バンコクのコンドミニアムのを内見してみました プラカノン編2

バンコクのコンドミニアムのを内見してみました プラカノン編2


前回の記事では、プラカノン駅周辺のハッピープレイスタワープラカノンコンドミニアムスクンビットマンションを見て回りました。中には売り物件のないアパートメントもありましたが、お家賃は総じて低めで、庶民の街と言った雰囲気がまだ色濃く残っているのがこのエリアだと思います。
 
一つ隣のオンヌット駅周辺は既にたくさんのコンドミニアムが建設されていて、お家賃が高くなったトンロー、エカマイあたりから流れてきたと思われる日本人もたくさん住んでいます。

オンヌット駅は長い間、BTS(スカイトレイン)の終点駅でしたが、それがベーリンまで延伸、更にサムローン、そして現在の終点ケーハ駅まで延伸しました。数えると14駅も伸びたことになります。

オンヌット駅から向こう側は結構コンドミニアムが建設されているのですが、一つ手前のプラカノン駅は、不思議とまだ未開発なところが多いのです。

そこで今回は、プラカノン地区のスクンビット通りソイ71。俗称ピーディーの少し奥にあるコンドミニアムを紹介したいと思います。

アジアンタワー
場所はピーディーソイ16。正確に言うとPridi Banomyong(プリディパノムヨン)ソイ16を入ったすぐ右側にあります。グーグルマップにはなぜか建物の表記がありません。

s-IMG_20190709_140613.jpg


スクンビット通りから少し離れますが、そんなに遠いという感じではありません。ここまで離れると徒歩でと言う訳には行きませんが、ピーディーにはシーロー(乗合軽トラック)やソンテウ(乗合トラック)そして乗合バスも通っています。

このコンドミニアムは内見ができました。

s-IMG_20190709_135315.jpg


間取りはいわゆるワンルームですが、僕の持っている東京の15平米のワンルームマンションとは訳が違います。40平米はあるとても広いスタジオタイプのお部屋です。

広めのベランダはタイでよくあるミニキッチンがありました。洗濯機もここに置くことになります。

s-IMG_20190709_135325.jpg


トイレとシャワー。バスタブはありません。それが一般的なタイのスタイルです。

s-IMG_20190709_135337.jpg


入口の扉はなんと2重になっていました。

s-IMG_20190709_135527.jpg


このお部屋が125万バーツ。毎月払う共益費は月額500バーツです。約1700円なのです。東京のワンルームマンションの共益費の約10分の1な安さ。しかもこの手のコンドミニアムは駐車場が無料のところが多いです。

ベランダをぶち抜いて、隣の区画とつなげたお部屋も見せてもらいました。(一番上から2番目の写真)そのお部屋は250万バーツでした。(2019年8月現在)

このコンドミニアムがあるソイの入り口にはセブンイレブンがあり、近くに大型スーパーがマクロとマックスバリューの2店舗もあります。生活するうえでは大変便利なコンドミニアムだと思いました。

難点
上記のあるようないいことばかりではありませんでした。まず、建物がかなり古く、廊下が暗いのが気になりました。外観はタイル張りで見栄えは悪くないのですが、中に入ると臭いもあり、悪い言葉ですが陰気クサイ感じは否めませんでした。

このコンドミニアムはお知り合いの日本人が住んでいます。それもあって見てみたいと思ったのでした。全体的には価格も安めなので、臭いのや暗いのを我慢すれば(笑)いいかと思います。

オフィスの女性がフレンドリーでよかったことも記しておきたいと思います。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク