リー・クアンユーを偲んで

リー・クアンユーを偲んで

201602  クアラルンプール、シンガポールの旅

シンガポール3日目

昨晩のマリーナベイサンズのレーザーショーを見た余韻も残っていたのか、更にシンガポールの魅力を尋ねてみたいと思いました。シンガポールと言えば、何といってもリー・クワンユー初代首相。僕にとっては観光名所より人物探訪です。

リークワンユー首相
建国の父 リー・クワンユー


歴史上優れたリーダーは沢山いますが、近代史においてこれほど具体的な成果を上げることができた人はいないであろうと思う、僕にとっては真のリーダーであるリー・クワンユー首相。すごいの一言です。

泊まっているゲストハウスのすぐ近くに彼の生家があるということなので、尋ねてみることにしました。

ニールロード。この通りのあたりで彼は生まれたということです。実際に住んでいたのは一等地のオーチャードなのですが、住居跡を記念館などにしてはならないという遺言を残したということです。2015年3月23日没なので、もう一周忌になります。

P1030521.jpg
ニールロード


この建物はプラナカン建築と呼ばれています。プラナカンとはここで生まれたという意味で、マレー人と華僑との間に生まれた人を言います。シンガポールはニョニャ料理が有名とのことですが、ニョニャはお母さんという意味で、プラナカン文化は今も大切にされているようです。

P1030517.jpg

P1030519.jpg

P1030520.jpg

P1030522.jpg


街並みを昔のまま綺麗に残してありましたが、裏に回るとこういうところもありました。

P1030523.jpg


どこにもないと言われているシンガポールにゴミがある(笑)。そりゃありますよね、人間が住んでいるんですから。

P1030524.jpg


近くにあった建物の入り口が、凄かったので撮りました。

P1030518.jpg


これは絶対入れません。厳重すぎます(笑)。
この建物は警察署でした。思えば現在のシンガポールがあるのは、リー・クワンユーが悪いしがらみを徹底的に排除したことによるところが大きいと思います。東南アジアでありながら、整備されているマレーシアでも腐敗はまだ残っているということです。タイは未だにどっぷりやられているようです(笑) 中国はどうなんでしょう? 諸悪の根源?(笑) 日本にもあるでしょう…。パナマペーパーの全容を早く知りたいものです。


華僑がらみの腐敗を断ち切るのは血の滲む思いだっただろうと思います。その一端をこの警察署の入口に見たような気がしました。チャイナマフィアはイタリアシチリア島の本家マフィア(コーザノストラ)も驚く世界規模。よく刺客にやられず生涯をまっとうすることができたと思います。

ゲストハウスに戻る途中にも、素敵な街並みがありました。大通りは韓国の焼肉屋さんが多かったように思います。コリアンタウンなのでしょうか。

P1030525.jpg


お勉強の後はコンプレックスでまたまたビールです。うまいんっだなこれが(笑)

P1030546.jpg


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク