少しずつお仕事から食べるだけに(笑)

2019年1月 沖縄帰国


少しずつお仕事から食べるだけに(笑)

2日目1月17日
県立図書館の横にあった大きな岩が気になりました。これはその昔この辺りも海だったということの名残だそうで、仲島の大石という名前で、ご神木ならぬご神岩?としてあがめられているようです。

DSCN1588.jpg


夜は宿の畳の上で、まったりと泡盛を味わいました。沖縄にはいろいろな泡盛があります。本島ばかりではなく、宮古島であれば「松の露」有名な「久米仙」は尋ねたこともある久米島の泡盛ということで、たくさんの銘柄があり、味わいもかなり違います。

それぞれの銘柄がどこの土地のものであるのかを知ることも泡盛を味わう一つの楽しみになっています。このところは読谷村のその名も残波岬の近くに酒蔵がある「残波」を呑むことが多くなりました。独特の風味があり個性的な香りか強いお酒ですが、それが一つの味わいになっていて、僕好みの泡盛になりました。

DSCN1590.jpg


いい気分になってきたので、宿を出てゆいレールに乗り込み、古島駅を降りてお寿司もいただきました。

DSCN1591.jpg


またまた食べていますね~。食べるために帰国していますよね。(笑)

DSCN1592.jpg


3日目1月18日
この日の天気は晴れ。またまた日本でできる仕事を行います。

DSCN1593.jpg


今回はお金の管理です。みずほ銀行で行いました。郵便局も近くにあるので何かと便利です。

DSCN1594.jpg


国際通りの入り口にみずほ銀行があります。

DSCN1595.jpg


DSCN1596.jpg


沖縄に行けば日本で行える仕事はできますが、残念ながら三菱UFJ銀行がありません。探しているのですが信託銀行だけのようです…。

カードローンの端数を入金しました。これで完済です。端数は自動で返済できないという、少し面倒なシステムになっています。ともあれこれで借金は完全にありません。またまた無借金大家です。お金は借りても数カ月ですぐ返済します。基本借金はしません。

DSCN1598.jpg


ゆいレールの一日乗車券も残り数分で時間切れ。乗ったときは使えても、降りたときに時間切れの場合は、料金が発生するということを駅員さんから教えてもらいました。

DSCN1599.jpg


ということで電車に乗るのをやめて、お昼ご飯は国道58号線を渡って食堂三笠へ。

DSCN1600.jpg


いただいたのは、久しぶりなとんかつ定食でした。もちろん揚げたてです。作り置きではありません。サクサクでした。

DSCN1601.jpg


その後は美栄橋方面を歩き国際通りへ。激安宿泊場所を発見。でもこのお宿激安な宿泊はいつもできるというわけではなさそうでした。

DSCN1602.jpg


国際通りもいい天気です。

DSCN1603.jpg


いつものマックで一休み。ちょっとだけ読書もしました。地面師のお話です。売主に化けて売買代金をだまし取る、この古典的な手法で一部上場企業が社長案件として騙されてしまうという痛快さ(笑) でも、大家さんにとっても怖いお話なのです。

DSCN1604.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

1月、冬の沖縄・那覇の街を歩く

2019年1月 沖縄帰国


1月、冬の沖縄・那覇の街を歩く

2日目1月17日
2日目は日本でできることをやっておこうと思いました。当然のことながら沖縄県は日本です。しかもタイから一番近い日本ということで、東京や大阪まで行かなくてもここでできることがあります。遊びに来ているわけではないということも記しておきたいと思います。


駅に向かう途中の郵便局にあったアルバイトの急募を見てみました。時給790円です。依然として沖縄の賃金レベルは全国最低のようです。東京じゃコンビニなどですが、時給1000円オーバーは当たり前ですからね。

わたくし事ながら、5年以上前に羽田空港で働ていたときも時給1000円は貰っていたので、この募集要項を見たときは、ずいぶん安いなと思いました。その分沖縄は物価も安くていいのですけどね。

DSCN1580.jpg


曇り空の1月17日。沖縄の冬ですが、流石に肌寒く、薄手のダウンジャケットを着て歩きました。

DSCN1581.jpg


まずはゆいレールのおもろまち駅を降りて、散髪。タイでやってもいいのですが、日本で切ってもらった方が確実なのでだんだん日本で切るようになりました。このお店だと1200円。タイの同じようなイージーカットというお店で切ると120バーツ、つまり約420円になります。

僕もだんだんリッチで贅沢になりました(笑顔)

DSCN1582.jpg


髪の毛がすっきりした後は、同じ建物(サンエー那覇メインプレイス)の中にあった餃子のお店でいただくことにしました。

DSCN1583.jpg


餃子の王将から派生したお店ですよね。多少お上品な感じでした。美味しかったですよ。餃子の王将ファンですから。メニューも定番すぎな中華丼と餃子(笑)

DSCN1584.jpg


その後は、またゆいレールに乗って壺川(つぼがわ)駅で降り、年金事務所に行って話を聞こうと思いました。

DSCN1585.jpg


年金相談は、予約ですべて時間が埋まっていて、しばらく待てば相談できる可能性があると言われて待ちましたが、いくら待っても空きそうにありませんでした。休憩がてら椅子に座ってテレビを見ていましたが、残念でした。年金に関することがこんなに手間がかかるのかと思わされた体験でした。

今は、おかげさまで順調に2カ月に一度、年金は支給されています。これを記しているのは8月11日、あと数日で偶数月の15日、支給日になります。楽しみにしています。(笑顔)


その後は旭町駅につながっているバスターミナルに行きました。県立図書館のある建物です。

DSCN1586.jpg


県民投票の告知がありました。この県民投票は当時大きな議論を巻き起こしたので、僕も大変興味深かったです。

DSCN1587.jpg


辺野古の基地建設のための埋め立てについての賛否を問う県民投票だったのですが、その理由と方法の内容に、突っ込みどころがありすぎでした。まず、選択肢が賛成と反対だけで、これについて議論が起こりました。

僕の思いとしては、賛成と反対だけならば皆さん反対に票を入れるのに間違いない、そんな投票ならしても意味はないと思いました。本来ならば米軍基地はない方がいいというのは僕も賛成です。

あ、長くなりそうなので(笑)、ここでひとまず今回の記事を終わりにします。この続きは次回に更に盛り上がる予定です。投票後の結果ついても語りたいと思っています。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

沖縄でもキンキンノンノン(大笑)

2019年1月 沖縄帰国


沖縄でもキンキンノンノン(大笑)

1月15日
14日にクラビから帰ってきて、15日に沖縄ですか…。我事ながら、

どんだけ~  (大爆笑)

クラビに行ったときの仲間たちとプラカノン43の、このところ大盛況のレバ刺し屋さんで、レバ刺し(普通の焼き肉店は200~300バーツ。ここは70バーツ)や豚しゃぶしゃぶをお腹一杯いただいて、

DSCN1562.jpg


そのままアパートに戻り荷造りをしてエアポートリンクのマッカサン駅経由でスワンナプーム空港へ。

DSCN1563.jpg


空港に到着、慌ただしい夜になりました。

DSCN1565.jpg


おおっ? 那覇行き便の発券カウンターに並ぶと前の白人さんは、米空軍のお方のようでした、普天間基地はマリーンズ、つまり海兵隊の基地なので、このお方は嘉手納基地にお勤めの方でしょうか?

DSCN1566.jpg


タイの空港なのに、「その手荷物、危険物です!」という日本語が。

DSCN1567.jpg


機内持ち込みのバックパックは5.1㎏。余裕です。このところずっと荷物を預けて到着後ターンテーブルからピックアップすることはまったくなくなってしまいました。したがってロストバケッジ(預け荷物紛失)クロスピックアップ(取り間違い)などのトラブルはまったくありません。

DSCN1568.jpg


ボーディングゲートはほとんど一番奥(笑)かなり歩きます。いい運動です。

DSCN1569.jpg


ボーディングの時間になりました。夜中の1時半ですね。

DSCN1570.jpg


お席は今回通路側の28D。しかも隣は空席でした。ラッキーです。

DSCN1571.jpg


DSCN1572.jpg


そうして出発。この便は約4時間半のフライトで那覇空港に到着するのですが、飛んでしばらくするとすぐ空が白み始めます。ほとんど寝られず着いてしまうといった感じです。

DSCN1573.jpg


1日目1月16日
那覇空港に到着。今はなきLCCターミナル。貴重な写真です。今はもとの倉庫に戻っているはずです。

DSCN1575.jpg


空港食堂は残念ながら開店前でした。

DSCN1576.jpg


で、(確か)別の食堂でいただいた、ハンバーグカレー。見てください、ちゃんと沖縄カレーの特徴があります。お蕎麦屋さんのような黄色いカレーが沖縄カレーのオリジナルです。

DSCN1577.jpg


いつものお宿に到着後、そのまま寝込んでしまい、起きてまた何もしないうちに焼き肉店へ(笑)そして定番な豚ホルモン食べ放題(笑)寝て起きたらすぐ食べますか?

まさに食っちゃね食っちゃね、タイでも軽蔑されるキンキンノンノンにどっぷりハマっていますね~。

DSCN1578.jpg


これが楽しみなのでした。でもたくさん食べすぎですよね。暴飲暴食、この先どうなるのか…。

DSCN1579.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

ハゲ山を見て、深く思い入れをする僕の石垣島の旅

2018年12月 沖縄と久し振りな大阪の街を堪能した帰国


ハゲ山を見て、深く思い入れをする僕の石垣島の旅

11日目12月18日
空港からそんなに離れていない、ハゲ山のような小山。石垣島に来たなら必ずここにも来たかったのです。僕の中の憧れの場所?このハゲ山が?

DSCN1223_2019071011203909f.jpg


実はこの山、カーラー岳と言いまして。その昔日本にパラグライダーが普及し始めた頃、某有料放送局がどういったつてで当時は珍しかったこのスカイスポーツを取り上げたかのは知る由もありませんが、趣味口座として教育チャンネルで何回かに渡って放送していました。

その影響力は大きく、僕のようなぼんくらも一念ホッキしてしまうのでした。その前は少しばかりゴルフをしていましたが、ボールが全然飛ばないので、僕自身が飛べばいいと思ったわけです。(笑)

まあ、言ってしまえば道楽に過ぎないのですが、パラグライダーは僕にとって信じられないぐらい魂を揺さぶらせる、大きな体験になりました。単なる道楽を超越していました…。

自分の身体が上昇気流に乗っかって、万有引力に逆らって空高く上昇していく…。
そのときの感覚は言葉にはできません。まさに「天空の城ラピュタ」の世界でした。

そんな素晴らしい体験を導くことになったテレビ番組で、舞台になったのがここカーラー岳なのでした。うまく上昇気流に乗れば、この低い山から雲の真下まで上昇することができます。ホントです(笑)トンビのように風を捕まえて上昇しながら飛ぶことを、ソアリングと言いいます。

この山を近くで見たとき、ああ、ここがあのカーラー岳か…。また飛んでみたいなと思ってしまうのでした。でもここってハブもいるんでしょ(笑)


石垣新空港を通り越して、レンタカーを返しました。半日借りただけでした。

DSCN1224_201907101121383e1.jpg


空港まで送迎をしてもらって、

DSCN1226_2019071011213782d.jpg


ボーディングを待ちます。この時はもう結構くたびれていて、クリスマスどころではありません。(笑)

DSCN1228_20190710112137139.jpg


那覇に戻ります。半日だけの石垣島観光でしたが、結構中身の濃い旅でした。川平湾で見た素晴らしい海はこのときもまだ強い思い出として残っていました。

DSCN1229_20190710112136c4a.jpg


この飛行機で那覇に戻ります。

DSCN1230.jpg


DSCN1231.jpg


座席は18A。

DSCN1232.jpg


搭乗率はもう驚きません。またまたガラガラの空席だらけでした。心配してしまうくらいでした。

DSCN1233.jpg


DSCN1234.jpg


那覇空港に着き、一階のお得な空港食堂へ。

DSCN1235.jpg


空港なのに街の値段とほとんど変わらないこの食堂は、知る人ぞ知るな場所だと言っていいと思います。

DSCN1237.jpg


DSCN1239.jpg


乗ったばかりなのにまた飛行機(笑)でも、成田から程きつくはありません。4時間ちょっとでバンコクですから。

DSCN1240.jpg


DSCN1241.jpg


またまた窓側の席でした。

DSCN1242.jpg


バンコク、スワンナプーム空港からはタクシーです。やっぱタクシーはなるべく避けたいのですが、この空港ではほかに術がありません。ドンムアン空港でもそうですが、今度バイクで帰ってみてもいいかな(笑)帰ろうとしたらバイクが盗まれてなくなってたりして(笑顔)

DSCN1243.jpg


バンコクの自宅到着は、夜中の1時半頃でした。お疲れ様な最終日。石垣島も行きました。今度は宮古島かな…?

DSCN1244.jpg


2018年12月 沖縄と久し振りな大阪の街を堪能した帰国をこれで終わります。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

僕の中の最高な海はここ日本の石垣島にありました

2018年12月 沖縄と久し振りな大阪の街を堪能した帰国


僕の中の最高な海はここ日本の石垣島にありました

11日目12月18日
石垣島。次は琉球真珠のお店の駐車場に車を停め。海を間近で見てみました。

DSCN1211.jpg


なかなかきれいな海でした。

DSCN1212.jpg


駐車場から近かった川平湾(かびらわん)にも行けそうなので、歩いて行くことにしました。海岸沿いに遊歩道がありました。しばらく歩くとそこは…。

いやいや驚きました。ハワイのラニカイビーチやタイのアンダマン海でも見ることができなかった、最高な透明度の美しい海がそこにありました。今まで海の透明度にはこだわりを持ち続けていたのですが、間違いなく僕の中で一番の見ごたえのある海でした。

DSCN1213.jpg


この写真では残念ながらはっきりわかりませんが、海水の上に船が空に浮かんでいるように見えるレベルの海がここにありました。

DSCN1214.jpg


砂浜の白さも一ランクレベルが高いので、海が一層素晴らしく見えました。とまっている船は船底から船の下の海を見ることができる観光船で、今になってみればこれに乗っておけばよかったと思います。

DSCN1215.jpg


しかし、12月の太陽がそんなに高くないこの日ざしでこの素晴らしさなら、真夏のこの海はさぞかし素晴らしいことでしょう。ダイビングスポットとしてもここが素晴らしい場所だというのは、後にバンコクで元ダイバーさん(笑)からも聞きました。

この場所をしばらく味わわせてもらいました。これは貴重な場所です。

DSCN1216.jpg


まさに別世界の海。思わぬ自然のプレゼントに息をのむ程でした。

DSCN1217.jpg


DSCN1218.jpg


DSCN1219.jpg


この後も何度か沖縄には来ましたが、たまたま見た現地の新聞に、大雨の後に陸から土砂がこの海に流れ出して、美しさが台無しになったという記事を見ました。

もう元の美しさに戻っているかと思いますが、多少の雨に影響されないような対策をとる必要があるかと思いました。


その後は、車を時間一杯まで北に向かって走らせました。できれば島を一周したかったのですが、時間切れ。この場所で右折して戻ることにしました。

DSCN1220.jpg


次の目的地はここでした。

DSCN1222.jpg


ん…?

何ですかこのはげ山みたいな山は…。 川平湾のハイレベルな海からここですか…。

全景です。

DSCN1223.jpg


この山がなぜ目的地になったのかは?


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク