歌舞伎町の底知れぬ凄さ メインイベントを終えて

2018年11月 小ネタ満載(笑)の仕事納め帰国


歌舞伎町の底知れぬ凄さ メインイベントを終えて

5日目11月25日
歌舞伎町にある衝撃の10円握りずしのお店の後、ダメ押しの行きつけ爆安店へ行きました。激安度の比較です。
ハイボールとチューハイ、そしてこのお店の押しメニュー(らしい)チャーハン。

s-DSCN0786.jpg


お会計は550円。チャーハン単品のお値段ではありません。チューハイとハイボールも一杯ずつ付いた値段です。

s-DSCN0787.jpg


歌舞伎町の底知れぬ凄さを再確認して、超満足感に浸りながら宿に戻りました。


6日目11月26日
いよいよこの日はこの帰国のメインイベント。先月の帰国で4物件の中から選んだ購入物件の契約と決済を行う日です。
不動産の神よ、絶えざる光でお照らしください…ってな感じで、この日もいい天気でした(笑)

s-DSCN0792.jpg


新宿からは埼京線で乗り換えなしで買い付け業者様に行けます。便利です。

s-DSCN0793.jpg


このところ立て続けにこの業者様から物件を仕入れています。担当者様とも随分打ち解けてきました。この時は重説の読み上げや決済をしたのですが、まず、タイの話から入るのがこのところのパターンです。(笑)

s-DSCN0794.jpg


s-DSCN0796.jpg


いつもどおり、無事決済を済ませ。まだ11月なのにこの年の仕事納めということになりました。何度も記していますが、この時に買い入れた物件が、一つの目標としていた所有20物件目となり、記念すべき日になりました。(売買は25物件目でした)


ほとんど何も知らないまま、初めて築地の物件を買ってから13年目。途中、転職と言うか前職を早期リタイアするという、まったく予想もしていなかったことも、難なくやり通し、こまごまとした面倒は今もありますが、実に順調にことが進んできたことに感謝、感謝です。

不動産投資の世界の中では、僕のやっていることはまだまだ小規模で、資産形成にも時間がかかりすぎてしまったというのは分かっています。でも、僕の中では決して無駄に時間を引き延ばしてしまったという思いはありません。

無理せず、自分のテンポで、借金を(ほとんど)せず、ボーっとしながら(笑)、嫌になることなく、けっこう楽しくやってこられたことを本当に幸運に思っています。何冊も書籍を読んで参考にさせてもらいましたが、具体的にこうなるように導いてくれた人は誰もいません。もちろんその間には、いろんな人たちのサポートは沢山いただきましたが、基本的には僕自身が道を切り開いてきたのです。


バンコクに来た頃、日本人が集まる深夜野外サロン(もうなくなりそう…)で、ビールを飲みながら東京の反社…(汗)の方が、こう教えてくれたのを今でもはっきりと覚えています。

男はどんなに汚くてもいい、お金をとってくるのが仕事、女は子供を産んで育てるのが仕事だ。

汚いお金じゃまずいし、もちろんそれがすべてではないと思うけど、これが本質、男はやっぱそうあるべきだと思っています。僕の場合は本当にラッキーだったのですが、多少そんなことをできたのかも知れないと、安堵しています。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト



プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク