バンコク在住ワンルームマンション大家の日記

不動産投資、旅行、バンコクでの生活についてのブログです。

チェンライの旅と警察

チェンライの旅と警察

お詫び
23日に不手際で一度公開されてしまった記事です。
読んでいただいた方。いいねボタンをおしていただいた方には、お詫び申し上げます。

写真をアップするなど、内容をバージョンアップしました。

ワットロンクン再びと警察
最終日になったので、午前中にもう一度ワットロンクンへ行ってみることにしました。
ここは、午前中の方が光線の具合が良く、眺めもいいのではないかと思いました。

朝9時すぎにもかかわらず、そこそこの人出でした。タイ人観光客が多かったのですが、ファラン(白人)の観光客もいました。一時期この場所で、入場を制限されたらしい?大国の方々はほとんど見ませんでした。

正面の通路には、ホイッスルを持ったセキュリティーがいて、本堂に入ろうとしていたファランに、けたたましく吹き鳴らしていました。朝から…。

全景
ワットロンクン全景

1
仁王像?

2
地獄図?

肝心の眺めはまだ朝の日差しで曇りがちなので今ひとつでした。もう少しあとに来た方がよかったようです。

せっかくなので、前回あまり見ておかなかったところも写真に撮るだけでなく、しっかりと眺め納めをして帰りました。

3
線状に鏡が施されています

4
菩薩像?

5
地震で塔の先端が傾いたため修復中

この展示物はタイらしい
この展示物はタイらしい

ワットロンクンをあとにし、アジアンハイウェーをバイクで疾走してチェンライの街に戻ります。

交差点
主要路の交差点。数字は国道1号線を表しています

市街地に帰ると警察の検問で止められました。(タイでは初検問)

僕はしっかりタイの免許も持っているのでここぞとばかりに提示。持ってますよ~555
警察の人もなぜか愛想がよかったです。
タイのレンタルバイクは免許証の提示をしなくても借りれるので、無免許で乗っているトラベラーはかなりいると思います。


合理的?な警察
バンコクに滞在して、少しずつこの国の警察について分かってきたので、記しておきます。
是非はともかく、うまい…システムになっているのがこの国の警察。

日本で一般的に交通違反をすれば、切符を切られて罰金。免許停止などのペナルティーがあります。
ところがこの国ではほとんどがお金を支払うだけで解決できます。

つまり、警察官にお金(場合によっては賄賂、カーナムチャー)を払えば、日本のように点数の減点や免許停止、果ては服役などの心配をしなくて済むのです。
これは、罰金を受け取る警察にしても、領収書のない世界ゆえのうまい話で、捕まったドライバーにとってもお金だけで解決できるからいい話なのです。

俺を誰だと思っているんだ! この言葉で検挙を免れている者がいるというのだからお笑いです。
実際、有名企業の御曹司が交通死亡事故の過失のおとがめがなかったり、うやむやになっています。
この国は殺人事件ですらそうなるようなのです。
この国で死して屍拾うものなし…。というのは本当の話なのです。

僕のアパートを管轄する警察は、ト○ロー警察です。警察は日本と同じように管轄(シマ?555)があります。
警察署の所長になると、それだけで一財産築けるということらしいです。

僕はそういった話には当然ながら賛同できません。集まったお金は私的財産にするのではなく、公共の福祉の財源にするべきだと思います。

また、それでいいのかとも思います。それでは抑止効果がどれぐらいあるのかということになりますが、
タイは交通死亡事故が世界第二位、公道を走行する車の一割以上が無免許運転だと言われています。

抑止効果がないのではないかということになりますが、おそらく日本のようなシステムを導入できたとしても、この国の人たちの意識を変えるのは難しく、死亡事故はあまり減らないのではないかとも思います。


話を旅行記に戻します。

チェンライには空港が二つあります。市街地のほぼ中心にも古い空港があり、まだ閉鎖はしていないようです。
滑走路を横断する道から滑走路を撮ってみました。

滑走路で一休み

約束の時間直前にレンタルバイクを返し、バンコクに帰ることに。
新空港へは再びタクシーで移動し、二泊三日の旅の終わりになりました。

バンコクへ

チェンライの旅  完

リンク先もご参考にどうぞ
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ マンション経営へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




チェンライ旅行 | コメント:0 |
<<修正申告帰国 | ホーム | チェンライの旅>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |