バンコク在住ワンルームマンション大家の日記

不動産投資、旅行、バンコクでの生活についてのブログです。

TM30にいじめられっぱなし(笑)

7回目のリタイアメントビザ延長は3往復(笑)


TM30にいじめられっぱなし(笑)

2回目のB窓口の待ち時間も長くありませんでした。たまたま当たった担当の女性は一回目にダメだと言われた担当官でした。

自信をもって、笑顔で先ほどアパートで借りて来た書類を出すと、なんと、またダメだというのです。所有者のサインがないということでした。僕のアパートにはまともな契約書がないのか?

因みにそのとき別に持っていたTM30の書類には、僕が賃借人であるということが記されており、所有者のIDと住民票(タビアンバーン)のコピーが添付されています。もちろんその中には所有者のサインもあるのです。 ???なのです。


英語を話しているようなのですが、その担当官、とってもわかりにくいタイなまりの英語で、こっちが固まってしまいました。多分英語を話していたのだと思います。そんなときに「イングリッシュプリーズ」などと言ってしまうと、怒り出すのは当たり前(笑)とてもじゃないけど言えません。

それで、グーグル翻訳で日本語をタイ語にしました。すると担当官も日本語に翻訳してくれました。「これは大家の義務です」と(笑) 僕は確かに大家だけど、確か東京のワンルームマンション大家なんだけどな~~(笑)

「何が必要なのですか」とタイ語にすると、所有者(オーナー)のサインと賃借人(僕)がある契約書じゃないとだめだということのようでした。

途中何度か翻訳しあいましたが、そんなに食い下がったわけではありません。それなのにその係官、持っているスマホをめんどくさそうに机の上に落としたり、挙句の果てに、「カッバーン」(帰りなさい)との賜るのでした。

すごく感じ悪かったです。隣の担当女性(多分インターンの学生さん)が気遣って微笑みの国タイランドをしてくれました。 とほほ…。

そして、相当ガックリしながら遠路、アソークの自宅に帰りました。それでも13時過ぎに帰ることができました。


ふたたび、住まいのアパート1階事務所の女性に、お借りした契約書(のようなもの)でもダメだと言われたと報告。そうすると、その女性も哀れに思ってくれたのか(笑)今度はタイ語で書かれた契約書(のようなもの)を新しく用意してくれました。

必要事項は僕が書きましたが、サイン欄に事務員であるということのサインと但し書きを加え、そしてその事務員のIDのコピーを用意してくれました。でも、所有者のサインはまだありません。

このアパートは、外国人が何人も住んでいます。その人達もビザの延長やTM30の手続きを既にしているはずです。事務所の女性もおかしいと思ったようです。イミグレーションで何か言われたら、その場で私に電話ちょうだい!という話になりました。


翌日、またまた朝一で遠路チェーンワタナーへ。

途中、道が全然混んでいないのに不自然さを感じました。朝なのに…。ラマ9通りを左折したところで、ひょっとしてと思いタイのカレンダーを見てみると、23日は「ワチラロンコン大王の祝日」だったのでした。

そういえば何年か前も、バスを乗り換えやっとの思いでチェーンワタナーに着いたら、中にいたのは掃除のおばちゃんだけで、何?(大爆笑)なんてこともありましたっけ。学習しない奴です。過去記事アリマス(笑)

途中で気づいただけ許してやってください(笑)


そして、3回目のチェーンワタナーへ。さらに翌日の10月24日。この日は祝日空けなので、入口周辺は更に大大行列でした。どなたかのブログネタにもなっていました。

20191024_090315.jpg


入場出来たのは、この時間。キューカードを貰ってコピー屋さんへ。銀行にも行って預金証明も貰っておきました。

20191024_092843.jpg


結局、そのオーナーの署名がないままの契約書(のようなもの)が受理されてしまいました。(笑)違う担当官でした。タイの人って顔の記憶力がすごくいいので、何度も来た僕に哀れに思って許してくれたのね、多分(笑)


この半券っ! このTM30の半券がないと、ビザの延長はできません。

20191023_175640B.png


見てください契約書(のようなもの)。あるのは僕の名前と、アパートの事務員の名前だけでした。

20191024_105217B.jpg


ビザ延長の書類のコピーを準備して、お昼休み。

20191024_104200B.jpg


午後の業務が始まるちょうど13時頃にビザ延長のLコーナーに行くと、いくつかの区画は既に僕のもっているキューカード81ではなく、83や82になっていました。 はあ~~

そんな馬鹿な…。

中にいる担当官に81のキューカードを見せてもダメだというので、あわててキューカードを貰い直すと、173番。マジですか…。

区画の中に80番の表示で、お昼休みからまだ係官が戻って来ていない区画があったので、その係員に81番のキューカードを見せて、他は82や83だというと、待っていなさいということに…。

はぁ…よかった。 173番だと今日中は絶対無理。

区画に女性係官が再び戻ってきて、いつも通りのビザ延長の手続きが始まりました。TM30の半券のコピーも必要でした。

更に、用意しておいた80万バーツの預金証明がもう一つ必要なのでした。なぜなら、定期預金にしておいた80万バーツを普通預金の通帳に預け直しておいたのですが、その片方の預金証明も必要なのでした。合わせて200バーツの手数料です。今度はコピー屋さんに行ったり来たりでした。

でもよかったです。結局TM30の罰金800バーツは払わなくて済みました。払ったという人もいたのですけれどね…。 ???でした。

後日住まいの事務員女性にも、結果を報告しておきました。


やっと目的は達成しました。でも、いつぞやの那覇から帰れなかったときのように半泣きにはなりませんでしたが、(笑) それまでの心の動揺は半端なかったです。

これから先、帰国するたびにスマホのアプリでできるようになるとは言え、アホみたいにハードル高かったTM30。それに10/31から保険の加入が必要になる。それにタイ在住者なら皆さん困っている?このところのバーツ高。

20191024_153341.jpg


とりあえず、あと1年はタイに居ます。でも、その後を真剣に考える必要があると思いました。日本に帰るか、ビザの取りやすいフィリピンにでも移住するか、あてのない放浪の旅に出るか…。(笑)


余録
せっかくチェーンワタナーにいたので、入口すぐの右側にあるインフォメーションで2つ質問しておきました。

報道では、リタイアメントビザを延長した後も40万バーツ以上預金を残しておかなければならないということですが、おろすと罰金ですか、延長不可ですか?

係りの男性曰く、全部おろしてもいい!

加入が義務付けられる保険は日本のものでもいいか?

係りの男性曰く、どこ国のものでもいい!

でした。
(11/2追記 海外で取るノンイミグランドビザOAのみ保険加入が義務となり、タイで取ったビザOには加入義務がないという、謎の情報が入りました)

ますます話がよくわからなくなってしまう~ ???なのでした。(笑)


おしまい


注意
ここに記されている記事は、すべて体験をもとにしたものですが、記述内容と実際は違う場合があり得ます。内容を保証するものではありません。更に変更されるとも思われるので、あらかじめご了承を…。

みなさん。とにかく当たって砕けろ~~~ですわな。


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
スポンサーサイト



ビザについて | コメント:2 |

7回目のリタイアメントビザ延長は3往復(笑)

7回目のリタイアメントビザ延長は3往復(笑)


5往復は覚悟しましたよ(笑)

7回目のビザ延長手続きの時期がやって来ました。今回は僕にとっても特別な更新になりました。なぜ特別になったかということですが、初めて、こんなんじゃタイに居られないなと思い始めたからでした。

まあその顛末を記しながら、そう思い始めたいきさつをたどっていきます。

今のうちにビザ更新に行かないと…、と思ったのは10月21日、タイ関係のブログを見ていたときでした。「10/31から、リタイアメントビザ保有者のすべてに保険加入の義務」と言う記事を見たからでした。

しかもさらに調べてみるとその保険の掛け金は、僕にとって結構高額なのでした。

よ~し。今のうちに更新しよっと…。本当は30日~の帰国の後にチェーンワタナー行けばいいやと予定していたのです。


翌22日、チェーンワタナーの開門8時30分に間に合うように、住まいを出ました。アソークからチェーンワタナーにはもう何度もバイクで行っています。

アソークモントリ通りを北に走り、ラマ9世通りの交差点を左折し、ディンデーン経由でウィパワディランシット通りに出るのが、一番わかりやすい行き方だと思います。

ランシット通りを左折して、チェーンワタナー通りを走り、イミグレーションのあるソイ7を左折すれば到着です。

ランシット通りはチェーンワタナー方向への道路案内が何度もありますが、左折するのはパーククレットの案内板のある交差点です。

20191022_074047.jpg


政府合同庁舎に到着。自宅からバイクで45分ぐらいかかりました。飛ばせば30分で行けます。

8時30分が受付開始の時間なのですが、建物内のお店は銀行以外、ほとんど営業していました。それじゃ先にということで、書類をコピーするために地下に降りると、お坊さんの前にたくさんの人が。 信心深いタイの人たち…。

20191022_075105.jpg


その後はコピー屋さんに直行。TM30の書き方がよくわからなかったので、初めて代書をお願いしました。キアンダイマイ?(書く→キアン。センでもいいみたいです)

20191022_075722.jpg


代書料金は40バーツ。ついでに100バーツで顔写真も撮りました。ビザが延長できれば、空港でリエントリーパーミットを申請します(11/2追記 TM8の他に、パスポートの写真のページと、更新したVISAのページのコピーが必要です。また、申請料が3900になりました)。。

その書類にも写真が必要なのです。まだ、ほかに必要な書類のコピーもしておきました。

これがそのTM30の書類です。話題のTM30です。代書してあります。僕はタイ語は書けません。キアンメダイです(笑)

20191022_081756B.jpg


最近タイ政府が、90日レポートやTM30をスマホから申請できるようになるアプリをリリースするとアナウンスしました。

ではTM30の何が在タイの外国人たちに大不評なのかということなのですが、まず、タイの国外に出たタイ在住外国人はタイに入国後その都度、24時間以内にTM30を、バカ遠いところにあるチェーンワタナーのイミグレーションに提出しなければなりません。罰金は800バーツのようです。 ???なのです。

これらの手続きは、本当は大家さんがしなければなりません。大家さんの義務なのです。でも実際には借主(外国人)がその手続きをしています。 ???なのです。

それらの矛盾?不備?はタイ政府も分かっているようで、スマホのアプリを発表し、バカ遠いチェーンワタナーので行かなくていいようにするとなったのです。ついでにタイに入国するときにヒコーキの中で書いていた、タイ入国カード(TM6)もなくなるようです

その書類TM6は、提出後別の何かで使うことはほとんど無かったらしいです。 ???なのです。


チェーンワタナーのイミグレーションはいつもながら、朝一でも大行列。開門が過ぎても入場をコントロールするようになっていました。

20191022_081811.jpg


20191022_083028.jpg

長い行列を待ち、ようやく受付カード(キューカード)を貰ったのですが、TM30の手続きBコーナーのキューカードとビザ更新をするためのTM7、Lコーナーのキューカードも併せてもらいました。くれました。

TM30の待ち時間は予想外に早く回ってきました。よしっ!これってリタイアメントビザの更新も早くできるかも…。と期待しました。ラッキーと思いました。 ところが…(多少憎しみのこもった大笑)


TM30の書類は良かったみたいだけど、アパートの賃貸借契約書を出せと言われました。今までリタイアメントビザの申請や、運転免許を取るために在留証明書を貰うときにそれで済んでいた、初回の家賃と敷金(デポジット)の領収書を見せたところ。(念のため持ってきていた)これは正規の賃貸借契約書じゃないのでダメだと却下されました。 ???でした。

確かにその領収書にはアパート所有者の名前はありませんでした。日本の契約書なら当然あるのですが、いきなりそれ言われてもなぁ~。 今まではよかったのに…。 でした。


また午前中の9時過ぎなので、バイクでアソークに帰ることにしました。はあ…。

遠路はるばるアパートに戻り、1階の事務所で正式な契約書を作ってもらおうと思ったら、まだ事務員の女性が来ていませんでした(笑)以前は10時ごろには来ていたのですが、11時じゃないと来なくなっていました。

ようやく来た女性に、チェーンワタナーで持っていったものが契約書ではないと言われたと、今までそれで何とかなっていた領収書を見せながら、契約書が必要だとお願いすると、その女性は奥の戸棚から入居したときに契約を交わした時の書類を持ってきて、これを持って行けということになりました。

よしよし…、遠路はるばる戻ってきた甲斐があったというもの。元気が出て来たので、再びバイクであの遠いチェーンワタナーに行くことにしました。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
ビザについて | コメント:2 |

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑) その2

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑) その2


連休明けのビザ更新。朝一でやって来たのですが、人多すぎでこれはやばい。どうなるんだろ…。

建物の中では、のんびりとした市が立っていました。

DSCN0338.jpg


予想通り待たされました。キューナンバー47の僕に順番が回ってきたのは結局11時22分。8時57分にキューカードを貰って2時間30分待ちでした。

DSCN0339.jpg


手続きそのものは10分で終わっています。ブースに入り、別の書類に住所や名前をアルファベットで書いたのですが、名前をパスポートのサインと同じ日本語で書く場所もあります。更新料はまだ1900バーツでした。(2018年10月現在)

名前を書くときは、その都度「ティニー、パーサーアライ?」(ここは何語ですか?)と確認して記名しました。この時、今までなかった新しいこととして、自宅の地図を書かされました。

そのブースで申請が済み、別のブースに書類一式を持っていくように言われ、そのブースにあった籠の中に書類を入れて再びブースの外で待ちました。終わったのは11時32分でした。

DSCN0340.jpg


もうすぐ昼休みです。これってパスポートを返してもらうのは昼休みの後になるのかな?
そして、昼休みの鐘が鳴り、イミグレーションにいる人はいったん外に出るようにという放送がありました。

何だよ~。また待つのかよ~。

一応、書類を提出した場所に行って、係官に確認すると、そこで待ってと指示されました。昼前にもらえるみたいです。そしてしばらく待つと、係官がパスポートを持って僕を呼びました。どうやら午前の部最後だったみたいです。

はぁ…。

DSCN0341.jpg


結果、12時15分にすべて終了。政府合同庁舎を後にしました。リエントリーパーミットはドンムアン空港で貰うつもりでいます。

DSCN0342.jpg


踏切を渡って来たときの道、ウィパワディーランシット通りから帰りました。

DSCN0343.jpg


しばらく走ると、突然スコールが降りだしました。乾季直前のこの時期はいつ雨が降るか分かりません。雨具は持っていましたが、雨宿りと一休みをしました。

DSCN0344.jpg


この時にやっと写真の時間が日本時間になっていることが判明。こっちに来る飛行機の中で直したんだけどな~。

DSCN0345.jpg


帰りはちょっと道を間違えましたが、ほぼ来た道を帰ってくることができました。まっすぐ走っているつもりでも違う道に連れ込まれてしまうのが、ランシット通りの厄介なところなのです。

お腹もすいてきて、さてどこでご飯をと迷いましたが、久しぶりにマッカサンにあるカオゲーンビュッフェチューウライ(過去記事あり)でいただきました。前回はお店の水を飲んでお腹を壊したので、ペットボトルナンプラオも貰いました。

DSCN0346.jpg


このお店はデザートがあります。スープも何種類かあり、いつもお世話になっている、同じぶっかけ飯屋さんの名店ジェージョーン(過去記事あり)とは違う味わい、楽しさがあります。

DSCN0347.jpg


建付けの超悪いバラック同様の食堂で、おいしい40バーツのタイ料理を味わいながら、ビザの更新が終わったことを実感したのでした。


おしまい  はぁ…(笑顔)


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
ビザについて | コメント:0 |

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑)

2018年10月 リタイアメントビザ更新の思い出(笑)


いや、単なる6回目の更新の記録です。
更新のために必要なことを、実体験をもとに記していきたいと思います。

まず、最初に記したいことですが、ビザの有効期限が切れる日の何日前から更新ができるかということが気がかりでした。タイのリタイアメントビザの更新は45日前からできます。(2018年10月現在)

このブログでもそれを記したことが何度かありましたが、実は30日と45日前の2種類の期日が記載されていました。すでに違っていた方は追記、修正しましたが、自分の中で少し自信がなくなっていました。


自宅からチェーンワタナーにあるガバメントコンプレックス(政府合同庁舎)へは、今年もバイクで行きました。人々の喧騒と、バンコクの息遣い、朝の風を感じながらのライディングは気持ちよかったです。

DSCN0327.jpg


途中、地下鉄ペッブリー駅上の交差点で、あまおうの営業をしていました。あのイチゴのあまおうです。よく見てもどこにもイチゴを売っている様子がないので、?だったのですが、実はこの人たち、味覚糖のキャンディーを紹介していたのでした。

DSCN0328.jpg


今回はアソーク通りを北に進み、左折してラマ9世通りを走り、ディンデーン経由で行きました。

約45分で目的地、政府合同庁舎に到着、前回は1時間以上かかっていたので随分早く着きました。

DSCN0329.jpg


年に一度のビザ更新。でもここは不便な場所ですよね~。なんでこんな離れたところに…。

DSCN0330.jpg


この日は火曜日。実は土曜日が先の国王の命日で休日、月曜が振替休日になっていて、いわゆる連休明けの日なのでした。そうなるとどうなるのかということですが、下の写真のように8時30分の開館前の行列がとんでもなく長くなっていたのでした。

そうでもなさそうな写真ですが、よく見ると左側にも行列があるのが分かるかと思います。前回(平日)の2倍の長さはあったと思います。

DSCN0331.jpg


受付開始の時間になりました。写真に写り込んでいる時間は日本時間です。

DSCN0332.jpg


10分後にやっと入場出来ました。途中で堂々と列に割り込んでいたアラブ?インド系?の男性。凄みながら割り込んでいましたよ(笑)

いただいたキューナンバーは47番。前回は17ぐらいでした。

DSCN0335.jpg


余裕をもって銀行へ行き、通帳に最新の印字をして、100バーツを払って預金証明書をいただきました。

DSCN0336.jpg


いつもは左側ですが、今回はこっちのコピー屋さんでコピーをしてもらいました。全部で7枚。
パスポート5枚 通帳2枚の7枚です。(コピーが必要なページの詳細を記した過去記事あり)申請書類はすでに自宅で記入済みです。

DSCN0337.jpg


さて、8時30分の開門に合わせてやってきて、ビザの更新が済んだのはいつになったのでしょうか?

お楽しみに…。  はぁ…。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
ビザについて | コメント:0 |

バンコクの空港で取得するリエントリーパーミット完全制覇

2017年11月 4回目の沖縄旅行


バンコクの空港で取得するリエントリーパーミット完全制覇

深夜1時45分発の那覇行きピーチアビエーション、MM990便。往復総額約14000円という激安な渡航費な飛行機に搭乗する前に、大切なことがありました。

10月に更新した、ロングステイビザの再入国許可(リエントリーパーミット)を貰わないといけません。以前はビザの更新と同時に行っていましたが、チェーンワタナーのイミグレーションは遠い上に、時間がかかりすぎるのでした。

それで、飛行機に乗る直前に空港のイミグレーションでリエントリーパーミットを取るようにしています。昨年はドンムアン空港でいただきました。チェーンワタナーでもらっていた時に比べて、ウソのような短時間でいただけたので、それ以来リエントリーパーミットは空港で、ということになっています。


今回は、スワンナプーム空港での取得です。まずは保安検査を通過します。日本語表示がうれしいタイの空港。ドンムアン空港にあったっけ?(笑)

P1090494.jpg


イミグレーションの行列に並んで出国のスタンプを押してもらった後に、再入国許可のスタンプを貰いました。出国の行列に並ぶ前に、アプリケーション(申請書類)の確認をします。

P1090496B.jpg


TM8がリエントリーパーミット申請書です。チェーンワタナーでビザを延長した時に何枚か書類はいただいてあり、それを自宅で先に記入しておきました。その方が手間がかかりません。

記入のしかたなどについては、拙ブログのカテゴリから「ビザについて」や、検索フォームから「リエントリーパーミット」で検索すれば、いくらかご参考になるかと思います。

P1090497.jpg



写真に写り込んでいる時間を見る通り、0002で行列に並び、0027にリエントリーパーミットの申請が終わっています。

がっ、

この時はパスポートコントロールの行列が深夜のためかほとんどなく、リエントリーパーミットの申請も待ち時間なしでやってもらったので、25分間ですべてが終わっています。

でも、こんなに早くことが済むとは、決して思わないでくださいね。たまたまです。たまたま(笑)

これでドンムアン空港とスワンナプーム空港の両方でリエントリーパーミットの申請をしたことになりました。あまり意味のない完全制覇です。すべて誰の手も借りないで自力でやっています。凄いですね~。 (笑)
この手のことは何でも聞いてください。 ウソ…(笑)

P1090499.jpg


出国すると、若者たちが集まっていました。韓国の人たちでした。 こりゃ…KOREA(笑) タイと国際交流でしょうか? いいことだと思います~。。

若者の皆様、決して東京であったような、集団スリなどしないでくださいね。外国で犯罪を犯してはいけません。
10人ぐらいの集団で、妊婦さんから財布を抜き取った現行犯を、張り込んでいた警察が捕まえようとしたら、もみ合って催涙スプレーをかけられ、なんと警察の方がホームから落ちて電車に挟まれた事件があったそうです。

しかも犯人たちはばらばらになって逃げ、だれも捕まらなかったという残念無念。

もちろんこれは国は関係ありません。僕自身にも当てはまります。日本人もタイ(外国)で悪いことしないでほしいです。この国が少しばかり緩いと知って、若者が麻薬に手を出して捕まったなどという話を、身近なところでも聞きました。

人の弱みやスキに付け込むようなことは、どこにいても、やっぱりしてはいけませんよね…。


つづく


リンク先とブログランキングもご参考にどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村




不動産投資 ブログランキングへ

海外ロングステイ ブログランキングへ

アンケートモニター登録
ビザについて | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>