何度でも吠えたくなる、おバカな日本の印鑑登録制度

2018年2月 沖縄、大阪、東京。そしてホノルルの旅


何度でも吠えたくなる、おバカな日本の印鑑登録制度

4日目、2月16日です。「印鑑登録証明書だけを貰いに東京から金沢へ日帰り」の続きです。

いつもならここからさらにローカル線の列車に乗って、実家に帰るのですが、今回はバスに乗って金沢市役所に直行しました。

P1100632.jpg


この数日前に豪雪があり、金沢もたくさん雪が積もりました。この時に福井県との県境あたりで国道がストップし、車が立ち往生したのですが、その沿線にあったコンビニの店長が悲鳴を上げたというニュースは、以前このブログでも取り上げました。とんでもないことが行われていたのでした。

ジジイの独り言 一枚の写真を見ながらひとりごちる 

でも僕に言わせると、この金沢日帰りもとんでもないことですよ、印鑑登録証明書。このおバカすぎる制度は、この前の大阪地震であったような、人が亡くなったりするような犠牲が伴うような事がないと思われるので、永遠に続くのでしょうか?

はぁ…。


金沢市役所に到着しました。金沢に帰って来たのに、実家に帰らないで東京に戻ったのは初めてのことになりました。

P1100633.jpg


そして、籍を入れて印鑑登録証明書を貰い、その後直ちに籍を抜くという、もはやルーティンワークとなる、無駄過ぎなムカつくお仕事を終えました。

P1100634.jpg


もちろん、窓口でおバカな実態を話しました。でも、お役所の人たちはいつものことですが、不合理を知りながら、解決・善処はしてくれませんでした。分かっちゃいるけどやめられない(笑)の繰り返しです。問題は印鑑登録証明書に住所を記載することにあるのです。住所は、本人の印鑑であるということの証明に、そんなの関係ねえ!のはずです。

僕はタイに住んでいます。本当の住所の実態はバンコクにあります。実はバンコクでも大使館に行けば印鑑登録証明書を作ることはできるのですが、そうすると不動産の登記をするときに「納税管理人」を設定したり、本帰国した時に登記されたバンコクの住所を日本の住所に変更する届け出が必要になります。

従って、よりシンプルに登記をするために、実家のある金沢の住所を印鑑登録証明書に記載することにしているのですが、それは、実家の住所が記載されている、有効なパスポートや運転免許証などを使って、本人確認を行い、印鑑登録証明をすることは、今のインフラのままでも何の問題もなくできるはずです。

こういうことを考えれば考えるほど、ムカついてきます。(笑)あとで取り上げますが、横浜市の固定資産税にも同じようなおバカなことが起こっています。


何もしないで東京に帰るのも癪なので、超久しぶりに「近江町市場」に寄り道しました。転んでもタダで起きたくなかったのです。 あームカつく(笑)

P1100635.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク