FC2ブログ

文句言いにも五分の魂を持て おかしな税額に異議を申し立てました

2018年6月 帰国


文句言いにも五分の魂を持て おかしな税額に異議を申し立てました

横浜市西区役所の次は、中区役所に行きました。以前2度ほど抗議の電話をしたことがありました。このブログでもすでに何度か取り上げています。固定資産税のことです。中区の区役所では事務的な仕事で何のトラブルもなく用事を済ますことができましたが、ここではそうはいきません。気合が入りました。

担当部署へ行き、固定資産税の税額について不服があるということで、担当者のお話を聞かせてほしいと申し出ました。

P1120090.jpg


お二人の方が対応してくれました。僕が話した内容は、簡単に言うと伊勢佐木町にある物件の固定資産税が高すぎるのではないか、ということでした。もちろんおかしいのなら適正な税額に直すべきです。

具体的には、駅から徒歩3分、約21平米の広さで、490万円で購入したワンルームマンションの固定資産税が、年間58100円という言うのは何か計算のしかたでも違っているのではないかということを言いました。

同じ横浜市保土ヶ谷区の駅徒歩6分、18.5平米、480万円の物件は固定資産税額が29700円。ちなみに東京都中野区の物件と比較してみると、駅徒歩3分、17平米、620万円の物件は固定資産税額が22600円

高いと思う伊勢佐木町の固定資産税は、中野物件が幾分狭いお部屋だということを差し引いても、倍以上高いのです。伊勢佐木町6丁目と中野新橋の街のグレードはそんなに違うのでしょうか?

僕が所有していた物件で固定資産税額が話題の伊勢佐木町物件とほぼ同額なのは、築地駅徒歩1分、21平米(?)、1700万円で57600円と、これでも伊勢佐木町物件より幾分安いのです。築地3丁目と伊勢佐木町6丁目の資産価値はいかに…?


これってどう考えてもおかしくないですか?

こんなおバカなことがあるのです。皆さんもご留意くださいませ。


区役所の担当者さんは、建築に使った資材の資産や建築法などの違いで固定資産税額は変わってくるというようなことをいいました。その話は既に電話で尋ねたときに聞いていたことなので説得力はありませんでした。

その話は幾分あり得ることなのかもしれませんが、同じような都内の物件と倍以上の税額が違ったり、490万円の物件と東京中央区築地にある1700万円の税額より高いというのはおかしいのではないかというと、

次第に担当者の方の説明も勢いがなくなってしまいました。更に対応していた方のお一人が女性の方だったので、「主婦感覚として、この話はおかしくないですか?」と聞くと、「確かに主婦感覚だとおかしいと思います」と答えてくれました。なぜ東京の固定資産税はそんなに安いの?とも言っていました。

この税額は総務省が出している資産額公示(だったかな?)をもとに算出しているのでこちらではどうすることもできないということで、逃げ口上も加わりました。そのうち話が同じことの繰り返しになりました。やめ時でした。

固定資産税…。

資産税って何なんだ? 僕はそのものの価値に対してかかる税金だと単純に考えています。

丁度この時は偶然、3年に一度ある固定資産評価の審査ができる期間中だったようで、審査用紙をいただき、審査を要求するときの理由の書き方もアドバイスしてくれました。

P1120092.jpg


ところが締め切りが近く、僕が帰国している間に対応できないという、結果的には火に油を注ぐような仕打ち(笑)になってしまいました。


結局、そのときは幾分固定資産税に対する知識や対応しているお役所のスタンスが分かるだけの、具体的には何の改善もない結果に終わってしまいました。この手のことは今まで何かと結果を出してきていたという自負があったので、久々に軽く挫折感を味わいました。

この手の専門家や、弁護士さん等に同席してもらえば話は変わっていたのかもしれません。いずれにせよ、この件は重要未解決事案ということで、機会があれば(3年後か)リベンジしたいと思っています。

あきらめません、勝つまでは。

欲しがりませんか?  (笑)


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

見栄でなく快適な暮らしのために

大家業界情報から自分のスタンスの正しさを確信する 候補エリア


見栄でなく快適な暮らしのために

2018年3月28日にこの記事を記しています。
最近、自分の投資スタンスに間違いがなかったと思うような記事を見つけたので、その内容について考えてみます。


所有物件、駅名別一覧

東京都  
港区 田町 新宿区(3) 落合(2) 落合南長崎 中野区(4) 中野坂上(2) 新中野 中野新橋
豊島区(2) 東長崎 千川 世田谷区 三軒茶屋 目黒区 池尻大橋 杉並区 荻窪 大田区 馬込  

横浜市  
中区 黄金町 西区 西横浜 保土ヶ谷区 天王町


また記事には僕がまだあまり所有していないエリアのことも記されていました。

記事
東急池上線は3扉の3両編成。各駅停車の電車だけが五反田と蒲田を結んでいる地味な路線です。そんな池上線の、五反田寄りのエリアが、20~30代女性に人気が高いようです。なぜでしょう?「生活上の利便性が高いからです」ということです。実際に現地に行ってみると、電車を降りて階段もなく、すぐに改札を出ることができ、そこから商店街に直結しているような駅が多いのです。

その商店街で大抵のものがそろいます。とくに戸越銀座駅周辺の商店街は有名です。このエリアのマンション価格は割安ながらも、利便性の高さなどを背景に、市場価格がじわじわと上昇しているといいます。

山手線の五反田駅に接続しているというのもメリットの一つです。しかも、五反田での乗り換えは池上線ホームと山手線ホームの乗り換えが階段を降りるだけというシンプルなもので、ターミナル駅の乗り換えとしては楽な部類に入る。しかも運行本数は多いのです。

こんな利便性の良さが受けたのか、「かつては池上線の蒲田寄りのエリアが高級住宅地として人気が高かったのですが、現在では五反田寄りのエリアが人気となっています」とのことです。

若い女性の住む駅ベスト10には入っていませんが、東急池上線にも注目したものです。18位に戸越銀座、25位に旗の台駅がランクインしていました。

見栄でなく快適な暮らしのために
いまの20~30代は、決してお金に余裕があるわけではありません。バブル崩壊からの雇用情勢の悪化に伴い、経済状態が決していいとはいえない人も多いのです。

「貧困女子」(ボンビーガール)という言葉さえある時代です。しかし、暮らしやすく、かつ勤務先にも近い場所に住みたい。そんな思いが、丸ノ内線や東急池上線といった「頻繁運転・短編成・都心直結」といった路線を選ばせるのでしょう。

労働環境の苦難を乗り越え、快適な暮らしをするために、利便性のよい割安な路線を選ぶ。見栄ではなく、暮らしやすさと金銭面を両立させる、都会で暮らすための「戦略」として、こういった沿線を選ぶ。現代はまさにそうした時代なのです。


所感
城南地区、大田区の物件は、現在都営浅草線、馬込駅近くの物件、1区分のみ所有しています。上の記事の戸越銀座ばかりでなく、戸越、中延、あたりは、僕の中では第二の穴場か?と注目していたのですが、このエリアの物件もなかなか売り出していません。テレビ番組「幸せボ◎ビーガール」に出てくるような女子が、東京に暮らすのには、中野坂上エリアとなどと合わせて、お薦めな街だと思っています。

と言いますか、このところ都内のお手ごろな物件は、価格が吊り上がっているばかりでなく、売り物そのものが少なくなってきていると実感しています。このブログに最近何度も登場していた、売却済みの浜松町物件は600万円以下で購入しましたが、バブルの絶頂期は3000万円の値がついたこともあったと、古くからの管理人さんが教えてくれました。

オリンピック前の価格高騰中であっても、まだそこまで狂乱価格にはなっていないのですが、もうしばらくは高値が続きそうです。それなら実物不動産はやめて、リートにしようかということになりますが、リートは所詮、証券。株と同じ「紙」ですからねぇ…。

ビットコインは「紙」以下か?  (笑)

銀行にお金を眠らせておいても何にもならないのはよく解っているのですが、「内部留保」になっていますね(笑) どうしましょ…。



4月12日 追記

ここでもう一度追加ありの大ニュース。 
この4月17日に、前回売却した浜松町物件の資金で、新たに1区分の購入が決まることになりました。その物件は、東京でも有数の若者に人気の場所。

以前より狙い続けていたのですが、なかなか売り出し物件がないので、あきらめていた高嶺の花的な場所なのでした。ところが瓢箪から駒、青天の霹靂、棚から牡丹餅、糠に釘な(笑)お知らせが、僕の最終兵器的業者様から直接届きました。
あの憧れの美人さんが突然なぜか向こうから僕の彼女に…。みたいなお話です。 (笑)

なんと、その場所は「高円寺」…。(ちょっとブランド力は落ちたかな?)

マジですか…? このご時世で「高円寺」。 ですか?
しかも売り出し価格が相場より、200~300万円安いのでした。指し値なしは納得ですわな。

実際には、丸ノ内線新高円寺駅が最寄りなのですが、中央線阿佐ヶ谷、高円寺駅も十分徒歩圏内です。まだ現地には行っていませんが、場所としてはとてもいいところです。

話は順調に進んでいますが、決済と登記にまでには至っていないので、これが糠喜びにならないように、「お祈り」し続けています。こんなことならア◎エさんのまねをしても許されるかな…?

でも、「高円寺」って、上の記事の「大地震で危険度が高い」ランキングで12位なんですよね。購入予定の物件は1981年5月31日以降に建てられた新耐震基準の物件なので、危険度は忘れることにします…。
前回の購入は「中野坂上」、そして今回は「高円寺」…。

更に4月10日に、高田馬場駅に近い某大学院生が賃借人様だった、荻窪のお部屋が退去しました。ドバイにご就職が決まったとか…(祝、タイもいいよ) そのお部屋を内見し、ストップボタン式シャワーの交換やユニットバスなどの水栓を混合水栓に交換できればと思っています。

この15日からの帰国では、売却物件の決済金受領、購入物件の現場確認と契約・決済と、連日僕にとってビックディールが続きます。結局前回の決済金で高円寺物件を購入するので、今回の売却物件決済金はまたまた、内部留保になるのです…。もう売りません。



リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

僕が中野坂上の近辺に多く物件を持つ理由

大家業界情報から自分のスタンスの正しさを確信する 核心


僕が中野坂上の近辺に多く物件を持つ理由

2018年3月28日にこの記事を記しています。
最近、自分の投資スタンスに間違いがなかったと思うような記事を見つけたのでその内容について、考えてみます。


所有物件、駅名別一覧

東京都  
港区 田町 新宿区(3) 落合(2) 落合南長崎 中野区(4) 中野坂上(2) 新中野 中野新橋
豊島区(2) 東長崎 千川 世田谷区 三軒茶屋 目黒区 池尻大橋 杉並区 荻窪 大田区 馬込  

横浜市  
中区 黄金町 西区 西横浜 保土ヶ谷区 天王町


上の一覧にある通り、僕の所有物件の中で多い場所は、中野坂上駅周辺と落合駅周辺です。その中でも気に入っているのが中野坂上エリアです。直近に買い入れた物件も運よくこのエリアのものでした。その訳を代弁してくれているような記事がありました。


記事
使い勝手のいい丸ノ内線
若い女性が住む駅として城西3区では中野坂上がトップに立ちました。なぜ、20~30代女性に人気なのでしょう?まず中野坂上駅がある東京メトロ丸ノ内線自体に人気があることがあげられます。

丸ノ内線のキーワードは、「利便性」です。都心部へと一本で直結し、乗り換えを必要としません。しかも丸ノ内線自体、電車の本数が多く、その上ホームドアも設置され、他線への乗り入れもないので、遅延することが少ない。そんな理由が、丸ノ内線人気の背景にあります。

中野坂上は荻窪からやってくる電車と、支線の中野富士見町から本線へと直通する列車の両方が合流し、多くの電車が使える駅です。また、都営地下鉄大江戸線の駅もあり、六本木方面に通うのにも便利な場所となっている。そういった交通網上の利便性の高さが、このエリアの人気を押し上げています。

一方、方南町へ向かう丸ノ内線の支線に暮らすのも悪くはないようです。中野坂上駅では、支線への乗り換えが、階段の昇り降りなしでできるようになっています。支線といえども街中は充実しており、現在は直通列車のない方南町でも、商店街は充実し、普段の買い物には困りません。

まさしく「住む都会」の典型のような街なのです。暮らしやすさと都心への直結が、丸ノ内線人気の核となって存在しているのです。


所感
僕の馴染みの深い路線で、あまり意識はしていなかったのですが、地下鉄丸ノ内線の利便性について的確に分析されています。方南町行きの支線周辺、中野新橋、中野富士見町もお薦めとなっていますが、僕の場合はできれば乗り換えは避けたいと思っています。

時刻表を駆使して上手に乗れば、支線であっても中野富士見町が始発の列車で、新宿方面へ座って乗り換えなしで行くことができます。また、池袋発の列車は新宿止まりのものも多いので、結局乗り換えることになったりもします。

中野坂上の隣駅、西新宿と新中野、そして東高円寺、新高円寺、南阿佐ヶ谷、終点荻窪までが狙い目なのですが、これらの駅周辺の物件はまったくと言っていいほど売り物がありません。方南町行きの支線周辺はたまにあるようです。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

「憧れの街」になる必要はまったくないと思います

大家業界情報から自分のスタンスの正しさを確信する 本題


「憧れの街」になる必要はまったくないと思います

2018年3月26日にこの記事を記しています。
前回の記事では、都内30駅「大地震で危険度が高い」ランキングについて考えてみました。今回は、若い女性が住む「都内の人気駅」ランキングの記事から、僕の所有物件について考えたいと思います。


所有物件、駅名別一覧

東京都  
港区 田町 新宿区(3) 落合(2) 落合南長崎 中野区(4) 中野坂上(2) 新中野 中野新橋
豊島区(2) 東長崎 千川 世田谷区 三軒茶屋 目黒区 池尻大橋 杉並区 荻窪 大田区 馬込  

横浜市  
中区 黄金町 西区 西横浜 保土ヶ谷区 天王町


記事
若い女性が住む「都内の人気駅」ランキング
見栄ではなく快適さで選んでいる。
たとえば城南4区(品川区、目黒区、大田区、世田谷区)で「住みたい街ランキング」の上位にランキングされるのは、1位自由が丘、2位中目黒、3位二子玉川、4位目黒、5位三軒茶屋です。しかし、国勢調査を元に20~30代の若い女性の人口比率の高い駅を見ると、1位三軒茶屋、2位東松原、3位駒沢大学、4位下北沢、5位梅ヶ丘となっています。「住みたい街ランキング」とはまったく異なっているのです。

所感
僕の所有している物件と具体的に合致しているのは、三軒茶屋がありました。城南エリアより城西エリアを多く所有しているのですが、そのエリアがどうなっているのかというと、

記事
また、城西3区(中野区、杉並区、練馬区)における「住みたい街ランキング」は1位中野、2位荻窪、3位阿佐ヶ谷、4位高円寺ですが、20~30代の女性比率上位ベスト5は中野坂上、東中野、中野新橋、江古田、新井薬師前と、こちらもまったく違っています。「利便性が抜群な割に地位、環境面で低評価なため、価格に現実感がある駅といった具合に、現実的な妥協が入っていると考えられる」と、分析されています。

所感
このエリアで僕の所有している物件と具体的に合致しているのは、ベスト1の中野坂上、そして3位も所有している中野新橋でした。住みたい街として、荻窪もありました。これは凄い(笑)

「利便性が抜群な割に地位、環境面で低評価なため、価格に現実感がある駅といった具合に、現実的な妥協が入っていると考えられる」という分析は、僕のエリア選別のスタンスそのものなのでした。それが表に出てくるのはいかがなものかとは思いますが、目利き力があながち間違っていなかったとも言えるかと思っています。ここに僕の嗅覚のすばらしさを実感してしまうのでした。自画自賛ねっ! ははは。 ですわな。

この分析を別の言葉で言うと、都内のターミナル駅近くにある、比較的賃料の安い街(エリア)の物件を持っていれば、20~30代の女性に入居していただける可能性が大きい、と言えることになりますが、これは若い女性だけに限ったことではありません。すべての東京で住む人たちに該当するかと思います。

記事
そこで、「若い女性の住む街が、将来は住みたい街ランキングでも上位となり、憧れの街に昇格していく可能性が高い」と予想され、不満を持って住んでいるのであれば別ですが、満足して住んでいるのであれば、いずれ人気が出ることは確かにありえる話です。さらに「20~30代の若い女性比率の高い駅は、今後狙い目の駅である」とみているようです。不動産選びのポイントのひとつになりそうです。

所感
僕の意見としては、記事にあるように「憧れの街」になる必要はまったくないと思います。妥協も結構。ダサイ街だけど、結構安く、楽に住めるというだけでいいのです。逆に憧れの街になってしまうと、賃料が高騰して、それに伴い入居者様のリクエストも多くなり、言葉が悪いのですが、パイの大きな低所得者層に対応できなくなるかと思います。

もし仮に憧れの街になったとしても、大家さんとしては損をすることはありません。賃料が上がるということは、利回りが良くなるということなので、効率的な事業収益を得られることになります。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

区分面積の狭いワンルームマンションは、より地震に強い?

大家業界情報から自分のスタンスの正しさを確信する 地震編


区分面積の狭いワンルームマンションは、より地震に強い?

沖縄旅行の記録が続いていますが、今回から数回にわたって、僕の仕事である大家業界に関することを綴りたいと思います。

2018年3月26日にこの記事を記しています。
最近、自分の投資スタンスに間違いがなかったと思うような記事を見つけたのでその内容について、考えてみます。

僕の現在所有している物件を区別に分けた数は以前、このブログでもご紹介させていただきました。

その記事はこちらから入れます。


それを更に駅名別に分けてみると、

東京都  
港区 田町 新宿区(3) 落合(2) 落合南長崎 中野区(4) 中野坂上(2) 新中野 中野新橋
豊島区(2) 東長崎 千川 世田谷区 三軒茶屋 目黒区 池尻大橋 杉並区 荻窪 大田区 馬込  

横浜市  
中区 黄金町 西区 西横浜 保土ヶ谷区 天王町

となります。

それでは注目の業界記事の内容を紹介します。内容は要約してあります。

記事
都内30駅「大地震で危険度が高い」ランキング
上位には都内東部、下町エリアの駅が並んでいます。8位までには4位の雑色駅(京急)以外、京成と東武の駅が名を連ねる形になっており、家屋が密集する下町エリアで、荒川や隅田川沿いの沖積層低地、すなわち地盤が柔らかく揺れやすい地域です。

所感
僕の家業である不動産賃貸業のリスクはいくつかありますが、一番大きなものは地震です。所有している物件のほとんどは都内23区で、横浜の物件もその近辺にあるため、関東大震災や東北大震災のようなレベルの地震が直下型などで関東に起これば、間違いなく何らかの被害が生じてしまうと思います。

しかし、上の記事の中に出てくるエリアに、僕の所有している物件はありません。
では、まったく心配がないのかというと、残念ながらそうでもないのです。

記事
23区の西寄りも安心できない
下町でなければ安全というわけではありません。23区内西寄りでも12位にJR中央線の高円寺駅、14位に東京メトロ丸ノ内線の南阿佐ケ谷駅が顔を見せています。

16~30位を見ても北千住駅や京成金町駅など下町の駅が多いものの、中央線阿佐ケ谷駅や東急の下神明駅、旗の台駅、祐天寺駅、小田急の経堂駅などが入っています。よく指摘されるように、23区内西寄りでは環七道路に沿って幅数キロにわたり木造家屋が密集していて、火災危険度が高い地域が多いのです。

所感
上の記事と僕の所有物件に具体的に合致しているところはありませんが、「木造家屋が密集していて、火災危険度が高い地域」に近いと思われる場所は結構あります。しかし、木造家屋が密集しているかというと、そうでもないところがほとんどかと思っています。

木造家屋は都心などの商業地を除けばどこにでもあります。問題は物件に接している道の広さだと思います。旗竿地や袋小路になっているところや狭すぎるところはほとんど所有していません。しかも物件はすべて鉄筋コンクリート建てで、新耐震基準によって施工された物件ばかりです。既に何度も記していますが、区分面積の狭いワンルームマンションは、柱と壁面が多いため、より地震に強いと思います。

記事について、全体の感想と言えば、物件を所有するのなら、やはり城東エリア、荒川区、北区、足立区、墨田区、江戸川区、葛飾区を除いた都内17区に絞ると良い。ということなのでしょう。それに加えて僕の場合は板橋区、練馬区の物件も所有していません。

その後、更に城東エリアは水害の可能性も高いと報道されています。そこに住んでいる人には踏んだり蹴ったりみたいなお話になっています。不動産は読んで字のごとく、買ってから動かすことはできません。そのあたりのリスクも十分考えて選ぶことが大切です。


ここで大ニュース。 と言ってもわたくしの家業、私的なお話です。
この4月17日に、前回売却した浜松町物件の資金で、新たに1区分の購入が決まることになりました。その物件は、東京でも有数の若者に人気の場所。以前より狙い続けていたのですが、なかなか売り出し物件がないので、あきらめていた高嶺の花的な場所なのでした。ところが瓢箪から駒、青天の霹靂、糠に釘な(笑)お知らせが、僕の最終兵器的業者様から直接届きました。
あの憧れの美人さんが突然なぜか僕の彼女に…。みたいなお話です。 (笑)

なんと、その場所は「高円寺」…。

マジですか…? このご時世で「高円寺」。  笑いが止まりません。
しかも売り出し価格が相場より、200~300万円安いのでした。指し値なしは納得ですわな。

実際には、丸ノ内線新高円寺駅が最寄りなのですが、中央線阿佐ヶ谷、高円寺駅も十分徒歩圏内です。場所としてはとてもいいところです。

話は順調に進んでいますが、決済と登記にまでには至っていないので、これが糠喜びにならないように、「お祈り」し続けています。こんなことならア◎エさんのまねをしても許されるかな…?

でも、「高円寺」って、上の記事の「大地震で危険度が高い」ランキングで12位なんですよね。購入予定の物件は1981年5月31日以降に建てられた新耐震基準の物件なので、危険度は忘れることにします…。
前回の購入は「中野坂上」、そして今回は「高円寺」…。

神様仏様、その他もろもろなご本尊様。 何とお礼を…。



つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク