FC2ブログ

スルガ銀行でお金を借りてカボチャの馬車をTATERU

スルガ銀行でお金を借りてカボチャの馬車をTATERU


おバカな大家が語る、もっとおバカな不動産投資と銀行のお話

ひと頃の騒ぎからしばらく経ちましたが、今回のブログは最近取り上げられた不動産関係のニュースについて記してみたいと思います。

僕は、専門家でも何でもないおバカな素人大家です。海千山千の強者揃いと言われる不動産業界。素人が手を出すには危険があるのは事実なのでしょう。玉石混交であまたある不動産の中から、利益を生み出すことができる投資に適した物件を探すのは、大げさに言えば山師同然の嗅覚が必要なのかもしれません。

そんなヤクザ?な業界の中で生きていくにはどうしたらいいのでしょう。おバカ大家の浅知恵ですが、それは既にこのブログに結構きわどいところまで記してあります。興味のある方は過去記事をご覧になっていただければ、わたくしがどんなスタンスで行っているのかが、いくらかお分かりになるのではと思います。

おバカ大家でも、専業大家になりアーリーリタイアが可能だったわけです。潤沢な利益があるわけではないのですが、失敗しているのかと問われればそうでもないのかなと思っているわけです。
それでは本題に入ります。


スルガ銀行でお金を借りてカボチャの馬車をTATERU

では、このところのニュースで問題になったこととは何だったのでしょう。表題にもある通り、いくつかの企業が取り上げられました。それらの企業が起こした問題を取り上げてみます。

カボチャの馬車
施工、運営会社スマートデイズが起こした、駅近極狭女性専用シェアハウスのことです。「カボチャの馬車」の投資は、長期家賃保証のサブリース(運営会社がオーナーより借り上げて、入居者に転貸すること)で、オーナーはローンを組んで物件を購入していました。団体信用生命保険(団信)に加入して、返済途中で万が一のことがあっても残債を弁済されることもあり、安心して投資できると判断した投資家に、入居率の低下により賃料の不払いが起こり、運営会社は経営破たんをしてしまいました。

TATERU
この会社も上記のスマートデイズと同様、物件の施工と運営を行う会社で、東証一部に上場しています。アパートを中心に取り扱っているようですが、購入資金の借り上げを希望する顧客の預金残高を改ざんし、融資を通しやすくしていました。信用を無くした同社株価は暴落しました。

スルガ銀行
上記に2社に関係していた地方の金融機関。最近創業一族が経営責任を問われ、所有株を売却するというニュースもありました。簡単にいえば、不正と言われてもおかしくない甘い審査で融資をしていたということなのですが、専務執行役員のパワハラで審査が骨抜きになっていたとのことです。エリート行員たちが軽々とルールを破るという寒々とした実態が明らかになりました。更に銀行側の弁護士が立て続けに辞任しています。


そこで銀行に一言
銀行にはあまり関係のない(笑)僕の思うところは、このところの銀行は預貸率が低すぎていると思います。預かるだけで貸さないのです。

銀行本来の使命は何なのだろうと考えてしまいます。借主の可能性や将来性を見抜く、真にプロの目利き力をつけ、頑張っている企業に十分なサポートをしていくことこそ本来のあるべき銀行マンの姿だと思います。

世の中のトレンドをいち早く掴み、企業を育てる。そんなシンクタンク的な役割もできるような真のプロ銀行マンが地場でも多くなれば、まさにウインウインです。

安易に担保ばかりを要求して、楽に返済してもらえる案件にしか貸さないのでは、日本経済のプラスになっているとは思えません。貸金業にリスクはつきもの。そこから逃げてはいけないと思います。

それで、金利が低いため利益が減ったと嘆くのは他人任せ過ぎだと思います。メガバンクでも人員整理が始まると言われています。

スルガ銀行の預貸率は知りませんが、融資を活発に行っていたということは、悪いことではないのです。貸さない銀行の方がもっと悪いと思います。


話は戻ります。
前半3つの話は、ぶっちゃけた言い方をしますが、ヤ◎ザな不動産業界のやり方を銀行に持ち込んだら、アウトだった(笑)ということなんでしょうね。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

半沢直樹シリーズはほとんど読んでますが、日本のバンカーも大変ですねー 銀行が斜陽産業になるとは私の世代だとビックリです、特にスルガなどの地方銀行キビシイでしょうね。これからはAIの時代だそうですが どうなるんでしょう?

Re: No title

ムラさん

コメントありがとうございます。

> 半沢直樹シリーズはほとんど読んでますが、日本のバンカーも大変ですねー 銀行が斜陽産業になるとは私の世代だとビックリです、特にスルガなどの地方銀行キビシイでしょうね。これからはAIの時代だそうですが どうなるんでしょう?

半沢直樹の著者は元銀行員でしたよね。僕もドラマはすべてYouTubeで見ました。

僕の素人考えでは、地銀こそ地方再生の活力の素だと思います。
AIが入り込む余地のない中小企業の個別対応をコツコツと地場を足で稼いだ情報と
人の可能性に賭ける、まさに物語、半沢直樹の世界を具現させる事ができるのは、
地銀の銀行マンたちだと思います。

事務仕事はAIに任せて、企業の個別対応は徹底的に人間力を活用すればいいと思います。
時にはけしかけ、時にはリスクマネジメントをする。そういった能力は一朝一夕には育たないでしょう。

そこに「巧の世界」、professionalな銀行員の姿があるのだと思います。
言い換えれば銀行員の生産性の向上です。何でそんないい話が表に出てこないのでしょうね。

スルガにしても、僕に言わせれば「出るくぎは打たれる」の部分もあるのかと思っています。
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、日本の住民票を除票してリタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上2ヶ月に1度は帰国しています。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク