僕がタイの不動産に手を出さない理由 その2

僕がタイの不動産に手を出さない理由 その2


運営やトラブルを自力で解決できない
他意のない個人的な思いを以下に記したいと思います。余計なお世話になりますが、投資はあくまで自己責任です。自分がうまくいかないのを人のせいにすることはできないと心すべきだと思っています。

であるから、自分でできる範囲のことを納得して行うというのが僕のスタンスです。

僕はバンコクに在住中なので、タイで不動産投資をするためのアドバンテージが十分にあるかと思います。この地に住み始めてからその利点を生かすべく、その可能性を探っているのですが、今のところ具体的に何かしようとは思いません。したいと思わないです。

P_20170914_152940.jpg


その理由のもう一つが、言葉と文化の違いです。
物件を購入して賃貸として、お部屋をタイの人に貸した場合を考えます。日本では賃貸借契約を交わし、2年ごとに契約を更新しますが、タイでは日本ほど厳格な契約関係が成り立っているとは思えません。

僕の住んでいるアパートは260室あるそこそこの規模の集合住宅ですが、僕が初めて借りたときはデポジット(預託金、敷金とは少し違うと思います)8000バーツを預けて、最初の月の賃料を支払いしたということの領収書をもらっただけです。契約書はありませんでした! チンロー(ほんと)?


賃料10000バーツを越える賃貸物件については、日本人が起業している不動産が仲介をしてくれるようですが、ワンルームマンションのような賃料の安い物件は相手にしてくれないことが多いみたいです。

そうなると、コンドミニアムの場合は大家さんが直接借主様さんと交渉しなければならなくなります。日本人ならまだしも、タイ人を相手にしなければならなくなる場面が多くなると思います。それを日本の業者様に依頼することもできるかと思いますが、儲けにならないので嫌がられるでしょうし、それなりの費用も発生し、ますます利回りが下がります。


日本人であれタイ人であれ、すべての人が気持ちの良い賃貸借関係を築けるとは限りません。トラブルが生まれれば、しかるべき場所に行って第三者に解決を求めることにもなりますが、タイ人とトラブってタイ人に第三者になってもらって解決を求める場合は、公平な判断はまず期待しない方がいいと思います。

タイの人は第三者に向かって、あることないこと、ないことないこと(笑)を誇張、時には嘘も交えて主張します(人によります)。そして、第三者はまずタイの人の味方になります。公平性を期待できないとっても言い過ぎではないと思います。

そんな場面を僕自身が、この目で見たこともあります。その時に被害を受けた仲間の日本の方は本当にお気の毒でした。


これは日本でもニュースになりましたが、本家レッドブルの御曹司がスクムビット通りで警官を事故死させてしまったのに、逮捕されないで済んでいます。身内であろう警官が被害を受けても警察は容疑者を逮捕できないのです。

やり方のパターンは決まっています。まず警察から出頭を命じられても病気等を理由にして出頭しません。そして散々時間稼ぎをして、挙句の果てに海外逃亡です。タイでは元首相が2人も海外逃亡しています。昔からヤバくなったら海外というのが習慣になっているようです。裕福層は捕まらないのです。

裕福層だけではありません。バスやワゴンタクシーの運転手様が事故ると何をするのかというと、乗客を乗せたまま自分だけが逃げるのだそうです。韓国であったセウォル号と同じパターンです。

レッドブルの御曹司は、タイ警察が海外手配の手続きをしたらしいですが、タイの人たちはまたか…。と思っているハズです。どうも悪いことをしてもなんとかなったりすると期待しているフシがあるのです。


残念ですが、タイの人に賃貸で屋部屋を貸し出すのにはリスクが多すぎると思います。大方はマイミーパンハー(問題なし)なのでしょうが、トラブルとかなり面倒くさくなるだろうな~。と思ってしまいます。


タイ語には
礼儀 マーラヤー
遠慮 クレーングチャイ
もったいない シアダーイ

という、日本でも大切にしていて、外国にはあまりないと言われている単語が存在しています。
特に、マイトンゲンチャイ(遠慮しないで)やシアダーイという言葉をタイ人が使っているのを聞いて、本当に素晴らしいと思いました。

タイの人は、日本人と近いところがたくさんあると思います。僕はタイの人が基本的には好きです。

そんなところでも大家さんをするとなるとハードルは高いと思っています。なので、今のところは東京23区の物件しか購入するつもりはありません。

この11月、もうすぐです。あと1物件の購入で、純資産がいよいよ目標額に到達します。純資産とは借り入れのない資産のことです。12月になっても年を越してもいいので、納得な物件を選べればいいと思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク