ビルマのゼロファイター、井本勝幸さんのお店に行くの別バージョン

2017 06 5回目チェンマイ旅行


ビルマのゼロファイター、井本勝幸さんのお店に行くの別バージョン

前回の記事では、チェンマイにある井本勝幸さんのお店「憩」であったことの記憶をたどって記しました。今回は、お店に行った後にメモとして記していたものをアップしたいと思います。

P_20170626_193743.jpg


お店は宿泊したホテルのすぐそばでした。

チェンマイ旧市街地図 ホテル 憩い


お店に入るとき、入口横にあるオープンのテーブルに日本人と思われる方たちがいました。その中のお一人が僕に挨拶をしてくれました。お店に入ってしばらくしてから、外に出てお店の写真を撮って中に入る時に、思い切って尋ねてみると、なんと井本さん本人でした。

こちらに来ませんかと勧められたので、恐縮しましたが、またとない機会ではないかと思い、ご一緒させていただきました。お仲間の方と3人でいろいろな話を聞きましたが、お話の内容のレベルが違いすぎて驚きの連続でした。

そして、有本香さんと生電話。最初、井本さんが通話し、スマホを預かると通話が切れてしまいました。しばらく別の話をしましたが、再び電話をかけてどなたかと通話をしていました。別の方と話ているのかと思っていたら、突然スマホを僕に渡してくれました。
スマホから、落ち着いた有本さんの声が聞こえてきたのに不思議な感覚を感じました。「有本です…」

バンコクにもいたことのある方なので、その関係の話を少しして、もう一人の方に渡しましたが、井本さんばかりでなく有本さんとも話せるとは…。

その後2017年7月13日の虎ノ門ニュースに井本さんがふたたび出演した時に、有本さんが夜中に井本さんから電話がかかってくると言っていました。あっ、それって僕と話した電話のことだ(笑)話をしたのはチェンマイの夜10時頃だったので、東京は夜中12時。 申し訳ない…。


ミャンマー内戦のことばかりでなく、ミャンマーとアウンサンスーチーの現状、ノーベル平和賞をいただいた彼女も、完全に軍政の中に取り込まれているというお話でした。今では、ロヒンギャの問題についても、排除する立場に回っているなどと言った話を聞きます。

また、ミャンマーの軍政とは、インパール作戦等の先の大戦での士官の(牟◎口中将)悪評、インパール作戦の戦地に近いミャンマー側の遺骨収集のこと、ダライ・ラマとの交流、等まだまだいろいろな話を聞きました。

僕の方も先頃の帰国で靖国神社に行ったときにたまたま知った、泰緬鉄道の話(6月帰国の日記に詳しく記してあります)や、来るときに飛行機内で読んだ再読の「永遠の0」などで得た知識を織り交ぜながら、話しに混ぜていただきましたが、どの話も大変興味深いものでした。


井本さんは福岡のご出身ですが、お坊さんの修行を東京のとあるお寺で行いました。その時の先輩たちの不条理な要求や、体罰の話を聞き驚きました。そのときにされた体罰のために前歯が差し歯になっているとのことで、このお寺の秩序を軍隊に取り入れたのだというお話でした。まさしく目から鱗でした。

長居をすると余計なことを言ってしまいそうなので、早めに(僕の中ではまだまだ大丈夫だったのですが)切り上げました。


ということです。
前回のアップとこの文章は見比べてみるのも我が事ながら、面白いかと思っています。この日の夜はそれほど印象深い出来事だったのです。

このブログや虎ノ門ニュースをご覧になった方に限らず、関心のある方にはぜひチェンマイの「憩」に訪ねてみることを不肖、私からもお勧めいたします。

チェンマイ旧市街地図 ホテル 憩い

お店で働いている人たちはミャンマー人が多く、井本さんが仕事を創っているようです。いい働きをしてくれていると嬉しそうに話していました。


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク