ゴミ部屋の実態はこうだった

2017年2月 仕事のつもりが、観光旅行に変わってしまった帰国


ゴミ部屋の実態はこうだった

注意!
以下の記事は閲覧注意です。Shockが強すぎるのが苦手な人は、直ちにこのページから離れてください。



前回の記事で控えていた、ゴミ部屋の実態をご紹介します。
これは僕が所有している物件の上階のお部屋の様子です。漏水の原因となったので改善を求めていました。

310 1


310 2


むむむ…。この部屋の住人さんは毎晩どうやって寝ているのでしょう?
ペットボトルのスプリングが効いたところで寝ているのでしょうか?

310 3


ユニットバス、トイレの様子はこうでした。
お風呂どころか、シャワーも浴びることができないと思われます。
いや~~。 凄い…。

310 4



洋式トイレの便器の中の様子を撮影したものもありますが、掲載は犯罪に値すると思われるので、常識的な判断をいたしました。食事中の人は大変なことになると思われます。

凄いトイレ


前回の記事にあるようにサブリースの貸主様にあたる、お部屋の担当者様と話し合いの後、担当者様が業者様と協力して思い切って行動してくれました。普通この手のトラブルになるような入居者様は、話にならない、日本人なのに日本語が通じないようなお方が多く、一筋縄にも二筋縄にもいかないようなのです。

入居者様ご本人にはなかなか連絡がつかず、保証人である父親様にも担当者様が連絡したのですが、この方がまた、「子供みたいな方」ということで、話にならず、膠着状態が長く続きました。

そこに僕が再び本社まで直接出向いて事情を聴き、対応をお願いしたところ、担当者も頑張ってくれたのだと思っています。


諦め半分だったのですが、お部屋は激変しました。

310 5


310 6


担当者様に大感謝です。よくぞここまでやってくれました。
菊池寛著「恩讐の彼方に」で青の洞門を貫通させた、市九郎のような偉業だと思いました。


思えばこれは、現代の怪談です。
僕はこのようにゴミ部屋にしてしまうような入居者様は、賃貸借契約を失効させ、退去してもらえばいいと思っています。

家賃を払えば、何をしてもいいはずがありません。
僕は大家としてなすべきことをしようと行動し、担当者様も同様に行動してくれました。当然入居者様もお部屋をきれいに使うという、なすべきことをすべきなのです。

今回はショッキングで、目を覆いたくなるような記事でした。
ご覧になった方には申し訳なく思います…。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク