確定申告の書類作成 その1

現代のマンション経営

僕が大家さん稼業の中で、パソコンで行っていること。

1. 家賃の入金確認(ネットバンキング)
2. 管理費などの共益費の支払い       
3. 不動産購入にかかわる決済などの入出金
4. 税金の支払い(ペイジーなど)       
5. 賃貸管理会社との連絡          
6. 賃借人様との連絡            
7. 帰国のための交通手段、宿泊場所の確保  
8. 実家との連絡               
9. 賃貸募集                
10. 物件検索
11. 業者様からの物件提案
12. その他関連業者様との連絡
13. 大島てる
14. エクセルで収支管理           
15. 確定申告の書類作成 ←いまここ

15.確定申告の書類作成  その1

パソコンで行っている仕事で、大切なことがまだ残っていました~。
補足してこのシリーズを終えたいと思います。

会計ソフトを使って確定申告を行う
僕は「やよいの青色申告」を使って確定申告を行っています。
使い方そのものはさほど難しいものではないのでよかったのですが、なにせ会計の知識が全くないので、はじめは出てくる専門用語がすべて経文?中国語?みたいな感じでした。

会計ソフトで大変なこと
会計ソフトにお任せ状態で確定申告の書類を作成しているわけですが、
手間がかかることがいくつかあります。

収支の入力
一つは当然のことですが、銀行口座での預け入れと引き出しのすべてを会計ソフトに入力します。また、現金での収入と支出もすべて入力します。一年間の情報をすべて入力するにはかなりの時間と手間を要します。

仕訳の判断
事業のための支出は、経費として入力することになります。その経費を収入から引いたものが所得になるので、無駄な納税を未然に避けるには、事業のための支出をもれなく経費として入力することが重要です。

ただ、事業に関係ないものまでを経費として計上することはできません。ところが支出の中には事業にも関係あるけど、グレーゾーンで自信をもって経費に計上できないものが必ず出てきます。

例えば、僕の場合は、不動産賃貸業としての業務の中に、物件の購入をするという重要な仕事があります。
現在バンコクに在住しているので、バンコクのマンション事情も気になります。

事業として展開できるかどうかを判断するためにはそれなりの情報も必要です。そのためにバンコクのデベロッパーが企画したマンションの見学ツアーに参加したこともあります。

また、タイ国内を旅行しても、盛んに建造しているマンションを単なる観光気分で眺めているわけではありません。そのような旅行でも、いってみれば事業に関係しているのです。

現在、その類の旅行はほとんど経費には計上していません。
税務署様が、経費にするためには事業に関連したという記録や証明がなければなりません。
というのです。

このブログはそんなときに役立つときが来るのでは?とも思います。
つづく

リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク