僕ってネトウヨ?

僕ってネトウヨ?


僕って言っていますが、ジジイです(笑) お許しを(笑)
新年だからと言うわけではありませんが、最近気になるネット情報があったので、少し考えてみました。ネット情報と言っても、そのソースはテレビ番組です。

某局朝の番組に、「そもそも総研」という古くからのコーナーがあります。その担当者が何度か日本の味方とならないようなコメントをしていることがあり、ネットのコメントで非難を浴びていたことは知っています。

最近韓国軍のレーダー照射事件では韓国を断罪していたらしいので、是々非々なのも分かっています。

そのコーナーで先日、ネトウヨとはどういった人のことを言うのか?というテーマを取り上げていました。ネット社会になってからの新しい言葉である、パヨクとかネトウヨと言うのはいわゆる隠語・俗称で、蔑称ともとれる言い方だと僕は理解しています。


僕は考え方が左寄りで、それによってなにがしかの迷惑をかけている人をパヨク。同様に右側の考え方で、それにより、社会になにがしかの迷惑をかけている人のことをネトウヨと言うのだと思っています。

その昔、新大久保でヘイトスピーチをしていた人たちをネトウヨ。でその周りで邪魔していたカウンターの人たちをパヨクと言うのでしょうかね。

これは勝手に僕が定義したことなので、何の信頼性もないのですが、言いたいのは右寄りの考え方や左寄りの考え方を持つこと自体には何の罪もなく、それぞれの自由は保障されていると思います。日本はそんな国です。

ところが…。

「そもそも総研」の古◎なにがし殿(◎はメタタグ使いたくないので…汗)のお話では、中国、韓国、朝◎新聞が一つでも嫌いな人はネトウヨだということでした。

???

これって突っ込みどころありすぎでしょ…。

尖閣諸島の問題や南シナ海の覇権主義、そしてウイグル、チベットの前時代的大人権弾圧。更に自国の土地や不動産?企業などは外国人の売買を禁止しているのに、自分たちは外国で自由にできるという不公平。正規のルートを通さないでただで技術情報を盗みまくる。同じことを自国内で外国人がするとスパイ罪で処罰。かように思い出してみると、お笑いが多すぎな国である中国なのですが、この国(のやり方)に賛同しなさいというのは逆に無理がありすぎると思います。 (落語の寿限無みたい 笑)


先の大戦以前は、確かに日本に植民地のように併合されました。その間に日本は人口増加やインフラの整備、更に教育機関まで充実して国力を大きく前進させるための力となり、戦後賠償金として当時の国家予算一年分以上(値切りすぎと怒っていたようです)の補償をして、漢江の奇跡と言われる復興に寄与しました。そしていっさいがっさいを1965年にかたをつけて納得してもらったはずなのに、今も屈辱的な慰安婦像を日本大使館前に置き、外国にもばらまいています。そして、観艦式で海上自衛隊に旭日旗を掲げるなといちゃもんをつけておきながら、自分たちは李舜臣の旗を掲げ、そこに文ちゃん(大統領)が乗ったようです。自衛隊の飛行機にロックオンしておきながら、海が荒れていて救助のためにレーダーをいろいろ使ったとごまかし、映像を公開したら全然荒れていなかったというとんでもなさ。更に軍関係の船が公海や他国のEEZ(排他的経済水域)に入るときは、自国の国旗を船に掲げる義務があるはずなのに、旗を掲げず北朝鮮と思われる遭難船を救助(背取りかも)していたのではという、韓国も憤懣やるかたない事象がこのところ特に続いています。 (金明竹より長いぞ 笑)

ついでに…
これら2国と日本は、漢字と仏教に大きくかかわっている、思想や人種的にも近い国々で、更に台湾も入ってもらってすべての国が何のわだかまりのない協力関係になれば、大きな存在となり、地球規模での寄与ができる優秀な力となり得ると思うのですが、何をとち狂ったのか、爆笑新喜劇が続いています。我が事ながら、まったくおバカな人たちだと思います。


朝◎新聞
南京大虐殺や慰安婦など、上に示した2国の日本に対する横暴の原因を、我が日本の代表的新聞社があおったというのは今もって信じられません。当新聞ではないのかもしれませんが、靖国神社に政府関係者が参拝しにくくなったのも日本人が焚きつけたことだと言われています。

上記の国と新聞社もまだまだ記すことがあるのですが、もうやめておきます。でもこれだけ記すのあっという間でしたよ。いつもの旅行記と違って、すらすらぱ~~っと書けました(笑)



これら3つことを好きか嫌いかのどちらかにしろと言うのは、無理が多すぎますよね。朝◎新聞もいい記事書いてある時もありますし、中国の人や韓国人もいい人は沢山いるでしょう。そういえば昨晩、夜中の路上呑み(笑)で思わぬ乾季の雨があったときに、韓国の人が雨宿りをさせてくれました。

いったい何が悪いのでしょう?

中国や韓国の中には日本のことが嫌いな人もいるんでしょうね。ソウルのタクシーは日本人と見るやぼったくってくるのは本当ですし、中国は共産党が悪すぎると思っています。でもやっぱ、好き、嫌いなどと言い切ってはいけないのでしょう。


朝◎新聞は誤報が許されない大報道機関でありながら、実力女性記者殿が「エビデンス(証拠)なんかね~よ」とのたまう始末。なんと女性が男言葉の捨て台詞…。それに「そもそも総研」のネトウヨは誰のことなどという扱い方の両方に見て取れる、

言葉の語感や意味を軽くとらえていることの危うさを感じざるを得ません。



「そもそも総研」ではネトウヨはどんな人達なのかというコーナーも、勉強になりました。午前中など普通の人なら仕事をしている時間帯にコメントを書き込んでいる人ってどんな人?ということで調べてみると、分別のある40~60歳代で、自営業や医者などの高所得者で、若者ではないことが分かったようなのです。

あれ? 所得以外(泣)は僕とおんなじ属性じゃん。  (笑)

でも僕は番組やYouTubeにコメントを書き込んだことはありませんよ。

僕ってネトウヨなのかな~。ニュートラルだと言いたいんだけどな~。変なレッテル貼りや印象操作をされるのはごめん被りたいものです。安倍ちゃんの答弁みたいでスミマセン(笑) 本当は落語の大工調べみたいにパーッと言いたいんですけどねぇ…。

今回は新年初のオヤジの独り言でした。毎度ながら書き散らかしてスミマセン。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク