バンコクのコンドミニアムのを内見してみました プラカノン編2

バンコクのコンドミニアムのを内見してみました プラカノン編2


前回の記事では、プラカノン駅周辺のハッピープレイスタワープラカノンコンドミニアムスクンビットマンションを見て回りました。中には売り物件のないアパートメントもありましたが、お家賃は総じて低めで、庶民の街と言った雰囲気がまだ色濃く残っているのがこのエリアだと思います。
 
一つ隣のオンヌット駅周辺は既にたくさんのコンドミニアムが建設されていて、お家賃が高くなったトンロー、エカマイあたりから流れてきたと思われる日本人もたくさん住んでいます。

オンヌット駅は長い間、BTS(スカイトレイン)の終点駅でしたが、それがベーリンまで延伸、更にサムローン、そして現在の終点ケーハ駅まで延伸しました。数えると14駅も伸びたことになります。

オンヌット駅から向こう側は結構コンドミニアムが建設されているのですが、一つ手前のプラカノン駅は、不思議とまだ未開発なところが多いのです。

そこで今回は、プラカノン地区のスクンビット通りソイ71。俗称ピーディーの少し奥にあるコンドミニアムを紹介したいと思います。

アジアンタワー
場所はピーディーソイ16。正確に言うとPridi Banomyong(プリディパノムヨン)ソイ16を入ったすぐ右側にあります。グーグルマップにはなぜか建物の表記がありません。

s-IMG_20190709_140613.jpg


スクンビット通りから少し離れますが、そんなに遠いという感じではありません。ここまで離れると徒歩でと言う訳には行きませんが、ピーディーにはシーロー(乗合軽トラック)やソンテウ(乗合トラック)そして乗合バスも通っています。

このコンドミニアムは内見ができました。

s-IMG_20190709_135315.jpg


間取りはいわゆるワンルームですが、僕の持っている東京の15平米のワンルームマンションとは訳が違います。40平米はあるとても広いスタジオタイプのお部屋です。

広めのベランダはタイでよくあるミニキッチンがありました。洗濯機もここに置くことになります。

s-IMG_20190709_135325.jpg


トイレとシャワー。バスタブはありません。それが一般的なタイのスタイルです。

s-IMG_20190709_135337.jpg


入口の扉はなんと2重になっていました。

s-IMG_20190709_135527.jpg


このお部屋が125万バーツ。毎月払う共益費は月額500バーツです。約1700円なのです。東京のワンルームマンションの共益費の約10分の1な安さ。しかもこの手のコンドミニアムは駐車場が無料のところが多いです。

ベランダをぶち抜いて、隣の区画とつなげたお部屋も見せてもらいました。(一番上から2番目の写真)そのお部屋は250万バーツでした。(2019年8月現在)

このコンドミニアムがあるソイの入り口にはセブンイレブンがあり、近くに大型スーパーがマクロとマックスバリューの2店舗もあります。生活するうえでは大変便利なコンドミニアムだと思いました。

難点
上記のあるようないいことばかりではありませんでした。まず、建物がかなり古く、廊下が暗いのが気になりました。外観はタイル張りで見栄えは悪くないのですが、中に入ると臭いもあり、悪い言葉ですが陰気クサイ感じは否めませんでした。

このコンドミニアムはお知り合いの日本人が住んでいます。それもあって見てみたいと思ったのでした。全体的には価格も安めなので、臭いのや暗いのを我慢すれば(笑)いいかと思います。

オフィスの女性がフレンドリーでよかったことも記しておきたいと思います。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

バンコクのコンドミニアムのを内見してみました プラカノン編

バンコクのコンドミニアムを内見してみました プラカノン編


バンコク在住ワンルームマンション大家の日記と銘打ったこのブログ、このところすっかり旅と帰国の旅行記になってしまっています。大家さんとしての不動産関係の話がまったくなくなってしまいました。

それほどワンルームマンション大家というのは、何もしないでもいいというわけではないのですが、こういう風に業務内容についての記事が何もないことが続くと、傍で見ている皆様方にはそう思われても仕方がないのかも知れません。

業務内容については過去の記事がそこそこ貯まっています。全然ないわけではありません。


確かにますます大家さん業は順調で、特筆するような面白いことがなくなってきつつあります。楽ちんです。すみません…。毎月お家賃と最近は年金が確実に入金されています。最高です!すみません…。

そういう訳ですので、業務拡張を兼ね、思うところもあり、自分自身で住むための(実需)お部屋を買おうと思い始めました。


ネットやフリーペーパー等のタイ不動産関係の情報は、業者様がらみの新築物件が中心のように思われます。タイの人も新築物件に強い関心があるようです。

そこで僕としては立地コスパを重視した(築古)中古物件を探し、実勢価格やお部屋の状態を調査していきたいと考えています。
まだ、10部屋程度しか見ていませんが、とりあえずその内容を綴り、何が一番お得かを考えていきたいと思っています。


まずは、僕が買えそうなエリアを決めることから始めました。このところ盛んに立てられているコンドミニアムはBTSスクンビット線の延伸に伴い、オンヌット以南の駅周辺が多いように思います。

つまり、バンチャック、プンナウィティ、ウドムスック。更にベーリン。そして県境を越してサムットプラカーン県のサムローンなどの駅は沿線周辺にコンドミニアムが多数建設されました。建設中のものも多いです。

ところが意外にもオンヌット駅の一つ手前、プラカノンはまだ未開の地と言った風情で、まだ新築コンドミニアムはそんなに目立っていません。つまり、まだ安いのです。そう理解しています。

あともう一か所はラチャダーと言われる、MRT(地下鉄)のプララーム9(ラマ9世)、スーワッタナータム(タイ文化センター)、ホイクワン駅あたりの中古物件も古いものであればそこそこ安いのではないかということで、とりあえずこの2エリアを中心に探してみることにしました。

まずはプラカノンエリアの物件から紹介してみます。


ハッピープレイスタワー
スクンビット通りソイ71はソイプリディパノムヨンとも言われ、土地の人(笑)はそのソイのことをビーディーと呼んでいます。でもPDではありません。プリディパノムヨンです。先の大戦後に首相になった方です。

そのソイ2(ピーディーソイソーン)を入りしばらく行った左側に物件はあります。ソイ2はプラカノン市場からも近く、ローカル感あふれるところですが、生活するのにはとても便利なところだと思っています。

s-IMG_20190712_134845.jpg


写真の物件名が書かれている黄色い看板のあるところがオフィスで、中に入りワンルームタイプの売り物件の価格を聞くとワンルームで140万バーツということでした。ところが売り物件がないということで、内見や共益費を聞くに至りませんでした。

この時はスクンビット通りからあまり離れていない物件をいくつか訪ねてみましたが、いわゆるアパートメントばかりで売り物件はありませんでした。

下の写真はプラカノンコンドミニアムです。売り物件はありませんでした。4000バーツのお家賃です。間取りや平米数は分かりませんが、格安だと思います。

s-IMG_20190712_135457.jpg


スクンビットマンション

s-IMG_20190712_134334.jpg


ここはアパートメントで、お家賃は4800バーツ。せっかく聞いてみたのだから売り物件がなくてもお家賃はしっかり聞いておきました。両方とも築年数はかなり古めです。

s-IMG_20190712_133957.jpg


どの物件も実際に足を運んで、オフィスにいる人から話を聞きましたが、皆さん聞いたことは気持ちよく答えてくれたのがありがたかったです。


次回は、同じプラカノンエリアでここはいいかも?と思った物件を内見した様子を綴ります。



リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

大家さんになるとどんな郵便物が届くのか

2018年10月 4件もの購入物件候補の中から選ぶ帰国


大家さんになるとどんな郵便物が届くのか

4日目10月27日
年金の申請が終わっても実家に帰るとすることはあります。まず、留守にしている間にたまった郵便物の整理を必ずします。それがまたかなりな量になるのです。大変なんです。

ここで大家さんになると、どんな郵便物が届くのかここで少しばかり整理したいと思います。

不動産会社からくる郵便物
・賃貸管理会社様からくる郵便物
 賃貸借契約書 更新契約書(要返信) 火災保険証書 仲介料計算書 リフォーム見積もり(要返信)・計算書 領収書 年間賃貸状況報告書
・建物管理会社様からくる郵便物
 管理組合定期総会議案書・出席表(要返信)
・仲介業者様から来る郵便物
 物件購入にかかわる書類、領収書など
・どうでもいい不動産会社様(笑)からくる郵便物
 いわゆるDM 売りませんか 買いませんかの案内多数

市役所、税務署などの行政機関から来る郵便物
・税金関係
 不動産取得税 固定資産税 個人事業税 それぞれ税額を知らせる計算書と納付書が別々に来る 督促状
 差し押さえ通告 納付書についてはバンコクにPDFや写真にして送ってもらい、ペイジーなどで支払う。
・確定申告
 源泉徴収関係の書類 確定申告書と案内
・法務局や司法書士から届くもの
 不動産権利書

その他
・業者様からの年賀状や暑中見舞いなど


まだ分類できていないものもあるかと思います。とにかく営業の電話と郵便物は毎日届くようです。電話は適当にあしらうことができますが、郵便物はまさに玉石混交。たくさんの中から必要なものを見つけ、対応する必要があります。特に重要なのは納税関係で、不動産取得税は物件の売買契約と決済が終わり、忘れたころにやって来ます。

あと面倒なのは、毎年ある管理組合の定期総会の対応です。出席表に議案に対して賛否を記すか、議権を代理人に委任して返信しなければなりません。

これらほとんどの郵便物は、すべて電子化できるものだと思っています。特に矛盾を感じているのは、税金関係の書類です。お役所に聞くと納付案内や納付書は電子化できないの一点張りですが、税金そのものはネットで納付出るようになっています。つまりお金の支払いはちゃっかり電子化できているのです。

こういうおバカなことがいつまで続くのでしょうか?このブログでも僕が何度もお役所の窓口まで行って、口座引き落としの手続きをしたり、税金の納付をしていることを取り上げています。税金を払うのが一番手間のかかる(しかも全然うれしくない)業務なのです。あ~バカバカしい…。 (笑)

こういう生産性のない無駄が多すぎなことを実家に帰るたびにしています。精神的によくないので、必ず家族総出で、行きつけの焼肉屋さんでパーティー?をすることにしています。もちろん実家にいない間にしてもらっている電話の対応や、郵便物の管理、そして必要なものをe-mailなどで送ってもらっていることの感謝もあります。

最近はe-mailだけでなくLINEでの連絡もするようになりました。書類はスキャンしてPDFで添付するより、スマホで写真を撮ってラインで送ってもらった方が楽です。写真に写っている納付書の納税番号をネットバンキングに入力すると、それだけで金額と税金の種類が画面に出てきます。


ムカつく話の後は(笑顔)いつも家族と一緒にいただいている、東金沢「以波太」の焼肉。味がしっかりついていて、いつもおいしいおいしいと言いながらいただいています。

DSCN0399.jpg
必ずいただく並タン塩(2人前) 安くてうまい!


DSCN0400.jpg


DSCN0401.jpg


こういうこともどちらかと言うとワンルームマンション大家のリスクと言えばそうなのかもしれません。が、僕はリスクとするよりこれが業務なのだと思っています。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

倹約家、正直者が馬鹿を見る日本の税制?

2018年8月 物件買い付け帰国


倹約家、正直者が馬鹿を見る日本の税制?

第7日目 9月2日
この日も仕事のない日でした。いつも通り朝10時に宿を追い出されます。バンコクにいるときは、比較的に元気な午前中に集中してやりたいことをしてしまう習慣がついているので、あちこち振り回されないで、一か所に腰を落ち着けて業務のことについての考え事をしたり、このブログの記事を書いたりしたいのですが、それができないのが残念です。

ちゃんとしたホテルで連泊すればそれも可能なのですが、高いホテル代を払うのは僕にとってムダが多すぎます。

P1120791.jpg


そこで、確定申告の話を少しだけします。仕事のために帰国する航空運賃や宿泊代は案分する必要もあるでしょうが、交通費などとして経費に計上できます。そこでおかしいなと思うことなのですが、例えば航空運賃。僕はバンコク~成田の往復航空運賃の平均は23000円ぐらいです。それをJALやANAなどのフルサービス付きのエアラインにすると、ざっくり言うと倍の費用がかかります。

ホテルにしてもそうです。僕は一泊2200円の安宿に泊まっていますが、東横インやアパなどの狭いビジネスホテルでも一泊6~7000円はするはずです。更にヒルトンなどの一流どころにすれば、一泊20000円はするでしょう。しませんが(笑)


そのような差額がありすぎるのに、かかった分だけ経費にしてしまうと、これは簡単に赤字申告にして所得税を払わなくていいことになります。日本は贅沢する人にとってタックスヘイブンなのですわな。

日本の有名大企業の何社は、所得税をまったく払っていないというのはたまに聞く話で、この前の国会予算委員会の公聴会でも参考人の方が取り上げていました。企業の場合は研究開発費や設備投資などに利益をまわしているのでしょうが、内部留保はたまっているのは周知の事実です。

僕のような個人事業主の場合はどうなのでしょう?ビジネスクラスの飛行機に乗って一流ホテルに宿泊すれば、所得額をあっという間に食いつぶすことができます。つまり、贅沢をすれば税金を払わなくてすむようになるのです。

僕のように倹約をして、所得税をわざわざ飛行機に乗り帰国し、飛行機代より高い新幹線に乗って実家に帰って申告し、所得税を払うというのはやはり、おかしな税制だと言わざるを得ません。挙句の果てに低所得者の負担が増える消費税。

倹約家、正直者が馬鹿を見るとは正にこのことだと思います。

僕は税理士でも専門家でもないただの素人ですが、企業であれば、会社の規模に合わせた外形標準課税。個人事業主に対しては経費の上限額などを年度ごとに税務署が確定、公表してより正しい税金の徴収を行えばいいと思います。

ふあ~あっ…   (あくびです 笑)

無駄話をしてしまいました。戻ります。東京での行動はパターン化されています。いつもの朝食兼昼食をいただきに行きます。やはり倹約生活です。ケチなんです(笑顔)

P1120792.jpg


P1120793.jpg


この日は、家電量販店を周りました。

P1120794.jpg


ここから東口の家電量販店(ヨドバシカメラ)にも行きました。

P1120795.jpg


長く使っていたデジカメがポンコツになってきたので、ついついに買い替えようと思ったのでした。で、その時に買ったカメラは?その後どうなった?


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

驚愕の差押予告 これが日本です、事実を記します

驚愕の差押予告 これが日本です、事実を記します


順調に物件買い付け帰国の日記を続けている途中ですが、ここで臨時ニュースを申し上げます。(笑)

結果的には、役所への難癖話になるのですが、その内容があまりにもひどすぎるので、腹立ちまぎれにここに皆さんにお伝えしたいと思います。これが日本です。事実を記します。

皆さんっ! 突然こんな身に覚えのない書類が皆さんのもとに届いたならいかに思われますか?ご覧ください。

差し押さえ予告


そうか~。車にタイヤロックされるのか~。
まあ、税金払ってなければそうなるわなぁ。

これって最後通告ですよね? マジ、シャレになりません(大怒)

国税などの税を取る機関の権力は警察並みに強大だといわれます。何てったってその昔、マフィアのドンでその名を知らいなものがいないアル・カポネも禁酒法のあったアメリカ、シカゴで悪行の限りをもてあそんだのに、逮捕されたのは殺人罪でも、共謀罪でもない脱税が原因だということです。


まったく身に覚えのないものがなぜ僕のもとに届いたのか?そのいきさつを記します。まず、実家の家族から突然e-mailで以下のような文章と添付ファイルが届きました。

◎◎県税事務所より差押着手前納税催告状が2件届いてます。
こんな生々しい書類ははじめて見ました。通常では事前に督促状が来るはずなのに?
このままでは同一世帯内と見なされ、「------」(家族が経営している事業所)にも影響が出かねません。
ちなみに入札参加申請は書類内に国税・県税・市税の納税証明書(滞納なし)を添付しなければ受理されません。 バンコクにも◎◎銀行の支店が開設されているはず。  以上。


これには驚きました。家族に迷惑をかけるわけには行きません。もう一度添付された内容を確認すると、どうやら個人事業税の支払いがなかったというので差押の書類が届いてしまったようです。

「再三にわたり納税の催告してきましたが、いまだに納税確認できません」と最後通告のような差押予告には、ご丁寧に下線も引かれていますね。

えっ? 個人事業税?去年払わなくっていいといわれたのに突然何で?

個人事業主(大家さんなどの自営業)は定められた基準以上の所得があると、確定申告の後に所得額にあわせて決められる賦課方式の税として、個人事業税を地方税というカテゴリーとして納税する義務があります。

ところが僕のように非居住者(海外居住者)の場合は、住民税と同様に個人事業税も納付する義務が生じないということが定められているはずです。

さっそく、国際電話で実家の県税事務所に電話をしました。差押予告赤紙が届いているが、その理由を尋ねました。予想どおり個人事業税の支払いがまだないということでした。

そこで僕が非居住者であることを話し、昨年の納税も県税事務所に連絡して納付の必要がないと確認の連絡をいただいたことを話しました。合わせて住民税も払っていないことも話しましたが、電話口に出た方は、そんな制度をどうも知らなかったようです。何度も確認の上、後日連絡しますの一点張りでした。結果は見えているのに…(笑)

想像してみましょう、もし僕が問い合わせの連絡をせず、そのまま差押が執行されたらどうなるのでしょうか?

家の車や金めの物(そんなものありませんが)が競売されてしまった後に、納税の義務がないということが分かったら、お役所はどうするつもりでしょう?

これはとんでもないお役所の大チョンボだと思いませんか?この前、暴言を吐いて辞任した赤穂市長の話よりひどいのではないかと思います。

先日も国会の予算委員会で、国民健康保険の滞納者に対する役所の対応がひどすぎると共産党の議員(名前わかっています)さんから追及されていました。場所によっては「死んで支払え」や「サラ金で借りて支払え」なんて言われているそうな…。ホントかいな?



翌日、国際電話で担当課長さんから納税の必要がないことと謝罪の連絡がありました。案の定です。分かっちゃいるけどやめられない。アッソ~レでした。(笑)

家族にも迷惑をかけたので、実家に菓子箱をもって謝罪にも行きたいとのご丁寧な申し出がありましたが、それは忍びない。僕も皆様の税金でメシを食っていた元公務員の端くれ、クレーム対応が大変だったことは分かっているつもりです。丁寧にお断りしました。

「にんげんだもの」  (笑顔)

でも、心配させた家族にはそれなりの電話連絡をしてもらうようにお願いしました。せっかくの機会なので、これからの対応など聞きたかったことをいろいろと確認できて勉強にもなりました。


こんなことが起こってしまった原因を探ります。一昨年は納税の必要がないということになった僕の属性、非居住者ということをデータベースなどに記載し、あるいは関係担当者にしっかり申し送りをすればいいだけの話です。野球のトンネルエラー、サッカーのまた抜きゴールのような恥ずかしいミスだと思います。

強大な権限のあるものは、その分最深の注意が必要なのでしょう。冤罪の死刑もそうですよね?

もっとさかのぼれば、外国に住み非居住者となることが話をややこしくする原因の一つだとも思いますが、日本国憲法には居住場所の自由を保障しています。

ああ、これも海外在住ワンルームマンション大家のリスクなんでしょうか…。 楽しすぎます(爆)



リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク