カオピアックパークマーの店主は凄い

201603 ルーイ旅行


カオピアックパークマーの店主は凄い

ルーイの有名な場所を事前にネットで探してみると、いくつかカオピアックパークマーというお店が紹介されていました。カオピアックはクワイジャップユアンとも言うらしく、ユアンという言葉が示すとおり、ベトナムにゆかりのある麺料理で、ウドンタニに旅した時にもいただきました。

ウドンタニでいただいたカオピアックは、僕の麺喰い歴の中でも特筆すべき逸品で、またカオピアックを味わえるということでいやがおうにも期待が高まりました。 ウドンタニのうどん、カオピアックウドンのレポートはこちら

米粉でできているカオピアックと春雨(ウンセン)を選べるということでした。豚入りカオピアックの大盛り(30バーツ、約100円)にしました。

__s-P_20160321_161738.jpg
これはネットの情報です。撮った写真は行方不明になりました(笑)


出てきたカオピアックのスープはウドンタニで食べたものとほぼ同じで、千切りにしたハムのように具がたくさん乗っています。

キャプチャ9


麺はスパゲッティを少し太くしたぐらいの太さがあり、クイッティアオ(タイのそば)のセンレックに比べるとかなり太麺です。食感はモチモチ感はありますが、ウドンタニの太麺ほどではありません。

キャプチャ10


細めながらもちもち感のある麺が塩味スープに絡んで美味しいのですが、先にウドンタニで絶品を食べてしまったあとではそのありがたさも半減でした…。


パワフルな店主さん

このお店の何が凄かったかといえば、何といってもずっと何か喋っている店主さんでした。店名のパークマーというのは犬(マー)の口(パーク)という意味で、馬鹿な事を言うという意味らしいのです。

なんとも自虐的なネーミングですが、この店主さん。少し強面の中華系のおじさんで、店の中のどこからでも聞こえる大きな声で、店員さんへの指示や注文取り、そのほか店内のお客さんとの会話を休みなく続けていました。よくある中国人が怒りながら何か言っているようなトーンで話しているので、近寄りがたい雰囲気もありましたが、一人で来店している若い女性とも会話を続けたりしていました。それが怒鳴り声とタイの女性によくあるささやくような弱々しい声のやり取りのアンバランス度というか、すごい違和感に驚いてしまいました。更に喧嘩でもしているようなその会話の中で女性が、フフフッと笑ったりしていたので、目が点…でした。

僕に注文を取りに来た時も、なんだっ?日本人か?みたいな無駄口があり(笑)、そのまま厨房(オープンです)に行って調理の手伝いをしたりしていました。カオピアックを味わうというより、店主さんの凄さに驚くことしきりでした(笑)。

キャプチャ11


お店の周りは人も少なく、ここだけなぜか人が多いのがまた不思議でした。お店の前には露店がコバンザメ(失礼)のように出ていました。

キャプチャ12


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

ルーイ到着、すぐ有名なお店へ

201603 ルーイ旅行


ルーイ到着、すぐ有名なお店へ


どうしてもボラれてしまう空港からの交通機関
空港からゲストハウスまでの移動を調べておきましたが、地方の空港は必ず足元を見てボッてくる雲助がいるので閉口してしまいます。

市街地までは交渉して100~120バーツだというのは予習済みでした。空港前に並んでいるサムローに100バーツでと念を押しておきましたが、ゲストハウスが市街地から少し離れているので、運転手が150バーツといいます。

結局、150バーツで宿に着きましたが、市街地からさほど離れているわけではありませんでした。やはりボラれていました。やはり空港を出て大通りで流しのサムローを捕まえた方がよかったと思いました。

タイでの鉄則は、客待ちしているのは避けて、流しのものを捕まえるということなのでしょう。

ルーイでの宿はウィスティティップ通りソイ7のステイゲストハウスで、若いイギリス人とタイ人夫妻(未確認)がオーナーでした。早速ネットで調べたルーイの名店。カオピアックパークマーの場所を聞くと、ニヤリとしたあと丁寧に教えてくれました。

__s-P_20160322_130551.jpg


レンタルバイクは明日借りることにして、フリーの自転車を借りて、お目当てのお店に向かいます。地図に書き込みまでしてもらったのに炎天下で迷子に(笑)街には子供用プールが売り出し中でした。3月末なのに気温39℃。脳みそがブチッと音を立ててキレそうでした(笑)

__s-P_20160322_130346.jpg


なんとかお目当てのお店カオピアックパークマーに到着します。到着できるところがジジイの執念です(笑)

_キャプチャ6


さすが有名店、昼時なので席が空いていません。相席で座ろうとしたら、人がいるというので辺りを見回します。学生さんと若い女性の席の前が空いていました。

キャプチャ7


チャイディーなルーイの人
正面に座った女の子は、さりげなく店の奥にある氷入れから、コップに氷入り水を汲んで持ってきてくれました。
前にいたまったく知らない日本人ジジイに、初めての来店なのだろうと察しての心遣い。驚きました。優しいタイの人ならしてくれそうなことなのかもしれませんが、バンコクでもここまでしてくれた人はいません。お店の人ではありません。お客さんです。しかも若い女性…。記憶にありません(笑)。
チャイディーコンルーイ(ルーイの人優しい)

ネットで下調べをした時にも、ルーイの人は優しいということが紹介されていたのを思い出しました。

広めのお店の周りを見渡すと、なるほど…な混雑のようす。壁面の写真もビッシリ。

キャプチャ8


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

なぜ、ルーイ?

201603 ルーイ旅行


なぜ、ルーイ?

ドンムアン空港、新ターミナル国内線専用のターミナル2の56番乗り場のすぐそばを通過するXJ606便。今日この後1015発の飛行機に乗ってルーイに旅行した後、3日後に乗って成田に向かう飛行機になります。

s-P_20160322_092448.jpg

キャプチャ1
これもエアアジア機


いきなりですが、ルーイ空港に到着です。いつもと違う後部出口から降りたので、ついつい写真を撮ってしまいます(笑)

キャプチャ2

キャプチャ4


赤い傘をさしていますが、雨は降っていません。これは日傘です。バンコクからかなり北にやって来ましたが、飛行機を出るととんでもなく強い日差しが降り注ぎます。バンコクの日差しとは違っていました。

キャプチャ5


ルーイはもちろん初めて。東にあるウドンタニやすぐ西のピッサヌロークやウタラディットはすでに行ったことがあります。ウタラディットは、ピッサヌロークからバンコクに帰るために乗った列車が逆方向だったため、慌てて降りた駅なので、行ったというほどのものでもないかもしれません。

ルーイ地図


エアアジアのバーゲンで売り出されていた無料チケット(空港使用料とクレジットカード決済料の約1500円のみ)で、旅してみようという企画の一つで、なんとなく(笑)ルーイという街が選ばれたわけであります。

タイルーイ地図
 

ルーイで特に有名な観光といえば、独特の仮面を身にまとうピーターコーン祭りがありますが、中心地から西に離れた町で行われ、7月に実施されるということで時期が違います。そうなるとルーイは何もない街…、ということになってしまいます。

知人より、北の国境に接するチェンカーンという街へ行くことを勧められたので、メコン川沿いの特徴のある街並みも見てこようと思いました。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ
プロフィール

Bangkokohyasan

Author:Bangkokohyasan
サラリーマンを早期退職し、リタイアメントビザでバンコクに住んでいます。仕事の関係上ほぼ毎月帰国しています。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ
提供: ja.exchange-rates.org
提供: ja.exchange-rates.org
両替ベストレート
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク