こんなところに泊まりました その1

バンコクから大型バス(ロットゥア)で5時間、そのあとフェリーに乗り継いで、チャーン島に行きました。
この島は、タイで有名なプーケット島の次に大きな島で、ビーチが魅力的で外国の観光客が多い場所です。

宿泊したバンガローは島の南端、バンバオ埠頭の入口にあります。
海が目の前にあるこの場所に到着したときは、南国そのものの風景に感嘆の声を上げました。
こんなところがまだあるんだ…。

バンガロー
宿泊費も激安。夢の世界に入り込んだような気分でした。こんなことは多分二度と経験できないだろうと思いました。

部屋の中は簡素そのもの。シャワーとトイレ以外は何もありません。だけど、このシーズンの夜は涼しいのでクーラーなど要りません。少し肌寒いぐらいの南国。訪ねるのには最高のシーズンです。

夕日1
夕日を撮ってみました。実にトロピカルないい映像になりました。

夕日2
これは夕日というより、印象派の名画「印象・日の出」の実写版という感じでしょうか…。

猿
ここにもいましたお猿(リン)さん。病気になるお猿さんはみんなリン病? なんちゃって555
バイクで移動の途中で大きな象が2頭道を横切っていくのが見えました。
さすがチャーン(象)島…。ちゃーんといるんだ555…………。  おこってますか?

つづく

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

凄い絶景ですね♪ ( ´∀`) 南の国だ。
バンガローも素敵過ぎます!
今更だけど、チャーンって象って意味なんですね♪ 

ガバオ好きさんへ

>凄い絶景ですね♪ ( ´∀`) 南の国だ。
>バンガローも素敵過ぎます!

昨日の夜帰りました。
fantasticな体験でした~。

>今更だけど、チャーンって象って意味なんですね♪

チャーン島で見た動物。
象、猿、蛇(バイクで轢いちゃった…)
そして、羞恥心のない白人女性たち555

追って記事にしたいと思います~。

蛇轢いたんですね(T_T) 
記事お待ちしてます。(*^-^*) 

Re: ガバオ好きさん

> 蛇轢いたんですね(T_T) 
> 記事お待ちしてます。(*^-^*) 

いゃ~
驚きました。タイにはキングコブラもいますからね~

シャレになんないっす555

キングコブラ?笑 ほんもの見たことないですよ。(T_T) 道端にいるんでしょうか? 
バンコクには、いないですよね?笑 (T_T) 

Re: ガバオ好きさん

> キングコブラ?笑 ほんもの見たことないですよ。(T_T) 道端にいるんでしょうか? 
> バンコクには、いないですよね?笑 (T_T) 

頭を持ち上げて首の下が広がるやつです。
レッドスネークカモンじゃありませんよ555

タイでは民家の洋式トイレの穴から出てきます。YouTubeに動画あります。

バンコクにいたらシャレになんないす。


ですよね?笑 失礼しました!(*^-^*) 首都バンコクにはいないですよね? 
キングコブラ。一生ほんものに遭遇したくないですが。 

Re: ガバオ好きさん

> ですよね?笑 失礼しました!(*^-^*) 首都バンコクにはいないですよね? 
> キングコブラ。一生ほんものに遭遇したくないですが。 

僕のイメージでは、タイの蛇は全部毒ヘビ…。
バンコクに毒ヘビの血清研究所があるそうですよ。

近づきたくないです~。(失礼)

タイの蛇恐るべしですね(笑)
やっぱり、あったかいと蛇もスクスク育つのでしょうね~ 南国が好きです!常夏サイコー (^o^)v 

Re: ガバオ好きさん

> タイの蛇恐るべしですね(笑)
> やっぱり、あったかいと蛇もスクスク育つのでしょうね~ 南国が好きです!常夏サイコー (^o^)v 

そうですね~。
今の時期はとっても過ごしやすいけど、暑い時期は、ハンパないっすよ。
そんな時のしのぎ方を今も考え中です。

その時だけ帰国しようというのがいいかなと思っています。

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク