FC2ブログ

祝! BTSスクンビットライン延伸 さっそく試乗してみました

祝! BTSスクンビットライン延伸 さっそく試乗してみました


いつもいつも帰国の日記ばかりですみません。今回は忘れたころのバンコクネタです。(笑)
12月7日。何気なくバンコク関係のブログを眺めていると、BTSが延伸したというニュースがありました。

これは乗らなければ…。
いつぞやのパープルラインが開通したときや、今日乗ったスクンビットラインがベーリン駅からサムローン駅まで伸びたときも欠かさず乗りました。このブログにそれらの記事もあります。

今回の延伸開通は、スクンビットラインのサムローン駅からケーハ駅までの8駅の区間でした。僕が乗ったのはサムローン駅からの延伸部のみです。その間は昨日(12/6日)の午後から4か月間、無料で乗ることができるのです

(ここから前置きが長いです。笑) まずは、昼ご飯をいただきにその時に見た別のブログに紹介されていたお店に向かいました。スクンビット通りから、かなり離れたラムカムヘンにお店があったのですが、プロモーションをしていたので、これはいい機会だと思って行ってみました。ラムカムヘン通りのソイ21を曲がり、

DSCN0851.jpg


ソイをしばらく行くと左側に小路があります。その右側にお店はありました。

DSCN0852.jpg


周囲は完全にローカルなので立派な入口が目立っていたのですが…。
あれ…。お店やっていない…。残念でした。開店時間ではなかったようです。

DSCN0853.jpg


この日の夜は仲間の皆さんと忘年会があり、暴食(笑)するのはわかり切っているので、お粥でもいただこうかと思いました。サムローンにジョークサムローンってお店があったはず…。

で、結局いただいたのは、プラカノン通り(ビーディー)ソイ2のジョークテムトーン。このお店も有名店のはずです。初めていただきました。

DSCN0854.jpg


DSCN0856.jpg


いただいたのは、豚の肉団子入りのお粥です。写真がなくてすみません。35バーツでした。その後はバイクを走らせ(飛ばしません)サムローンの街まで直行です。ついでにバイク用風よけ眼鏡を二つ買っておきました。一つ50バーツなんですが、80バーツでいいか?ということにしてもらいました。いつもここで買っています。

DSCN0857.jpg


さて、前置きが長くなりました。じらしまくってすみません。(笑)じらしのテクニック…(笑)
延伸線に試乗します。サムローン駅から改札階に上がりました。

DSCN0861.jpg


チケットは必要なので、カード式のチケットを自販機で用意しますが、これがタダなんです。

DSCN0862.jpg


更にホームに上がります。

DSCN0863.jpg


実質的な開通日ともいえるこの日は、人が多かったです。運賃無料期間を利用して乗りに来ている人たちが結構いました。

DSCN0864.jpg


DSCN0865.jpg


延伸線はサムローン駅が始発で、終点のケーハ駅で折り返し運転をしていました。

DSCN0866.jpg


DSCN0868.jpg


DSCN0869.jpg


終点ケーハ駅に到着。

DSCN0871.jpg


DSCN0872.jpg


ケーハ駅は、まだローカルな風景が残っていましたが、不動産を買うのなら今のうちか?

DSCN0873.jpg


この路線はスクンビット通り沿いにまだまだ先まで完成しているようです。その開通も近いはずです。

DSCN0875.jpg


たくさんの人たちが、モーチット方向に乗り換えをして帰途についていました。

DSCN0878.jpg


バンコク街はドンムアン空港に向かう高架鉄道、ファランホーン鉄道駅から中華街方面に延びる地下鉄、その他工事中の鉄道がたくさんあります。そのいくつかは2020年には開通するらしいです。

多分、幾分遅れるか(笑)と思いますが、いずれにせよここ何年かで鉄道網は劇的に充実するのは間違いありません。

そんな姿を見続けていければ、それも元気づけられるかと思っています。


おわり


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑) その2

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑) その2


連休明けのビザ更新。朝一でやって来たのですが、人多すぎでこれはやばい。どうなるんだろ…。

建物の中では、のんびりとした市が立っていました。

DSCN0338.jpg


予想通り待たされました。キューナンバー47の僕に順番が回ってきたのは結局11時22分。8時57分にキューカードを貰って2時間30分待ちでした。

DSCN0339.jpg


手続きそのものは10分で終わっています。ブースに入り、別の書類に住所や名前をアルファベットで書いたのですが、名前をパスポートのサインと同じ日本語で書く場所もあります。更新料はまだ1900バーツでした。(2018年10月現在)

名前を書くときは、その都度「ティニー、パーサーアライ?」(ここは何語ですか?)と確認して記名しました。この時、今までなかった新しいこととして、自宅の地図を書かされました。

そのブースで申請が済み、別のブースに書類一式を持っていくように言われ、そのブースにあった籠の中に書類を入れて再びブースの外で待ちました。終わったのは11時32分でした。

DSCN0340.jpg


もうすぐ昼休みです。これってパスポートを返してもらうのは昼休みの後になるのかな?
そして、昼休みの鐘が鳴り、イミグレーションにいる人はいったん外に出るようにという放送がありました。

何だよ~。また待つのかよ~。

一応、書類を提出した場所に行って、係官に確認すると、そこで待ってと指示されました。昼前にもらえるみたいです。そしてしばらく待つと、係官がパスポートを持って僕を呼びました。どうやら午前の部最後だったみたいです。

はぁ…。

DSCN0341.jpg


結果、12時15分にすべて終了。政府合同庁舎を後にしました。リエントリーパーミットはドンムアン空港で貰うつもりでいます。

DSCN0342.jpg


踏切を渡って来たときの道、ウィパワディーランシット通りから帰りました。

DSCN0343.jpg


しばらく走ると、突然スコールが降りだしました。乾季直前のこの時期はいつ雨が降るか分かりません。雨具は持っていましたが、雨宿りと一休みをしました。

DSCN0344.jpg


この時にやっと写真の時間が日本時間になっていることが判明。こっちに来る飛行機の中で直したんだけどな~。

DSCN0345.jpg


帰りはちょっと道を間違えましたが、ほぼ来た道を帰ってくることができました。まっすぐ走っているつもりでも違う道に連れ込まれてしまうのが、ランシット通りの厄介なところなのです。

お腹もすいてきて、さてどこでご飯をと迷いましたが、久しぶりにマッカサンにあるカオゲーンビュッフェチューウライ(過去記事あり)でいただきました。前回はお店の水を飲んでお腹を壊したので、ペットボトルナンプラオも貰いました。

DSCN0346.jpg


このお店はデザートがあります。スープも何種類かあり、いつもお世話になっている、同じぶっかけ飯屋さんの名店ジェージョーン(過去記事あり)とは違う味わい、楽しさがあります。

DSCN0347.jpg


建付けの超悪いバラック同様の食堂で、おいしい40バーツのタイ料理を味わいながら、ビザの更新が終わったことを実感したのでした。


おしまい  はぁ…(笑顔)


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑)

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑)


いや、単なる6回目の更新の記録です。
更新のために必要なことを、実体験をもとに記していきたいと思います。

まず、最初に記したいことですが、ビザの有効期限が切れる日の何日前から更新ができるかということが気がかりでした。タイのリタイアメントビザの更新は45日前からできます。(2018年10月現在)

このブログでもそれを記したことが何度かありましたが、実は30日と45日前の2種類の期日が記載されていました。すでに違っていた方は追記、修正しましたが、自分の中で少し自信がなくなっていました。


自宅からチェーンワタナーにあるガバメントコンプレックス(政府合同庁舎)へは、今年もバイクで行きました。人々の喧騒と、バンコクの息遣い、朝の風を感じながらのライディングは気持ちよかったです。

DSCN0327.jpg


途中、地下鉄ペッブリー駅上の交差点で、あまおうの営業をしていました。あのイチゴのあまおうです。よく見てもどこにもイチゴを売っている様子がないので、?だったのですが、実はこの人たち、味覚糖のキャンディーを紹介していたのでした。

DSCN0328.jpg


今回はアソーク通りを北に進み、左折してラマ9世通りを走り、ディンデーン経由で行きました。

約45分で目的地、政府合同庁舎に到着、前回は1時間以上かかっていたので随分早く着きました。

DSCN0329.jpg


年に一度のビザ更新。でもここは不便な場所ですよね~。なんでこんな離れたところに…。

DSCN0330.jpg


この日は火曜日。実は土曜日が先の国王の命日で休日、月曜が振替休日になっていて、いわゆる連休明けの日なのでした。そうなるとどうなるのかということですが、下の写真のように8時30分の開館前の行列がとんでもなく長くなっていたのでした。

そうでもなさそうな写真ですが、よく見ると左側にも行列があるのが分かるかと思います。前回(平日)の2倍の長さはあったと思います。

DSCN0331.jpg


受付開始の時間になりました。写真に写り込んでいる時間は日本時間です。

DSCN0332.jpg


10分後にやっと入場出来ました。途中で堂々と列に割り込んでいたアラブ?インド系?の男性。凄みながら割り込んでいましたよ(笑)

いただいたキューナンバーは47番。前回は17ぐらいでした。

DSCN0335.jpg


余裕をもって銀行へ行き、通帳に最新の印字をして、100バーツを払って預金証明書をいただきました。

DSCN0336.jpg


いつもは左側ですが、今回はこっちのコピー屋さんでコピーをしてもらいました。全部で7枚。
パスポート5枚 通帳2枚の7枚です。(コピーが必要なページの詳細を記した過去記事あり)申請書類はすでに自宅で記入済みです。

DSCN0337.jpg


さて、8時30分の開門に合わせてやってきて、ビザの更新が済んだのはいつになったのでしょうか?

お楽しみに…。  はぁ…。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

バンコクの空港で取得するリエントリーパーミット完全制覇

2017年11月 4回目の沖縄旅行


バンコクの空港で取得するリエントリーパーミット完全制覇

深夜1時45分発の那覇行きピーチアビエーション、MM990便。往復総額約14000円という激安な渡航費な飛行機に搭乗する前に、大切なことがありました。

10月に更新した、ロングステイビザの再入国許可(リエントリーパーミット)を貰わないといけません。以前はビザの更新と同時に行っていましたが、チェーンワタナーのイミグレーションは遠い上に、時間がかかりすぎるのでした。

それで、飛行機に乗る直前に空港のイミグレーションでリエントリーパーミットを取るようにしています。昨年はドンムアン空港でいただきました。チェーンワタナーでもらっていた時に比べて、ウソのような短時間でいただけたので、それ以来リエントリーパーミットは空港で、ということになっています。


今回は、スワンナプーム空港での取得です。まずは保安検査を通過します。日本語表示がうれしいタイの空港。ドンムアン空港にあったっけ?(笑)

P1090494.jpg


イミグレーションの行列に並んで出国のスタンプを押してもらった後に、再入国許可のスタンプを貰いました。出国の行列に並ぶ前に、アプリケーション(申請書類)の確認をします。

P1090496B.jpg


TM8がリエントリーパーミット申請書です。チェーンワタナーでビザを延長した時に何枚か書類はいただいてあり、それを自宅で先に記入しておきました。その方が手間がかかりません。

記入のしかたなどについては、拙ブログのカテゴリから「ビザについて」や、検索フォームから「リエントリーパーミット」で検索すれば、いくらかご参考になるかと思います。

P1090497.jpg



写真に写り込んでいる時間を見る通り、0002で行列に並び、0027にリエントリーパーミットの申請が終わっています。

がっ、

この時はパスポートコントロールの行列が深夜のためかほとんどなく、リエントリーパーミットの申請も待ち時間なしでやってもらったので、25分間ですべてが終わっています。

でも、こんなに早くことが済むとは、決して思わないでくださいね。たまたまです。たまたま(笑)

これでドンムアン空港とスワンナプーム空港の両方でリエントリーパーミットの申請をしたことになりました。あまり意味のない完全制覇です。すべて誰の手も借りないで自力でやっています。凄いですね~。 (笑)
この手のことは何でも聞いてください。 ウソ…(笑)

P1090499.jpg


出国すると、若者たちが集まっていました。韓国の人たちでした。 こりゃ…KOREA(笑) タイと国際交流でしょうか? いいことだと思います~。。

若者の皆様、決して東京であったような、集団スリなどしないでくださいね。外国で犯罪を犯してはいけません。
10人ぐらいの集団で、妊婦さんから財布を抜き取った現行犯を、張り込んでいた警察が捕まえようとしたら、もみ合って催涙スプレーをかけられ、なんと警察の方がホームから落ちて電車に挟まれた事件があったそうです。

しかも犯人たちはばらばらになって逃げ、だれも捕まらなかったという残念無念。

もちろんこれは国は関係ありません。僕自身にも当てはまります。日本人もタイ(外国)で悪いことしないでほしいです。この国が少しばかり緩いと知って、若者が麻薬に手を出して捕まったなどという話を、身近なところでも聞きました。

人の弱みやスキに付け込むようなことは、どこにいても、やっぱりしてはいけませんよね…。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録

バンコクと東京で住み比べてみました

バンコクと東京で住み比べてみました


少し前に、日テレ、幸せボンビーガールの中にあったように、バンコクの街を東京の街に例える(こじつける)という。これぞ正しく駄文な記事をシェアしました。

どうせ駄文ならまた駄文でもいいかなと、自己満足な続きをしてみたいと思います。駄文ダブル、ダブんダブる(笑)なのですわな。

あれって結局、バンコクBTSのスクンビット線を東京で人気のJR中央線に当てはめてあるだけなのかもしれません。練馬は西武池袋線か東京メトロ副都心線ですが。


比べてみるのは、東京とバンコクの生活費です。僕が実際消費活動して思い出したことを衣食住から、つらつらと並べてみます。


衣食住

襟付きシャツ
バンコク  100バーツ(約320円)  プラトゥーナムにあるような格安店  
東京     990円GUの特売もの (笑)

バンコクから離れたところの露店なんかには、一枚30バーツ(約100円)の女性用ショーツなんかが売られています。

僕がバイクに乗るために使っている、UVカット機能付き透明グラスは50バーツ(約170円)です。これは使い捨て同然のものですが、防風効果抜群で夜の運転などに重宝しています。

総じてタイの物は、耐久性に難ありで、大切なものは日本で買ったものを使っています。


衣食住

日本式のラーメン
バンコク  200~250バーツ(650~800円)中には、65バーツ(220円)、85バーツといった格安なお店もあります。タイのラーメン(クイッティアオ)は40、50バーツであります。
東京    750円 ラーメン二郎の小 720円 天下一品のこってり          

ご飯もの
バンコク  200バーツ キッチン新潟やとん清などの日本料理店。かつ丼70バーツ(約230円)のところもあります。
東京    750円?~ 僕がよくいただく「松屋」のトン定は550円

バンコクで日本料理をいただくときは、東京でいただくのとほぼ同じぐらいの費用がかかります。ただし、タイの人たちが使っているお店でいたたくと、45バーツ(150円)で済みます。これは僕が最近通っているカオゲーン(ぶっかけご飯)屋さんです。5バーツのテイクアウトごはんと5バーツのスープの総額です。これで一日の食事はほぼ賄えます。


衣食住

お家賃
バンコク  7000バーツ(約23000円) アソーク駅徒歩7分。30平米。築年数は古いのですが、このエリアでは格安な物件です。
東京    100000円 六本木駅7分で30平米なら、築古物件でもこれぐらいはすると思います。

番組では月額家賃1万バーツ以上の物件を紹介していました。ウドムスックの駅から遠いところで8500バーツもしていました。新築なのでそうなのでしょう。しかしながら、タイの田舎から出てきた子は4000バーツの程度のところが当たり前です。ウドムの駅遠カセム(アパート)なら多分3000バーツ以下もあるでしょう。


そのほか

ネット使用料
バンコク  僕のアパートは、Wi-Fi無料です。スマホのデータ通信費は1Mbpsの上限なしで、30日間330バーツ(約1060円)です。 
東京    日本で使うSIMは一ヶ月2メガ上限(実はそれ以上使えています)で972円。

交通費、バス代 
バンコク  6.5~20バーツ 高くて約70円ぐらいです。渋滞がひどいときは、歩いた方が早い(笑)
東京    220円 都バスの均一料金

タクシー 
バンコク  250バーツ(約800円) 僕の住まいまで、ドンムアン、スワンナプーム空港の両方ともほぼ同じ料金です。初乗り35バーツ(約112円)
東京    空港から乗ったことないのでわかりません。初乗り760円

電車    
バンコク  BTS 初乗り15バーツ(約48円)?
東京    JR 初乗り133円

タイの交通費は、日本に比べてかなり安いです。タダみたいなものと言っても言い過ぎではない感覚です。実際バンコク市内には無料バスが走っています。タイ国鉄も3等車ならタイ人は無料のはずです。

税金
バンコク  僕の場合は、リタイアメントビザでロングステイしているのでタイでの所得はありません。消費税が7%かかります。その他、健康保険料、国民年金、NHK料金のようなものはありません。僕はタイに居てもNHK料金を支払っています。(日本で家族が見ています)
東京    消費税、所得税、固定資産税、不動産取得税(個人事業税、住民税、健康保険料、国民年金)()の中のものと5000円以上の買い物をした場合の所得税は、現在免除中です。

呑み代
バンコク  ビール大瓶50バーツ(約160円) チャーン、リオなど。
東京    スーパードライ大瓶352円 カクヤスのサイトより。

仲間で呑みに行くときは、平均して500バーツ(約1600円)ぐらい出費しますが、日本料理が絡んでくるとさらに高くなります。日本でそれなりに呑むと3000円以上はかかるかと思います。深川の魚三酒場では2000円ぐらいで満足しますが、それはかなり安いお店の場合です。

P1050634.jpg


というわけで、バンコクと東京の物価の違いが少しはお判りいただけたでしょうか…。バンコクは物価が高い場所です。それでもまだまだ出費を抑えて生活することができると思っています。なので僕は、

「幸せボンビー(貧乏)ジジイ」

でいられるのだと思います。  (笑)  (笑)


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク