ビーチとお別れ

ビーチとお別れ

2016 01 2回目 クラビの旅


4泊目の朝、クラビ最終日になりました。
ゆっくりと身支度をして、連れの方とお薦めのレストランで食事をします。ビーチから少し離れた場所にあるジャングルキッチン。このレストランはトリップアドバイザーでアオナン地区ランキング第一位のお店です。バンガロー調の雰囲気のいいお店です。

P1030136B.jpg

席に座ると猫が近づいてきました。

P1030137.jpg

前回おとずれた時にもいた、毛足の長い猫。この前は子猫でしたが、この猫は立派というかかなり暑そう…。尻尾も立派で特徴的です。バンコクでは見ることのないタイプです。

P1030139.jpg

人になれているようで、ふれあいタイムも持てました。エサなしで(笑)

P1030141.jpg

P1030144.jpg


タイ南部料理も最後なので、いくつも注文してしまいました。

P1030145.jpg  プーパッポンカリー

P1030146.jpg  パイナップルカレーと黒胡椒の海鮮炒め 


バイクを返すまで自由行動になりましたが、結局連れの方とアオナンビーチの交差点にあるベンチでまったりと海を眺めました。

P1030147.jpg

P1030150.jpg

これで目も眩むような海や、南国の白い砂浜を堪能したビーチリゾートも終了です。
ビーチモードの女性たちの刺激が強すぎて、脳みそが爆発しそうになるのが難点だけど(笑)やっぱクラビはいいところです。


帰りは、予約した乗合ワゴン(ロットゥー)で空港に向かいます。

P1030152.jpg

17:40発のバンコク、ドンムアン空港行きに搭乗するまで少し時間がありました。空港の中を周ると、タイらしい表示を発見。水鉄砲の機内持ち込み禁止の表示です。こういうことは日本では多分ありえませんが、タイでは4月の13日~15日にあるタイ正月のソンクラーン(水かけ祭り)で、たくさんの人が銃を手にする(笑)ので、うっかり機内に持ち込む人もいるのでしょう。

P1030153.jpg

ボーディングパスにはターミナル1とあるので、素直にその場所に行くと、入り口で止められました。国内便はターミナル2でした。他の人が持っていたパスも、そうなっていました。往路のドンムアン空港でのインフォメーションボードが違う出発時間の表示されていたことといい、この誤表示といい、エアアジアさん、しっかりしてくださいよ~。

P1030154B.jpg

とはいっても、エアアジアには沢山の恩恵をいただいているので、そうそうは怒るつもりになれないのです。この2/17日からの旅行でも(また旅行?)申し訳けなく、信じられないぐらい、ありがたい思いをさせてもらっています。 それは追って…。


搭乗です。

P1030155B.jpg

出発します。

P1030156.jpg

無事ランディング。

P1030157.jpg

新しいターミナルも、到着ロビーまでは距離がありました。ひたすら歩きます。運動運動。

P1030158.jpg

新しく、広々とした到着ロビー。

P1030159.jpg


ターミナル2の供用により新設された、国内線到着ロビー前にもモーチット行きのA1バス乗り場はできています。が、

ここでお得情報です。その新設されたA1バス乗り場で乗るより、少し歩いて、ターミナル1の国際線到着ロビーの6番出口前にある乗り場から乗った方が、大きな荷物がある人は大変ですが、確実に座席に座れます。以前よりA1バスに乗ったことのある方は、以前より乗った場所から乗ればいいとご理解していただければいいと思います。

P1030160.jpg


2016 1月 2回目 クラビの旅  完


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク