110348.jpg


午後は、一人でもう一度アオマナオに戻りました。

P1110349.jpg


P1110350.jpg


「富士山」の店主さんから薦められていた場所に向かいました。ところがその目的地がどこなのかがよくわかりませんでした。何度か行ったり来たりして、ようやく見つけることが出来ました。

目的地の入り口には門番がいて、パスポートや免許を預けて首掛け式の許可証を預かって入場しました。
僕が来たかったところについに来ることができました。

P1110351.jpg


この場所が、先の大戦で日本軍が上陸したところなのでしょうか。感慨深いものがありました。詳しいことは、この旅行記事シリーズの最初にある、「いわれ深いプラッチュアップキリカンの浜辺」に記してあります。

P1110352.jpg


碑文には、日本語もありました。「仏歴2484年(1941年)12月8日」の英雄の勇敢な行為……。と刻まれていました。日本軍と戦ったタイ国軍の皆さんも若い人が多かったようです。

このような記念碑については、戦争時、他国に迷惑をかけたことへ、日本人として何のわだかまりもなく心から謝罪の念を持つことができるのではないかと思います。

しかしながらこういうものを見るにつけ、近隣某国の慰安婦像設置については遺憾に思わざるを得ません。史実の検証があいまいで、確固たる証拠がないとも言われているのに、一方的に我が国を恥辱に貶めるような像をこしらえ、こともあろうに日本大使館の前にこれ見よがしに設置しました。しかも自国だけでなく、方々の国に像を立てて、まさに人の道を外れる、あり得ないような嫌がらせをしています。慰安所については、もう70年以上の前にあったことです。

最近(22日)サンフランシスコに設置された慰安婦像の一周年を記念して、設置場所の公園で「日本は謝罪しろ」等と声を上げ、デモ行進をしたということです。こともあろうに日本からも支援者(含む日本人女性)が参加したというではないですか!

慰安婦と同義のようなことを現在も行っているのは、まさにかの国です。僕たちの国では、できれば隅に置いておきたいような恥ずかしいことでも、かの国にしてみればそんなことは関係なく、更にベトナム戦争で連合軍として戦ったかの国の人たちが残した、ライタイハンのことなどを振り返りもせず、狂気じみたことをやめることをしません。

そういうことを見ていると、こっちの方が恥ずかしくなってしまいますが、黙っているだけでは何をし始めるかわからないという、隅に置けない状態がずっと続いているという、面倒な事になっています。


写真の石浮き彫り絵の裏側には、停戦条約締結の様子も描かれていて、タイの人たちの心遣いが見えて来るような気がしました。この場所に両国の国旗を掲げて友好を示すこともあるようです。やっぱ、かの国とはえらい違いですわな。

P1110353.jpg


公園の周りには、いくつかの飛行機が展示されていました。

P1110354.jpg


記念碑もいくつかありました。

P1110355.jpg


日本軍がこの場所に上陸したのはまさに1941年12月8日、真珠湾攻撃の日なのですが、丁度その時期はタイのベストシーズン。日本の兵隊さん達は、この素晴らしい景色を何と思いながら進軍したのでしょう…?

などなど、思いを巡らせながら、歴史的なこの場所に立つことの意味を考えてみました。

P1110356.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

素敵なビーチは空軍基地の中にありました

2018年3月 プラッチュアップキリカン旅行


素敵なビーチは空軍基地の中にありました

レンタルバイクを借りて、2人でビーチ巡りをしました。街で一番のビーチはアオマナオと言うところ
で、マナオはライム、アオは湾の意味なので、そのまま訳すとライム湾という爽やかそうな場所。

でもそこは、タイ空軍の基地の中にあるのでした。地図四角形の場所がそうです。


プラッチュアップキリカン地図


ゲートには門番の兵隊さんがいて、入場には記帳が必要でした。下の写真は、ゲートのそばにある記帳所から撮りました。看板の右横に門番さんが立っています。

P1110332.jpg


名前、パスポート番号入場時間などの記帳を終えて、基地に入ります。天気はそんなに悪くなかったのですが、もやがかかっていて視程は少し悪いようでした。

P1110333.jpg


ウイング5と呼ばれている基地の中のアトラクション案内がありました。地図の中にある十字は滑走路です。

P1110334.jpg


入り口すぐそばには空軍基地に必ずある、軍用機の展示。日本じゃ何かとこういったものに反対と小うるさい人たちがいるようですが、軍隊は備えですよ、丸腰ではいけません。

持っていると闘いたくなるものだというのもあり得ないでしょう、災害派遣や訓練などで実際に体験しているので、軍隊の人たちほど死ぬことの惨さや、生きることの大切さを知っている人たちはいないと思いますよ。軍隊は必要です。本当に要らないのは余計な事ばかりしているユニオンの方ですわな。

P1110335.jpg


アオマナオのビーチに着きました。

P1110336.jpg


アオマナオビーチです。いかかですかこの景観。光線の具合が今一ですが、大気がクリアな日にはさぞかし美しいことでしょう。そして何より、うじゃうじゃしている団体さんなんかまったくいない…。

P1110337.jpg


途中でバイクを停めて、キーを抜くと、あれっ?
抜いてもエンジン止まらない…。どのポジションからでも抜けるキー。 (笑)
そういうことは最初にユッテチャイホテル…。

P1110338.jpg


もう一度少し違う場所でバイクを停めてビーチに出てみると、遠足でしょうか?小学生?たちがたくさん泳いでいました。

P1110339.jpg


白人も少しだけいて、ビーチを楽しんでいました。若者たちが大勢ビキニに姿で闊歩するクラビのアオナンビーチとは全然雰囲気が違います。アオナンも好きですが、ここは落ち着いていていいところでした。

P1110340.jpg


P1110341.jpg


奥の方へ行くと再びゲートがあって、そばにまたまた軍用機。

P1110342.jpg


引き返してくると、ご一緒した方が、いきなりダチョウがいると言い出しました。ビーチにダチョウ?砂漠でないの?  
ホントにいました(笑)しかも紫色のお化粧。

P1110343.jpg


P1110344.jpg


連れの方(男性)が、小屋に詰めている兵隊さんからエサを買って、アオマナオ動物園で動物とふれあいタイム(笑)

P1110345.jpg


ダチョウだけでなく、鹿?ヤギ、などが勢いよく集まってきます。基地内ですがお店も結構出ていて、食堂もありました。立派な基地内観光施設になっていたのでした。

P1110346.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

「竹亭」から生まれ変わった「富士山」を訪ね、海岸へ

2018年3月 プラッチュアップキリカン旅行


「竹亭」から生まれ変わった「富士山」を訪ね、海岸へ

結局6時間かかった列車の旅。もう駅の外は暗くなっていました。

P1110316.jpg


P1110317.jpg


お宿は何も考えていなかったので、駅の近くにあったユッテチャイホテルに泊まることにしました。確か一泊500バーツ。お部屋を見せてもらい、エアコンや温水シャワーをチェックし、仲間の方の御承認を得て、古いお宿でしたが泊まることにしました。

P1110318.jpg


宿に荷物を置いて、すぐさま、目的地である和食レストラン「富士山」へ。少し歩きました。

P1110319.jpg


プラッチュアップキリカン地図


店内はお客さんも多く、活気がありました。 早速いただきます。

P1110321.jpg


でも、なんで以前からのお店の名前「竹亭」という屋号を使わなかったのでしょう?店主の橋本さんは、山梨県の竜王のご出身、それだから「富士山」というのも納得なのですが…。

P1110322.jpg


お店をたたんでこの地に来た、いきさつも少し話してくれました。以前シーロムにあった「竹亭」でも、何度かいただいたことがあり、その時からお話はさせてもらい、ブログのリンクもさせていただいています。

美味しい和食をいただいて、お元気そうな店主様ともお話することが出来たので、安心して宿に帰りました。

しかしこの街、お店も結構並んでいて、道も広めなのに車の通りが全然ないので驚きでした。田舎に行くと夜が早いということなのでしょうか?

P1110323.jpg



翌日、3月25日。
2人で海岸に出てみました。レンタルバイクもホテルで借りているので移動は快適です。

P1110325.jpg


人がほとんどいなくて、落ち着いていてたっぷりビーチの眺めを味わえる、いい所だと思いました。

P1110326.jpg


P1110327.jpg


祠や、

P1110328.jpg


海を見渡すための案内、

P1110329.jpg


そしてこの地のいわれを記念する掲示物など、いろいろと見てみました。

P1110330.jpg


少し霞んでいて、視界は今一でしたが、障害物に遮られれない解放感と、自然の風景をたっぷりと堪能しました。

P1110331.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク