タイに住む日本人紹介 その6

タイに住む日本人紹介 その6

タイに住む日本人を分類してみました。
・リタイヤメントビザ取得者のロングステイヤー  
・日系企業の駐在社員
・飲食店等の経営者 個人事業主
・現地採用の社員     ←いまここ
・語学留学等の就学ビザ取得者   
・在留者の子どもたちなどの家族  

ここから怪しくなります。
・ビザ無しの長期滞在者(最近出来なくなりました)  
・就学ビザを取得して、就学せずに滞在する者等
・外こもり 
・完全なる不法滞在者  

現地採用の社員について

タイで働く日本人は以前にご紹介した駐在員だけではありません。
駐在員は基本的には日本で就職し、その企業の辞令を受けてタイに赴任しています。一方、タイに渡ってから就職してタイで働く現地採用の人たちも結構大勢います。

僕の知り合いの方にも現地採用の方たちが何人かいますが、その人たちにはいつの間にかある種の気を遣ってしまいます。なぜなら、先に紹介した駐在員の人たちとはあまりにも待遇が違い、お気の毒に思うからです。
(そんなつもりはないんですが、上から目線でしょうか…すみません……)

駐在の待遇のことを考えているとやってられない…。という言葉は何度も聞きました。
そこで、駐在員と待遇の比較をしてみたいと思います。

給与
駐在 日本での給料は保証されていて、更に海外赴任手当がつく。その金額も結構な額らしいです。
現採 よく聞く給料の金額は、3万バーツ(約108000円)です。

これが一番違うようです。それでもタイ人の1ヶ月の給料は、1万バーツに満たない人もいるということなので、それなりにいい給料なのかもしれません。タイは物価が高騰中とはいえ、依然として日本よりいろいろな点でのコストは安いので、生活そのものは十分できると思います。

住居
駐在 日本では住めないぐらいの高級コンドミニアムに住み、メバーン(お手伝いさん)が付きます。
現採 若い人が多いので、単身者用のワンルームマンションが多いようです。

通勤
駐在 タイ人ドライバーの運転で出勤します。
現採 公共交通機関を使うか、バスやワゴンなどに乗り合わせて出勤するようです。

話を聞くと、なんと無酷い…。階級社会も此処に極まれり…。一億総中流などといった話はどこへ行ったのかなどと唸ってしまいます。

また、タイでも正規雇用と非正規との違いもあり、ビザの取得等で気を揉んでいる人もいるようです。タイは正月が三回あります。その都度タイ人従業員は休みになったりしますが、そんな日でも出勤を命ぜられ、ブラックと言われても仕方のない企業もあると聞きます。まだまだ話はありますが、これぐらいにしておきます。

話は変わります。 現地採用として働く人は、若い人が多いです。日本国内では、引きこもりだの、内向きだのと若い人たちを非難する向きが目立ちますが、実際バンコクで暮らしてみると、大学卒業後いきなりタイへ来て働き始めている人も結構いて、多方面で活躍していることがわかります。

からだ一つで遠い異国に乗り込んできて、実力だけでキャリアアップしていった人たちを知っています。
そんな若者たちを見るととても頼もしく思います。

何かと大変なことがあるのはどこで働いても同じですが、いいように捉えると、いい意味でのハングリー精神が生まれやすいので、環境としては悪くないのではないかと思います。

知り合いの女性が、何かと会長さんや経営委員の発言が話題になっている某テレビ局に密着取材され、外国で活躍する日本人の若者というテーマの番組に出演?するということがありました。

僕もかねがね、日本にいる若者たちにそんな素晴らしい人達がバンコクにたくさんいるということを知ってほしいと思っています。

現地採用の皆さん頑張って~。とエールを送りたいです。

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク